Next Market
該当数
28

大気汚染や水質汚染を改善したい

フィリピン共和国

都市部における大気汚染や水質汚染など、環境汚染問題は経済発展とともに大きくなっているが、経済発展を優先する中で立ち遅れている部分である。よって、環境負担の小さな乗り物、環境負担の小さい資材を用いた建築物等、環境負荷が小さな製品や技術 に対する需要は大きい。 また、電力事情が悪い地域では、環境負荷が小さく維持管理が技術的予算的に持続可能な地産地方型の再生可能エネルギーに対する需要が大きい。 ■活用が想定される製品・技術・ノウハウ ・電気自動車 ・低公害建築資材 ・再生可能エネルギー
関係機関

公共事業道路省、DPWH、環境省、DENR、地方自治体、LGU

想定エリア

マニラ、セブ、都市部、地方都市、離島地域

IT企業経営
コンサルタント
コンサルタント
多言語PRツール制作
元メーカー兼商社(海外事業部勤務)、現在日系コンサル会社勤務
英語 翻訳・通訳
経営者
広告代理店
マーケティング
アセアン自動車コンサルタント

ホテルや商業ビルへ省エネルギー技術を導入したい

ベトナム社会主義共和国

2015 年 11 月 COP21 では、ベトナムを含む途上国に 2020 年以降の GHG 削減義務化が課される可能性が高く、ベトナムでは今後も GHG 排出量削減に取り組む必要性が生じる。経済発展が目覚ましいベトナムにおいて、民生部門は GHG 削減余地の大きいセクターであると考えられている。ベトナムではグリーン成長戦略を策定し、ホテルや商業ビルにおいても省エネルギー技術を導入を図ることとなっている。一方で、民生部門の省エネルギー機器の導入に関し、ベトナムにおいては市民レベルまで省エネの必要性が浸透している訳ではない。そのため、省エネルギーは経営効率化の一環として受け取られることが多く、短期(3−5年を想定)で投資回収が見込める省エネ技術の導入が課題となっている。 ■活用が想定される製品・技術・ノウハウ ・グリーンビル関連の省エネ技術等
想定される技術・製品
関係機関

MOIT(ベトナム商工省)

想定エリア

ベトナム全国、主要都市の方が需要は高い

経営者
元メーカー兼商社(海外事業部勤務)、現在日系コンサル会社勤務
家具・インテリア製品販売
越境ECコンサルタント
IT経営者
英語 翻訳・通訳
アセアン自動車コンサルタント
元商社
コンサルタント
コンサルタント

プロパンガスの製造、運搬、活用における省エネ技術・製品の導入

ベトナム社会主義共和国

日本政府は、ベトナムにおけるエネルギー安定供給・省エネ推進に向け今後公的セクター向けに LNG 利用によるガス火力発電等を支援することを打ち出している。他方、経済発展が目覚ましいベトナムにおいて、GHG 削減余地の大きい民生部門について、JICA は中小企業海外展開支援事業等でエスコ事業、グリーン成長技術の導入等を後押し、実際に技術協力でのこれら技術活用、本邦民間企業の進出等を実現している。 現在、更なる民生部門の省エネルギー技術の導入について、未だ手付かずとなっている分野としてガス利用の効率化が上げられる。電力供給が相対的に十分な都市部ですら、事業活動や生活一般におけるエネルギー利用については、プロパンガス利用が不可欠であるだけでなく、地方、離島、山間部に至っては今だ全面的にプロパンガス利用により生活を維持している状態である。 これらガス利用において、製品の製造、運搬、活用について、省エネ技術・製品の導入が課題となっている。 ■活用が想定される製品・技術・ノウハウ  事業所・集合住宅・家庭向け効率的ガス利用技術・製品  ①プロパンガス鉄製容器を代替しうる軽量素材容器  ②省エネ燃焼装置  ③その他効率的ガス利用・製品等
関係機関

MOIT(ベトナム商工省)

想定エリア

ベトナム全国(主要都市の方が需要は高い)

経営者
マーケティング
アセアン自動車コンサルタント
元メーカー兼商社(海外事業部勤務)、現在日系コンサル会社勤務
広告代理店
元商社
コンサルタント
コンサルタント
コンサルタント
コンサルタント

