Next Market
該当数
31

食育・栄養教育・衛生教育を推進して栄養不良を改善したい

ブルキナファソ

栄養不良:サブサハラ・アフリカにおける栄養不良問題は、持続的開発を図る上で依然大きな課題であり、その取組の更なる強化は喫緊の課題である。近年、Scaling Up Nutrition、REACHのような栄養に関する国際的プラットフォームが形成され、各種国連機関、二国間ドナーにより、保健、農業、民間セクター等の枠を超えた取組みの活性化が図られているが、現場レベルでの活動はまだ十分ではないと考えられる。 ■活用が想定される製品・技術・ノウハウ ・食育・栄養教育・衛生教育等を推進する製品・ノウハウ ・学校給食のノウハウ
関係機関

教育省、農業省、保健省、水・衛生関連省庁

想定エリア

ブルキナファソ全土

フリーランス(語学講師)
起業家
経営者
広告代理店
越境ECコンサルタント
英語 翻訳・通訳
マーケティング

食育・栄養教育・衛生教育を推進して栄養不良を改善したい

ケニア共和国

栄養不良:サブサハラ・アフリカにおける栄養不良問題は、持続的開発を図る上で依然大きな課題であり、その取組の更なる強化は喫緊の課題である。近年、Scaling Up Nutrition、REACHのような栄養に関する国際的プラットフォームが形成され、各種国連機関、二国間ドナーにより、保健、農業、民間セクター等の枠を超えた取組みの活性化が図られているが、現場レベルでの活動はまだ十分ではないと考えられる。 ■活用が想定される製品・技術・ノウハウ ・食育・栄養教育・衛生教育等を推進する製品・ノウハウ ・学校給食のノウハウ
関係機関

農業省、保健省、教育省、水・衛生関連省庁

想定エリア

ケニア全土

医療系NGO
開発コンサルタント(中小企業診断士)
NPO法人 代表
マーケティング
英語 翻訳・通訳
広告代理店
越境ECコンサルタント
経営者

理数科実験機材・教材開発と教員の教授法の改善

ジブチ共和国

ジブチでは産業多角化を下支えする質の高い産業人材の育成を国家の最重要課題の一つとしているが、2015-2016 年度の小学校総就学率が 78%、中学校総就学率 61%、中学校進学時の留年率は22%となっており、基礎教育環境の向上が急務とされている。特に理数科教育の教職員の能力向上、人口密度の高い都市部における教室数の拡充等、ソフト・ハード共に課題が山積している。 ■活用が想定される製品・技術・ノウハウ (一例)理数科実験機材、教材開発、及びそれらを通じた教員の教授法の改善
関係機関

Le Ministère de l’Education Nationale et de la Formation Professionnelle、MENFOP、Centre de Formation des Enseignants de l’Enseignement Fondamental、CFEEF

想定エリア

ジブチ全土

マーケティング
医療系NGO
広告代理店
越境ECコンサルタント
開発コンサルタント(中小企業診断士)
経営者
NPO法人 代表
英語 翻訳・通訳

未来型産業と高付加価値産業へ経済構造をシフト

タイ王国

タイ政府は、中進国の罠に陥らずに経済成長を持続させるための新たな経済産業ビジョン「タイランド 4.0」を掲げ、これまで経済を牽引してきた労働集約型の産業から、未来型産業と高付加価値産業へ経済構造をシフトし、これを成長産業として振興することとしている。 具体的なターゲット産業は以下の通り ①次世代自動車 ②スマート・エレクトロニクス ③医療・健康ツーリズム ④農業・バイオテクノロジー ⑤未来食品 ⑥ロボット産業 ⑦航空・ロジ スティック ⑧バイオ燃料とバイオ化学 ⑨デジタル産業 ⑩医療ハブ また「タイランド 4.0」の中心事業として、東部 3 県を「東部経済回廊(EEC)」 と位置付け、主要インフラの整備に加え、域内における上記ターゲット産業の投資を促進する。特に、IT デジタル関連では、東部経済回廊(EEC)をアセアンの IT デジタル・ハブとする方針であり、同分野の研究開発及びビジネス促進を重点的に図る方針である。 ■活用が想定される製品・ 技術・ノウハウ ・ターゲット産業における先進的技術、タイにおける既存の基幹産業(製造業や農業)のスマート化に有益なもの ・日本の「コネクテッド・インダストリー」関連技術で、タイの東部経済回廊(EEC)開発に資すると思われるもの ・スマートシティ関連技術 ・ターゲット産業関連技術で、東部経済回廊(EEC)エリア内の規制緩和による試験的導入、 及びサンドバッグでの治験・研究を通じ社会実装が見込まれる技術・製品
関係機関

東部経済回廊事務局(EEC、デジタル経済社会省(MDES)、国立科学技術開発庁(NSTDA)、地理情報・宇宙技術開発庁(GISTDA)

