Next Market
該当数
8

高度道路交通システムを導入して交通渋滞や交通事故を防ぎたい

キルギス共和国

キルギス共和国の首都ビシュケク市は、約 93 万人の人口を擁して おり、自動車の登録台数は 15 万台を超えている(2013 年)。現 在、ビシュケク市では交通渋滞、交通事故の頻発、車の排気ガス による大気汚染などが市街中心部を中心に深刻化している。市内 幹線道路は比較的よく整備されているが、近年の交通量の伸びは その整備料をしのぐものである。近い将来、現在の道路ネットワ ークは、増加する交通量に対処できないことが予想され、交通渋滞や交通安全がさらに悪化することが見込まれる。 かかる課題に対応するためには、交通管理を実施していくことも 必要となっていることから、交通情報を収集・分析し、道路ユー ザーに情報を提供する ITS 等のインフラ整備が求められている。 ■活用が想定される製品・技術・ノウハウ ・高度道路交通システム(Intelligent Transport System: ITS)  例:自動料金システム
関係機関

ビシュケク市役所

想定エリア

ビシュケク市

マーケティング
経営者
英語 翻訳・通訳
広告代理店
元メーカー兼商社(海外事業部勤務)、現在日系コンサル会社勤務
越境ECコンサルタント
経営者

公共バスにキャッシュレスペイメントシステムを導入して適切に運賃を回収したい

ラオス人民民主共和国

ラオスの首都ビエンチャンにおいて、公共バスの運営は 100%国営のビエンチャンバス公社が担っている。バス公社は、耐用年数・ 走行可能距離を大幅に超過したバスを修理・維持管理しながら運行しているが、車両老朽化に伴う走行可能バス台数の減少やサー ビスの質の低さから、バス利用者は減少傾向にある。 公共バスのサービスを向上させ、公共バス利用者数を増やすため には、老朽化したバス車両の更新によるバス運行本数の増加や、 バス公社の運営改善による公共バスへの信頼性回復が必要となっ ている。 現在、JICA で実施中の「ビエンチャンバス公社能力改善プロジェ クトフェーズ2」では、バス運行サービス改善の一環として、車 掌による運賃の回収を試行しているが、以下の課題が顕在化して いる。 1)車掌の人材育成に時間を要し、かつ離職率が高い 2)車掌の人件費増加分が回収できていない 3)適切な料金回収ができていないそのため、車掌による運賃回収ではなく、キャッシュレスペイメ ントシステムの導入等による、適切な運賃回収方法の導入可能性 を検討している ■活用が想定される製品・技術・ノウハウ QR コードや IC カード、アプリ等を活用したキャッシュレスペイメントのシステムの活用が想定される。
関係機関

公共事業運輸省

想定エリア

ビエンチャン

海外輸出、進出支援エキスパート
アセアン自動車コンサルタント
越境ECコンサルタント
ファンドマネージャー
マーケティング
多言語PRツール制作
元メーカー兼商社(海外事業部勤務)、現在日系コンサル会社勤務
マーケティング
バイヤー
広告代理店

