Next Market
該当数
38

安全で互換性のあるQRコードシステムを導入したい

ラオス人民民主共和国

ラオスでは、現金決済の代わりとなる、QR コードを介した銀行決済の仕組みが急速に普及している。これは非常に便利である一 方、以下の課題が現れている。 ① QR コードシステムを提供するプロバイダーが複数あり、 それぞれ独自の仕組みや規格で QR コードシステムを銀行や店舗などへ提供、提携している。そのため、規格の異なる QR コードシステムが複数存在し、銀行間の互換性が無い。また、中央銀行による統一管理が難しい。例えば、 A 規格の QR コードを利用している消費者が、B 規格の QR コードを読み取れず、決済できない、など。 ② QR コードは、店舗では紙やハード媒体上で表示されて、 QR コード形状自体は変化しないため、容易に複製でき、 形状の一部を変えても(口座番号を書き換える)、利用者も店舗も気づかないため、意図しない口座へ振り込まれる など、安全性に課題がある。 ■活用が想定される製 品・技術・ノウハウ ・統一した規格の QRコードシステム、また、規格の異なる既存システムを統一することを可能にする互換システム。 ・QR コードの偽装・偽造・改ざんを検知できる QR コード リーダーまたは QR コード形状を紙、ハード媒体から電子的媒体に変更し、QR コード形状自体を不定期かつランダムに生成するアプリ。
関係機関

中央銀行、財務省

想定エリア

ラオス全土

越境ECコンサルタント
コンサルタント
アセアン自動車コンサルタント
バイヤー
コンサルタント
経営者
ファンドマネージャー
元メーカー兼商社(海外事業部勤務)、現在日系コンサル会社勤務
多言語PRツール制作
広告代理店

山岳・丘陵地域に土砂災害対策を講じ、リスクを削減したい

スリランカ民主社会主義共和国

スリランカにおいて、土砂災害は最も深刻な自然災害のひとつであり、特に中央部の山岳・丘陵地域では、脆弱な地質特性、急峻な地形条件に加えて、急速な開発に起因し、モンスーン期の豪雨 の際には急傾斜地の崩壊や地すべり等の土砂災害が頻発している。スリランカ政府は、土砂災害リスクの削減を目標に掲げ、特に被害の多い土砂災害対策が喫緊の課題となっている。 ■活用が想定される製 品・技術・ノウハウ ・土砂災害対策各種(法面保護工、待ち受け工) ・予警報発令支援・発出・伝達 ・災害事象の発生監視
関係機関

ハイウェー道路開発・石油資源開発省、Ministry、道路開発庁、Road、行政・災害管理省、Ministry、国家建築研究所、National

想定エリア

山岳、丘陵、中央部

英語 翻訳・通訳
経営者
マーケティング
広告代理店
越境ECコンサルタント
元メーカー兼商社(海外事業部勤務)、現在日系コンサル会社勤務

【海岸侵蝕対策】環境に配慮した防災技術の導入普及

マーシャル諸島共和国

平均海抜が 2mの低地環礁国マーシャルでは、以前から King Tide による海水の浸水や干ばつの被害を受けてきた、さらに気候変動による海面上昇や近海で発生するようになった暴風雨による波の被害が顕著となり、その対策が急務となっている。 しかしながら、各環礁全体を囲む防波堤等の設置は資金的にも、 環境への影響を考慮しても現実的ではない、そのため現地でも対応可能であり、環境に大きな影響を与えない防災技術の導入普及が求められている。 ■活用が想定される製品・技術・ノウハウ ・現地で入手可能で、環境に大きな負の影響を及ぼさない材料を使用した土のう等の作成設置技術 マングローブ植林やサンゴの造成等の自然環境の保全、強化による海岸侵蝕の軽減
関係機関

公共事業省、各環礁地方政府、官房長官室

想定エリア

マジュロ環礁、各環礁

越境ECコンサルタント
経営者
広告代理店
元メーカー兼商社(海外事業部勤務)、現在日系コンサル会社勤務
マーケティング
英語 翻訳・通訳

地方都市がもつ観光資源を活かしたい

タイ王国

観光は、タイの経済を支える主要産業の一つである一方で、地方では、 地域レベルや県レベルでの観光産業と、地方自治体や地元住民との連携が十分とられておらず、地方都市がもつ観光資源が十分活用できていな い。経済のグローバル化が進み、観光客の動向も変わるなかで、地方レベルではその変化に対応できていない、といった問題を抱えている。 具体的な開発課題としては下記があげられる。 ・地方都市がもつ魅力的な観光資源を生かしたまちづくり(エコミュ ージアム構想、等) ・住民参加による Communit-based-tourism の促進と、その持続的な 観光資源としての運用 ・観光客のニーズの変化を踏まえた観光マーケティング 想定地域名(州・県名) ・チェンライ市:Communit-based-tourism の促進 ・クラビ市:アンダマン文化を中心とした観光促進 ・ナン市:文化資源を活用した観光ルート整備、スローライフと呼ばれる Nan’s Way による観光促進 ・ラノーン市:温泉を活用した健康都市 等 ■活用が想定される製品・技術・ノウハウ ・地方都市が持つ観光資源の活用に関する技術と知見(歴史的建造物、 温泉、農産特産品の活用、食の観光、市内観光、等) ・シニア向けの観光プロモーション(滞在型観光、観光ルート、 等) ・スマートフォン等を活用した観光情報の発信やモビリティの確保、等
関係機関