再生可能エネルギーによる発電システム一式を導入し、地方遠隔地における電力供給能力を高めたい

ソロモン諸島

オセアニア島嶼国では、青い空と海、白い砂浜に代表される「楽園」イメージとは裏腹に、その狭小性・隔絶性・遠隔性によって多くの人が開発の恩恵を受けられないでいる。特にソロモン諸島では、電力供給率は全人口の 16 パーセント(電力公社による)に留まっており、特に地方遠隔地における電力供給能力を高めることが課題となっている。 総電力のほぼすべてをディーゼル発電に頼る当国では、年間2300 万リットルの燃料輸入の削減と再生可能エネルギーへの転換が急務とされている一方で、小規模水力発電に適した河川を始め、太陽光、火山、海岸線、植物資源等、再生可能エネルギーのリソースとなり得る資源のポテンシャルが高い。 ・再生可能エネルギーによる発電システム一式。 ・具体的な製品イメージはないが、グリッド接続なしの極小規模でメンテナンスフリーで日本の技術をアピールし、かつ価格が折り合えば需要は国内に 5000 台以上あり。 ・大洋州地域内に広く同様のニーズがあるので、運用効果が実証できれば当該企業にはソロモンを拠点として地域へ展開していただきたい(ソロモンとしては外資招致のメリット)。 なお、ソロモン諸島国内において、公的電力供給の事業権は唯一 SIEAに付与されている。 ■活用が想定される製品・技術・ノウハウ ・再生可能エネルギーによる発電システム一式。 ・具体的な製品イメージはないが、グリッド接続なしの極小規模でメンテナンスフリーで日本の技術をアピールし、かつ価格が折り合えば需要は国内に 5000 台以上あり。 ・大洋州地域内に広く同様のニーズがあるので、運用効果が実証できれば当該企業にはソロモンを拠点として地域へ展開していただきたい(ソロモンとしては外資招致のメリット)。
関係機関

鉱業エネルギー地方電化省(MMERE)、ソロモン諸島電力公社(SIEA)

想定エリア

資源のある 州

経営者
越境ECコンサルタント
マーケティング
元メーカー兼商社(海外事業部勤務)、現在日系コンサル会社勤務
英語 翻訳・通訳
広告代理店

都市部街灯の省エネ化を推進する

メキシコ合衆国

メキシコ政府は持続可能で包摂的な発展を目指し、温室効果ガス排出量削減の目標値(2020 年まで 2000 年比で 50 %の温室効果ガス排出量の削減)を掲げるが、これを達成するためには、特に人口の集中する都市部における省エネ化が緊急課題一つとして挙げられている。そこで、都市部街灯の省エネ化(既存街灯を LED照明に交換)を国家事業として 、関係機関が連携して取り組んでいるが、本製品は同事業で使用することが想定される。また、都市部で急速に増大するコンビニエンスストア(全国で約1万店)等の小規模小売店舗におけるエネルギー消費削減の実証試験を通し、国の開発戦略に貢献する。 ■活用が想定される製品・技術・ノウハウ ・太陽電池式街路・道路灯(LED)、天井用 LED ランプ、蛍光灯型LED
関係機関

エネルギー省(SENER)、省エネルギー委員会(CONUEE)、電力公社(CFE)、公共事業サービス銀行(BANOBRAS)、メキ

想定エリア

メキシコ市

元メーカー兼商社(海外事業部勤務)、現在日系コンサル会社勤務
広告代理店
英語 翻訳・通訳
越境ECコンサルタント
マーケティング
経営者

省エネ・再エネを導入して、拡大する電力需要に対応したい

トルコ共和国

トルコは、高い経済成長と人口増加により、電力需要が大きく拡大している。現在、電力構成の多くを占める火力発電は、石炭や天然ガス等 を外国からの輸入に大きく頼っており、経常収支の慢性的な赤字をもたらしている。トルコ政府は、再生可能エネルギーをはじめとした国内資源の活用による発電設備容量の拡大や省エネ・電力効率化の推進を電力セクター開発に係る基本方針に掲げている。 ■活用が想定される製品・技術・ノウハウ ・新規の電源・エネルギー源(再生可能エネルギーなど) ・省エネ技術全般 ・再生可能エネルギー導入に伴う、系統の安定化に資する技術等
関係機関

地方自治体、エネルギー天然資源省、発電公社、EUAS、送電公社、TEIAS、エネルギー市場規制庁、EMRA

想定エリア

トルコ全土

駐在員の妻
広告代理店
越境ECコンサルタント
英語 翻訳・通訳
元メーカー兼商社(海外事業部勤務)、現在日系コンサル会社勤務
経営者
マーケティング

排気ガスや野焼きが主要因のPM2.5を削減したい

タイ王国

タイでは大気汚染防止対策(特に PM2.5 対策)の一環として、ディーゼル車用の排気ガス対策が強く求められている。特にバンコクでは、ディーゼル排気ガス及び野焼きがPM2.5の主要因といわれており、これの削減が強く求められている。 ■活用が想定される製品・技術・ノウハウ ・バスやごみ収集車両等の大型ディーゼル車両に取り付けるディーゼル粒子フィルター(DPF) ・野焼きの防止に直接的に役に立つ技術
関係機関