ICT を活用した車両登録システムを推進したい

ラオス人民民主共和国

1980 年以降、ASEAN の開発途上国では急激な人口増加と経済成長により自動車の普及が進んでいる。ラオスの首都ビエンチャンにおいても、近年、急激に進む都市化や経済活動が活発化する中で、乗用車、モーターサイクル等のモータリゼーションが著し く、ビエンチャン市の登録車両台数は、319,511 台(2008 年)か ら 2015 年において既に 692,016 台と 2 倍以上に急増している。 モータリゼーションに伴い、自動車交通をめぐる社会問題(交通 渋滞、交通事故、環境汚染等)が顕在化しているが、現在まで効果的な対策が実施されていない。 持続可能なまちづくりを目指すため、ラオス政府において、ICT を活用した車両登録システムの必要性が議論されているが、下記 のような課題が存在している。 1)データ品質の問題 ・不正確で網羅されていない統計データ ・政策立案の専門スキル不足 2)維持管理の問題 ・システム維持管理、運用する人材の不足 ・脆弱な財務基盤 3)初期導入の問題 ・脆弱な ICT インフラ ・網羅的な車両データ管理基盤の不在 ・不十分な関係機関とのデータ連携 ラオス政府は車両登録システムを整備したが、既存システムでは収集データが活用されておらず、以下のような課題がある。 1)30%の車両しか車検を受けておらず、多くの車両が保安基準 や環境基準を満たしていない。改造されたトラックが多く、重量 オーバーした車両は道路に負担をかけている 2)ほとんどの自動車が保険に加入しておらず、事故の時に保障を受けられない 3)審査やチェックを人が行うため、不適切な行政手続きが発生し ている 4)所有者の変更等によりリコール情報が届かない、もしくは通知 に気づかないこと等により、未対策のままとなる 5)車両登録料が徴収できていないため、未登録の車両が存在して いる 6)国境での車両管理が行われていない。さらに過重積載車両も管理されていないため、道路等のインフラがダメージを受けている。 なお、ビエンチャンのデータセンターは、経済産業省所管の「国立研究 開発方針新エネルギー・産業技術総合開発機構(NEDO)」によ る「地球温暖化対策技術普及等推進事業」で整備されている。 ■活用が想定される製品・技術・ノウハウ 既存の車両登録システムを活用し、車両登録情報や車検情報を処理・分析を行うことが可能なシステムの導入が想定される。また、 将来的には、警察取り締まりや徴税と連携する省庁間の連携がとれるシステムを導入することが想定される。
関係機関

公共事業運輸省、郵便・電気通信省

想定エリア

ビエンチャン

コンサルタント
バイヤー
経営者
マーケティング
元メーカー兼商社(海外事業部勤務)、現在日系コンサル会社勤務
コンサルタント
越境ECコンサルタント
コンサルタント
広告代理店
アセアン自動車コンサルタント

シェアバイクのシステムを構築したい

ブータン王国

ブータンの車両登録台数は 2017 年 12 月末現在 92,000 台にのぼり、年 8.8%のペースで急増中である。うち 52%がティンプー登録だが、ティンプーの車両登録台数は全国平均を上回る 9.4%となっている。持続的な経済成長に伴うこうした車両数の急増は、ティンプーの都市環境に深刻な問題を及ぼしつつあり、大気質の悪化だけでなく、交通渋滞、中心部の混雑等が既に顕在化している。今後はさらに、交通事故の頻発も懸念される。こうした車両の急増は、車両だけでなくガソリン輸入の増加に伴う貿易収支の悪化に加え、同国がこれまで誇りとしてきた炭素中立のシナリオ自体も危うくするものと言える。主要製造業が未発展の同国において、内燃機関車の排出ガスが、最大の温室効果ガス排出源と言われている。 こうした中、同国では、政府公用車の台数制限を各省に課している他、トブゲイ現首相の主導で電気自動車(EV)の普及を試み、JICA としても急速充電器 4 台の設置でこれまで協力してきた。外貨収入源が水力で、かつ坂道が多い同国では、即時に最大トルクが発生する EV の導入には一定の妥当性は認められる。しかし、1台 450 万円(日産旧型リーフ)と高額の EV の普及は進んでおらず、その間も内燃機関車の民間所有が進んでいる状況である。 ■活用が想定される製品・技術・ノウハウ 1)バイクシェアのシステム構築ノウハウ(電動アシスト自転車とスマートフォンアプリを組み合わせ、簡単にレンタルできるシェアサイクルの仕組みを構築するノウハウ。日本では、㈱ドコモ・バイクシェア、コギコギ㈱等が東京都内で展開) 2)電動アシスト自転車(PANASONIC、MARUISHI 等)
関係機関

ティンプー市役所、国民総幸福量委員会(GNHC)、道路安全交通庁(RSTA)

想定エリア

ティンプー市人口:104000

英語 翻訳・通訳
経営者
越境ECコンサルタント
マーケティング
広告代理店
元メーカー兼商社(海外事業部勤務)、現在日系コンサル会社勤務

ディーゼル粒子フィルターで大気汚染を防止したい

タイ王国

タイでは大気汚染防止対策(特に PM2.5 対策)の一環として、ディーゼル車用に設置するディーゼル粒子フィルター(DPF)の導入を検討している。 ディーゼル車両の排気ガスから粒子状物質(PM)を減らすことができる技術が求められている。 ■活用が想定される製品・技術・ノウハウ ディーゼル粒子フィルター(DPF)
関係機関

