Next Market
該当数
38

自然災害への対応に関するノウハウ・技術

タイ王国

災害に強いまちづくりは、タイの地方都市に共通する課題の一つ である。台風や季節風による大雨による内水氾濫、河川の氾濫等の洪水、周辺国における地震による津波被害、等が考えられ、被害の軽減対策と共に、防災情報の提供や、警報、非常時の避難体制の確保等が課題となっている。 ■活用が想定される製品・技術・ノウハウ ・自然災害への対応に関するノウハウ、技術(防災情報、避難誘導、非常時対応の施設整備など)
関係機関

内務省災害防止軽減局、Department、内務省、Department、各市政府

想定エリア

ナン市、チェンライ市

マーケティング
コンサルタント
英語 翻訳・通訳
広告代理店
経営者
海外輸出、進出支援エキスパート
コンサルタント
IT企業経営
医療コンサルタント
バイヤー

建設現場の作業効率を上げたい

フィリピン共和国

現政権のスローガンの一つ「ビルド・ビルド・ビルド」に象徴されるように、現在フィリピン国内は建設ラッシュが続いており、 これに伴い建設業界の労働者数が不足している。今後も続く建設計画の中で、労働力不足を補完する作業効率を上げる技術や建設機械などが求められている。 なお、本事業実施後には、ODA に依存することなく営業を展開することが望ましい。 ■活用が想定される製 品・技術・ノウハウ ・情報通信技術 ・ドローン ・その他工期の短縮を可能とし、作業効率を上げる機械等
関係機関

公共事業道路省、DPWH、地方自治体、LGU

想定エリア

首都圏マニラ

IT企業経営
バイヤー
英語 翻訳・通訳
越境ECコンサルタント
広告代理店
コンサルタント
多言語PRツール制作
経営者
ファンドマネージャー
マーケティング

山岳地域の道路網で発生する土砂崩れや落石に対応したい

ラオス人民民主共和国

北部を中心としたラオスの山岳地域を通過する道路網は雨季に土砂崩れや落石などの土砂災害が多発しており、流通の主要な手段 である道路網が寸断され、円滑な交通を妨げることが多数発生している。このため、このような地域で適用可能なのり面対策の技術や土砂災害の前兆を察知するモニタリング技術または事後通知システムの導入が必要である。 ■活用が想定される製品・技術・ノウハウ ・のり面保護の工法・製品、斜面のモニタリング技術等
関係機関

公共事業・運輸省、労働社会福祉省

想定エリア

ラオス全土、山岳部

経営者
IT企業経営
コンサルタント
ファンドマネージャー
海外輸出、進出支援エキスパート
バイヤー
アセアン自動車コンサルタント
英語 翻訳・通訳
マーケティング
広告代理店

【地震対策】災害に強い社会インフラ(耐震・免震技術)の整備

エクアドル共和国

■活用が想定される製 品・技術・ノウハウ 2016 年 4 月16 日にエクアドル西部にて発生した M7.8 の地震により、建物や公共建築物、インフラ等に多くの被害が発生した。 橋梁や公共施設の復旧・復興において、我が国が有する耐震、免震技術等を活用し、災害に強い「より良い復興(Build Back Better)」 をめざし、地震災害に強い社会インフラの整備の促進を目指す。
想定される技術・製品
関係機関

国家危機管理庁(SGR)、国家開発企画庁(SENPLADES)、運輸・公共事業省、都市開発・住宅省、教育省

想定エリア

ピチンチャ県キト市、グアヤス県グアヤキル市、マナビ県沿岸地域

マーケティング
マーケター
英語 翻訳・通訳
営業
経営者
越境ECコンサルタント
広告代理店

【土砂災害対策】フラッシュフラッドや土砂災害に対応したい

ベトナム社会主義共和国

ベトナムの主な自然災害は、洪水、暴風雨(台風)、フラッシュ フラッド、土砂災害、海岸侵食等である。 これらに対して、堤防・ダム等のハード施設の運用改善、状態監視や維持管理、気象水文観測をはじめとする災害モニタリング、 予警報等、幅広い防災技術に対するニーズがある。 フラッシュフラッド・土砂災害対策:モニタリング・予警報システム、砂防堰堤等のハード対策、斜面対策 ■活用が想定される製品・技術・ノウハウ ・フラッシュフラッド・土砂災害のモニタリング・予警報システム ・砂防堰堤等のハード対策 ・斜面対策工
関係機関