タイ国政府観光庁、Tourism、観光・スポーツ省、Department

想定エリア

チェンライ市、クラビ市、ナン市、ラノーン市

アセアン自動車コンサルタント
コンサルタント
中小企業診断士
ファンドマネージャー
広告代理店
英語 翻訳・通訳
IT企業経営
マーケティング
経営者
コンサルタント

銀行口座を必要としない携帯電話による決済サービスの導入

東ティモール民主共和国

東ティモールの農村部において、現在でも現金での取引が主流で ある。また、農村部では銀行口座を有している人々は少ない。同 国における重要な産業のひとつであるコーヒー産業では、コーヒ ー生産者と銀行口座を介した取引が行えず、支払いは全て現金で 行われており、コーヒーの買い付けに農村部まで行く民間企業は 一度の買い付けで US$50 万以上の現金を運ぶこともあり、大きな リスクを抱えている。 また、首都ディリが位置するディリ県以外では、各県の一番大き い町に銀行の支店が 1,2 店舗ある程度で、農村部からの銀行まで のアクセスは非常に悪い。 現金及び銀行を通じた決済以外の方法が導入されることで国内に おけるビジネス環境の改善や、商取引の活性化を図っていくこと が課題。 なお、コーヒー農家の年間の世帯収入が$500 前後と試算されている。 市場規模は、2015 年のセンサスによると世帯ごとの回答であったが、携帯電話の普及率は 81%。人口は約 120 万人。 ■活用が想定される製品・技術・ノウハウ ・銀行口座を必要としない携帯電話による決済サービス
関係機関

計画財務省

想定エリア

東ティモール全土、特に地方

バイヤー
コンサルタント
マーケティング
アセアン自動車コンサルタント
コンサルタント
ファンドマネージャー
広告代理店
越境ECコンサルタント
英語 翻訳・通訳
マーケティング

道路補修技術・工法の導入

メキシコ合衆国

当国では、日系企業の進出が増加しており、2016 年 10 月時点で 1,100 社を超え、現在も増え続けている。特に自動車産業関連の日系企業が多く、 完成車や自動車部品の物流において、輸送中の貨物が破損するなどの問題 が発生している。それらの原因は、舗装の穴、破損、沈下など舗装状況が よくないこと、トぺと呼ばれる速度制限を抑制する凸起 があることなど があげられる。また、幹線道路のインターチェンジでは、道路管理者毎に 管轄する車道が異なる場合があり、舗装の材質の違いや舗装間に段差が生 じるケースもある。 舗装道路率は、全道路の半分未満の約 40%であり、先進国・中進国の 中でも舗装率が低いと言える(日本 80.1%、中国 53.5%)。 また、当国では、クラック等といった軽微な損傷が、線状・亀甲状のひ び割れや舗装剥離、路面沈下等といった甚大な損傷になるまで放置され続 け、その結果、大規模な改修工事が頻繁かつ長期にわたり複数個所で実施 されている。道路工事に起因する道路渋滞の改善要望が高く、これまでの 事後保全の維持管理から予防保全への維持管理へのシフトや工事期間の短縮等を実現する補修技術・工法の導入が求められている。メンテナンス サイクルを効率的・効果的に循環していく新技術・仕組みづくりが課題となっている。 なお、ケレタロ州道路委員会にて現地調査が行われている。 ■活用が想定される製 品・技術・ノウハウ ・スマートフォンを活用した道路の IRI の計測技術 ・橋梁など構造物の非破壊検査、試験技術 ・内部鉄筋の腐蝕度測定、コンクリート強度試験技術 ・構造物診断技術 ・路面下空洞非破壊検査技術 ・舗装材料のリサイクル技術(経済性、環境配慮、施工期間短縮) ・舗装及び舗装補修材料の新技術 ・メンテナンスの低減技術及び製品
関係機関

通信運輸省道路保全総局、Dirección、ケレタロ州道、Comisión、メキシコ運輸研究所、Instituto

想定エリア

メキシコ全土

マーケティング
英語 翻訳・通訳
越境ECコンサルタント
広告代理店
元メーカー兼商社(海外事業部勤務)、現在日系コンサル会社勤務
経営者

【洪水・土砂災害対策】地滑り防止対策技術の向上

コロンビア共和国

コロンビアでは気候変動の影響により洪水災害の脆弱性を有し ている。アンデス地域では洪水による土砂災害が原因で、道路の補修を余儀なくされる地区が多く、当地域住民の生活および経済活動に影響を与えている。 当国では乾季・雨季問わず降雨が続く場合が多く、またラ・ニ ーニャ現象(2011 年)等の自然現象による豪雨に見舞われており、 より一層の洪水対策、土砂災害対策が求められている。 ■活用が想定される製 品・技術・ノウハウ ロックボルト(Cribwork with rock bolts)、モルタル(Mortar Spraying Work)等の地滑り防止対策技術の向上
関係機関