想定エリア

タイ全土

元メーカー兼商社(海外事業部勤務)、現在日系コンサル会社勤務
コンサルタント
IT企業経営
バイヤー
中小企業診断士
広告代理店
多言語PRツール制作
海外輸出、進出支援エキスパート
アセアン自動車コンサルタント
越境ECコンサルタント

慢性的な交通渋滞するための技術・製品

メキシコ合衆国

メキシコ市は慢性的な交通渋滞に悩まされており、2016 年の TomTom 調査では、信号を通過する平均時間が非渋滞時の通過時間よりも 66%増 と示している(午前ピーク時 96%増、午後ピーク時 101%増)。また、 2017 年の INRIX 調査によるとメキシコ市の自動車通勤の週平均時間は、 58 時間と示され、世界 1,360 都市中ワースト 16 位となっている。 メキシコ市は対策として、地下鉄やメトロバス等の公共交通機関、シェ ア自転車等の代替交通手段の拡充を図っているが大きな成果は現れてい ない。 メキシコ国内の他主要都市でも交通渋滞が深刻化しており、INRIX 調査 によると自動車通勤の週平均時間は、グアダラハラ市 32 時間、モンテレ イ市 30 時間、トューラ市 28 時間、グアナファト市 27 時間、プエブラ市 25 時間、ケレタロ市 23 時間とされ、以上より、当国主要都市における交 通渋滞緩和に資する技術・製品の導入が求められている。 ■活用が想定される製 品・技術・ノウハウ ・高度交通信号制御システム ・交通渋滞を緩和する技術・製品
関係機関

メキシコ運輸研究所、メキシコ市交通省、Secretaría、Instituto

想定エリア

メキシコ市、ハリスコ州グアダラハラ市、ヌエボ・レオン州モンテレイ市、イダルゴ州トューラ市、グアナファト州グアナファト市、プエブラ州プエ、ケレタロ州ケレタロ市

元メーカー兼商社(海外事業部勤務)、現在日系コンサル会社勤務
越境ECコンサルタント
英語 翻訳・通訳
経営者
マーケティング
広告代理店

電気自動車を導入して都市部の大気汚染を改善したい

フィリピン共和国

都市部における大気汚染や水質汚染など、環境汚染問題は経済発展とともに大きくなっているが、経済発展を優先する中で立ち遅 れている部分である。よって、環境負担の小さな乗り物、環境負担の小さい資材を用いた建築物等、環境負荷が小さな製品や技術に対する需要は大きい。 ■活用が想定される製品・技術・ノウハウ ・電気自動車
想定される技術・製品
関係機関

環境省、公共事業道路省、DPWH、DENR

想定エリア

マニラ、セブ、都市部

コンサルタント
コンサルタント
バイヤー
海外輸出、進出支援エキスパート
アセアン自動車コンサルタント
マーケティング
ファンドマネージャー
コンサルタント
英語 翻訳・通訳
多言語PRツール制作

交通違反を検知して事故による死亡者を減らしたい

タイ王国

モータリゼーションが進展するタイでは並行して道路網の整備が 進められているが、自動車による交通渋滞とともに、交通事故が 深刻な社会問題となっている。WHO の統計(2015 年公表)によ れば、交通事故による死亡者数は人口 10 万人あたり 36.2 人と人 口対比では世界で 2 番目に交通事故死亡者数が多い国となってお り、運輸省を中心に交通安全に係る取り組みが進められている。 ■活用が想定される製品・技術・ノウハウ ・交通違反を効率的に検知する技術・製品及びシステム ・交通安全に資する先進的な技術やシステム
関係機関

地方自治体、MOT、Ministry、DRR、Department、DOH、Department、タイ国家警察、Royal、バンコク都

想定エリア

タイ全土

ファンドマネージャー
アセアン自動車コンサルタント
コンサルタント
元メーカー兼商社(海外事業部勤務)、現在日系コンサル会社勤務
多言語PRツール制作
越境ECコンサルタント
経営者
マーケティング
バイヤー
コンサルタント