想定エリア

バンコク

越境ECコンサルタント
アセアン自動車コンサルタント
英語 翻訳・通訳
コンサルタント
マーケティング
海外輸出、進出支援エキスパート
中小企業診断士
IT企業経営
広告代理店
マーケティング

太陽光を活用して電源の多角化を進めたい

ジブチ共和国

ジブチでは電力供給の約 7 割をエチオピアからの送電に、残りを輸入した石油燃料による発電に依存しており、エネルギー安全保障に大きな課題を有している。 ジブチ政府は、そのため地熱や太陽光、風力等の再生可能エネルギー導入による電源の多様化を進めつつ発電能力強化を行う方針を取っている。世界一暑い国とも言われ、雨も少なく、太陽光等 のポテンシャルは高いとされ、欧米企業等も関心を示し大規模プロジェクト等も進みつつあるが、送電網も脆弱であり、家庭用や オフグリッドでの電力供給も含め開発課題となっている。 活用が想定される製品・技術・ノウハウ ・高効率ソーラーパネル・蓄電池 ・低ロス電線 ・スマートグリッド
関係機関

ジブチ電力公社、EDD、ジブチ調査研究センター、CERD

想定エリア

ジブチ全土

越境ECコンサルタント
元メーカー兼商社(海外事業部勤務)、現在日系コンサル会社勤務
経営者
英語 翻訳・通訳
マーケティング
医療系NGO
開発コンサルタント(中小企業診断士)
NPO法人 代表
広告代理店

水力発電所におけるダム・貯水池、その流域河川における浚渫

マラウイ共和国

マラウイ国内の電力は、マラウイ湖から延びるシレ川中流域沿いの 3 か所の水力発電所にその大半を依存している。一方でその水力発電所におけるダム/貯水池、そしてその流域河川における浚渫は兼ねてより課題になっており、本製品はその解決に寄与するものと想定される。 ■活用が想定される製品・技術・ノウハウ活用が想定される製品・技術・ノウハウ ・ダム浚渫/浚渫工
想定される技術・製品
関係機関

マラウイ電力公社(ESCOM)、天然資源・エネルギー・鉱業省

想定エリア

南部地域、主にシレ川上中流域水力発電所地点周辺

マーケティング
コンサルタント
広告代理店
元メーカー兼商社(海外事業部勤務)、現在日系コンサル会社勤務
英語 翻訳・通訳
越境ECコンサルタント
経営者

【気候変動対策】産業部門に省エネ製品・サービスを導入したい

タイ王国

タイでは 2015 年に発表した「Energy Efficiency Plan(2015-2036)」(以下、EEP2015)において、2036 年までにエネルギー消費原単位(GDP 比)を 2010 年比で 30%削減する計画であり、また、パリ協定国別貢献 NDC においては、2030 年にBAU 比 20%の GHG 削減を打ち出しており、省エネルギーの促進が急務となっている。 これまでエネルギー省が中心となり、エネルギー効率改善のための開発研究や省エネルギー推進のための普及活動は行われているが、省エネルギーに対する関心や省エネルギー技術への信用がそれほど高くないことなどにより、十分な省エネルギー成果はあがってこなかった。 エネルギー消費の大きい産業部門においては、省エネルギーが進んでいるのは一部の大企業で、中小企業ではいまだ効率の低い機器が多く使われているため省エネポテンシャルは高い。民生業務部門は、経済発展に伴い、商業施設やオフィスビル、コンドミニアム等における空調用エネルギーの増加が予想されており、この分野での省エネ推進が課題となっている。また、ホテル、病院などの給湯機器の高効率化の余地も大きい。 ■活用が想定される製品・技術・ノウハウ ・産業部門製造プロセスの省エネ化に資するサービス・製品ビル・商業施設・コンドミニアム等の省エネ化に資するサービス・製品 ・エネルギー管理の適正化・高度化に資するサービス・製品
関係機関

エネルギー省(MOE)、エネルギー政策計画局(EPPO)、代替 エネルギー開発・効率化局(DEDE)、天然資源環境省(MONRE)、バンコク都(BMA)、タイ発電公社(EGAT)、首都圏配電公社(MEA)、地方配電公 社(PEA)

想定エリア

タイ全土

元メーカー兼商社(海外事業部勤務)、現在日系コンサル会社勤務
広告代理店
多言語PRツール制作
マーケティング
海外輸出、進出支援エキスパート
IT企業経営
ファンドマネージャー
バイヤー
英語 翻訳・通訳
医療コンサルタント