水文気象環境研究所(IDEAM)、コロンビア危機管理庁(UNGRD)、運輸省および国家道路庁(INVIAS)

想定エリア

アンデス地域、アンデス山脈地域、土砂災害の危険性が高い地区

マーケティング
広告代理店
マーケター
経営者
越境ECコンサルタント
英語 翻訳・通訳
営業
元メーカー兼商社(海外事業部勤務)、現在日系コンサル会社勤務
スタートアップコンサルタント

【地震対策】災害に強い社会インフラ(耐震・免震技術)の整備

エクアドル共和国

■活用が想定される製 品・技術・ノウハウ 2016 年 4 月16 日にエクアドル西部にて発生した M7.8 の地震により、建物や公共建築物、インフラ等に多くの被害が発生した。 橋梁や公共施設の復旧・復興において、我が国が有する耐震、免震技術等を活用し、災害に強い「より良い復興(Build Back Better)」 をめざし、地震災害に強い社会インフラの整備の促進を目指す。
想定される技術・製品
関係機関

国家危機管理庁(SGR)、国家開発企画庁(SENPLADES)、運輸・公共事業省、都市開発・住宅省、教育省

想定エリア

ピチンチャ県キト市、グアヤス県グアヤキル市、マナビ県沿岸地域

経営者
元メーカー兼商社(海外事業部勤務)、現在日系コンサル会社勤務
英語 翻訳・通訳
越境ECコンサルタント
広告代理店
マーケティング
スタートアップコンサルタント
マーケター
営業

夏季の融雪期と冬季の地吹雪・雪崩への対策

キルギス共和国

キルギスは中央アジアに位置し、カザフスタン、ウズベキスタン、 タジキスタン、中国に囲まれた内陸国であり、旅客輸送や貨物輸 送の約 95%を道路交通に依存している国である。当国内の道路は 国民生活において重要な機能を有している他、中央アジア地域、 ひいては南西アジア地域を結ぶ域内交通手段としての役割も担っ ており、重要性が高い。 他方で、同国では山岳地帯が国土の 94%を占めており、山間部を 通過する道路では冬季には落石・地すべり・地吹雪・雪崩による 被害、春季には雪解け水による洪水被害が頻発し、道路の通行止 めによる地域の孤立化や物資輸送の遅延が発生している。それに もかかわらず、道路維持管理を行っている道路運輸省には十分な 予算がなく、大規模な改修や防災工事実施が困難であることから、 低コストで防災効果のある技術が求められている。 ■活用が想定される製 品・技術・ノウハウ ・夏季の融雪期(5~7 月)に頻発する落石、地すべり、土石流等 への対応策(落石・崩壊土砂防護柵・ネット等) ・冬季の地吹雪・雪崩への対応策(防雪柵・スノーシェッド等)
関係機関

運輸道路省

想定エリア

キルギス全土

経営者
英語 翻訳・通訳
経営者
元メーカー兼商社(海外事業部勤務)、現在日系コンサル会社勤務
広告代理店
越境ECコンサルタント
マーケティング

雨季(6-9 月)に発生する地すべり対策

エチオピア連邦民主共和国

内陸国であるエチオピアの物流は陸上輸送に依存しているが、無償資金 協力により整備された国道 3 号線上のアバイ渓谷区間を含め、エチオピア は地質的問題を有している土地が多数あり、雨季に地すべり、斜面崩壊、 落石等が頻発し円滑な交通を妨げ経済開発の障害となっている。 エチオピア道路公社には十分な予算・技術がないため大規模な抑止工等 の実施が困難であることから、比較的安価で施工が容易、かつ防災効果の 高い製品が求められている。 ERA は連邦道路(日本でいう国道)の道路管理者。 上記開発調査にて、アバイ渓谷の地すべり調査、モニタリング、解析が行われて おり、技プロにて「地すべり対策工ガイドライン」が作成され、発生時の 緊急対応や蛇篭による補強、水平ボーリング等の対策工に関する能力強化 支援が実施された。また無償資金協力により必要な重機等が供与されてい る。 ■活用が想定される製 品・技術・ノウハウ 地すべり・表層崩落対策(適切な対策工、落石・ 崩壊土砂防護柵、ネット等)
関係機関

エチオピア道路公社、ERA、Ethiopian

想定エリア

アムハラ州アバイ渓谷、オロミア州ジンマ周辺

マーケティング
英語 翻訳・通訳
元メーカー兼商社(海外事業部勤務)、現在日系コンサル会社勤務
NPO法人 代表
経営者
越境ECコンサルタント
広告代理店
医療系NGO
開発コンサルタント(中小企業診断士)