中央災害対策委員会、CSCNDPC、農業農村開発省防災総局、VNDMA、天然資源環境省気象水文総局

想定エリア

山岳部急流地域、中部~北部

経営者
経営者
コンサルタント
IT経営者
IT企業経営
英語 翻訳・通訳
バイヤー
元商社
広告代理店
経営者

【土砂災害対策】地すべり危険区域に対する防災対策

ホンジュラス共和国

技術協力を通じて作成中の地すべり危険マップを活用し、地すべりの危険性の高い区域における当該製品の導入を図る。 ■活用が想定される製品・技術・ノウハウ ・落石・崩壊土砂防護柵 ・土砂災害検知装置 ・地すべり鋼製のり枠
関係機関

国家常設災害対策委員会(COPECO)、テグシガルパ市庁、国立自治大学

想定エリア

ホンジュラス全土、テグシガルパ市

経営者
英語 翻訳・通訳
マーケティング
越境ECコンサルタント
広告代理店

【海岸侵蝕対策】環境に配慮した防災技術の導入普及

マーシャル諸島共和国

平均海抜が 2mの低地環礁国マーシャルでは、以前から King Tide による海水の浸水や干ばつの被害を受けてきた、さらに気候変動による海面上昇や近海で発生するようになった暴風雨による波の被害が顕著となり、その対策が急務となっている。 しかしながら、各環礁全体を囲む防波堤等の設置は資金的にも、 環境への影響を考慮しても現実的ではない、そのため現地でも対応可能であり、環境に大きな影響を与えない防災技術の導入普及が求められている。 ■活用が想定される製品・技術・ノウハウ ・現地で入手可能で、環境に大きな負の影響を及ぼさない材料を使用した土のう等の作成設置技術 マングローブ植林やサンゴの造成等の自然環境の保全、強化による海岸侵蝕の軽減
関係機関

公共事業省、各環礁地方政府、官房長官室

想定エリア

マジュロ環礁、各環礁

越境ECコンサルタント
経営者
英語 翻訳・通訳
マーケティング
広告代理店

モ バイルファイナンス技術等を活用した金融サービスの提供

バングラデシュ人民共和国

バングラデシュでは、2006 年にマイクロファイナンスの先駆けである グラミン銀行の創始者であるムハマド・ユヌス氏がノーベル平和賞を受 賞したことで、マイクロファイナンス市場は急速に拡大した。 1,000 以上に及ぶ MFI(マイクロファイナンス機関)が約 3, 200 万人 (世帯)に対してサービスを提供しているとされており(2016 年時点)、 マイクロファイナンスの実施は地方の小さな村落の隅々にまである程度 普及している。しかし、MFI は高い返済率を要求するため、土地無し農 家等の最貧困層への貸出は慎重であり、未だ農村部でマイクロファイナ ンスにアクセスできていない層があると言われている。 一方、マイクロファイナンス市場の競争激化、人件費の増加に伴い、 従来のスタッフによるマニュアルオペレーション手法から、MFI の情報通信技術の導入による効率的なオペレーション等、顧客の利便性向上が求められている。 また、MFI が提供できる金融サービスは融資や預金などの一定範囲に限られている。より幅広い金融サービスが提供できる各商業銀行が、モ バイルファイナンス技術等を活用し、各遠隔地にある MFI などをフランチャイズ店舗化して末端の人々に金融サービスを提供するという、Agent Banking System が徐々に増えている。 ■活用が想定される製品・技術・ノウハウ ・ICT、モバイルファイナンスを活用した金融オペレーションの仕組み ・保険、サプライチェーンファイナンスなども含めた幅広い金融サービス、ファイナンシャルリテラシー教育などの非金融サービス ※上述に限らず、関連するその他製品・技術についても幅広く検討可。
関係機関

マイクロファイナンス監督庁、Microcredit、PKSF、ポリ・コールモー・ショハヨーコ基金、IDRA、保険監督庁

想定エリア

バングラデシュ全土

広告代理店
英語 翻訳・通訳
越境ECコンサルタント
経営者
マーケティング

適切な住宅建築を進め建物崩壊を防ぎたい

ケニア共和国

ケニアにおける住宅建築は、都市部への人口流入の急増に伴い不 動産の開発ブームが起こり、規制に十分な注意が払われないまま 多くのビルが短期間に建てられた。必ずしも品質、価格、省資源 の面で適正な供給が行われているとは言いがたい状況にあり、ナ イロビをはじめとする都市部でここ数年の間に、複数の建物が崩壊している。(首都ナイロビで 2016 年 4 月 29 日、豪雨に見舞われて 6 階建ての住宅ビルが崩壊し、少なくとも 30 名以上が亡くな くなる事故が起こった。同年 5 月 5 日にはナイロビの当局者らが 違法または危険と判定した建物の取り壊しを命じた。)このような状況を打開するために、1960 年代の高度成長期以降の日本のよ うに、官民が連携した住宅計画や住宅機器の標準化、規格化、並びに関連法規(建築基準法、省エネ法、品確法等)の整備が必要と考えられる。 活用が想定される製 品・技術・ノウハウ ・住宅建築の標準化及び省資源化にかかる製品 ・工法を有効かつ適正に組み合わせるノウハウや技術
関係機関

NCA、National、MLHUD、NHC、National

想定エリア

ナイロビ近郊

経営者
開発コンサルタント(中小企業診断士)
マーケティング
NPO法人 代表
広告代理店
越境ECコンサルタント
英語 翻訳・通訳
医療系NGO

夏季の融雪期と冬季の地吹雪・雪崩への対策

タジキスタン共和国

タジキスタン共和国(以下、タジキスタン)は、中央アジアに位置し、周辺 4 ヶ国に囲まれた内陸国である。貨物輸 送の約 65%、旅客輸送の約 99%を道路交通に依存してお り、道路交通が国内輸送の中核を担っている(道路網延長: 約 30,000km)。また、タジキスタンは、中央アジアと南 アジアの結節点に位置することから、国内の物流だけでな く周辺国との交易についても道路輸送網が利用されており、幹線道路は地域全体の政治経済の発展にとって重要である。 しかしながら、こうした国内の道路網の多くは旧ソ連時代 に建設され、1991 年の独立後の内戦や適切な維持管理がなされてこなかったことによる損傷・老朽化が進行しており、 経済活性化の阻害要因となっている。また、同国では山岳地帯が国土の 93%を占め、国土の約半分が標高 3000m 級 の山々に覆われており、山間部を通過する道路では冬季には落石・地すべり・地吹雪・雪崩による被害、春季には雪 解け水による洪水被害が頻発しており、道路の通行止めに よる地域の孤立化や物資輸送の遅延が発生している。 市場規模 国内南北の幹線道路(首都ドゥシャンベと第二の都市ホジ ャンド間)の運営維持管理が民間企業に委託されていると ころ、一定の需要が存在すると思われる。なお、タジキス タンのみならず、同じく中央アジアでソ連から独立した山 岳国であるキルギス共和国についても、類似の開発課題が ある。 ■活用が想定される 製品・技術・ノウハ ウ ・夏季の融雪期(5~7 月)に頻発する落石、地すべり、土石流等への対応策(落石・崩壊土砂防護柵・ネット等) ・冬季の地吹雪・雪崩への対応策(防雪柵・スノーシェッ ド等)
関係機関

運輸省

想定エリア

タジキスタン全土

越境ECコンサルタント
広告代理店
経営者
マーケティング
経営者
英語 翻訳・通訳