想定エリア

タイ全土、EEC、チョンブリ県、チャチェンサオ県、ラヨーン県

バイヤー
越境ECコンサルタント
マーケティング
コンサルタント
広告代理店
経営者
海外輸出、進出支援エキスパート
ファンドマネージャー
アセアン自動車コンサルタント
コンサルタント

産業発達を支える質の高い人材を育てたい

ベトナム社会主義共和国

ベトナムは、労働集約型産業の製造業をはじめとする外国直接投資誘致・輸出産業の好調を背景として、2000 年代は 7~8%台の高いGDP成長率を記録し、目覚ましい経済発展を遂げた一方、 産業基盤は未だ脆弱で、製造業は労働集約的な最終組立工場や低付加価値産品が中心になっている。 こうした状況のまま経済成長が進み、労働者の給与水準が上がるならば、労働集約型の企業はより安い労働力を求めて他国へ流出し、産業発展が停滞する可能 性も否定できない。ミャンマー等の台頭が重なれば、周辺国との競争は一層激化することが予想される。 当国の製造業における日系製造企業の部品・原料の調達率(2016 年)は 34.2%と先発 ASEAN 諸国(タイ(57.1%)、インドネシア(40.5%))に劣後しており、裾野産業の育成が課題である。機械加工、電子、電気 分野は様々な製造業のサプライチェーンを支える基盤となる産業分野であり、これら3 分野が発展することにより、国全体の産業競争力強化及び工業国化に大きく貢献することが期待でき、今後も同分野の技能を有する人材の需要が高まることが見込まれる。 ベトナムの総人口の約60%を占める豊富な労働力は外国直接投資 誘致の強みの一つとなっている一方、産業発達を支える質の高い人材は不足しており、労働人口のうち、十分に訓練された労働者 は30%程度に留まっており、中間管理職、技術系管理者、熟練工の不足が指摘されている。ベトナムにおいて職業訓練政策は労働傷病兵社会省(MOLISA)の職業訓練総局(DVET)が策定し、各職業訓練機関は、MOLISA 及び MOLISA 以外の関係省庁(商工省、 農業農村開発省等)並びに各省・市の人民委員会が監督している。 職業訓練機関は全国で 1,498 機関(2018 年)あるが、その多くで 指導員の経験・技能不足、資機材購入の予算不足等を原因として、 産業界の人材ニーズを十分に反映した職業訓練を提供できていない。 ■活用が想定される製品・技術・ノウハウ 主に、機械加工、電子、電気分野における職業訓練機能の強化に 資する訓練機材やノウハウ。 ■想定地域名 (州・県名) ・ハノイ市: ハノイ工業大学、ハノイ工科大学、ハノイ工業職業 訓練短大、技能技術職業訓練短大、ハノイ・ハイテクノロジー職 業訓練短大 ・ホーチミン市: ホーチミン工業大学、ホーチミン市職業訓練短大、ホーチミン市技術職業訓練短大 ・ハイフォン市: 第二交通運輸中央職業訓練短大、ハイフォン職 No:4-VT-1 業訓練短大 ・ダナン市: ダナン職業訓練短大 ・ビンフック省: ビンフック職業訓練短大 ・ハナム省: ハナム職業訓練短大 ・ドンナイ省: 機械・灌漑職業訓練短大 ・バリアブンタウ省: バリアブンタウ・テクノロジー短大
関係機関

農業農村開発省、労働傷病兵社会省、MOLISA、職業訓練総局、DVET、商工省、MOIT、MARD、各省・市人民委員会

想定エリア

ベトナム全土

海外輸出、進出支援エキスパート
IT企業経営
広告代理店
アセアン自動車コンサルタント
コンサルタント
英語 翻訳・通訳
元商社
コンサルタント
マーケティング
経営者

ルワンダを担う起業家と ICT イノ ベーションを巻き起こす

ルワンダ共和国

東アフリカ内陸の小国であるルワンダは、情報通信技術(ICT)セ クターを持続的な経済成長のための分野横断的課題として位置付 け、ICT と各分野の連携を促進することにより、産業育成、また、 農業、教育における生産性向上等を推進することを目指している。 これを実現するため ICT 産業の育成は急務であり、ICT セクター における起業の重要性は高く認知されている。この政策を推進す る仕掛けのひとつとして、JICA の技術協力、マサチューセッツ工 科大学(MIT)他の支援を通じて民間セクター連盟(PSF)情報通信技術(ICT)商工会議所の入居するビル内に ICT のハードウ ェア開発による起業を目指す若者が集う場として、「FabLab」の 設置準備が進められている。しかしながら、ラボの効率的な運営ノウハウや継続的な技術指導、起業への支援などが課題として残 っており、ノウハウや技術を持つ海外企業・団体等からの支援が 求められている。 ICT 商工会議所や FabLab と同フロア内で隣接する「k-Lab」は、 JICA の支援を通じて 2012 年に設立されたルワンダ初の ICT イノ ベーションスペースであり、多くの若者が ICT を活用した起業を 目指し集っており、定期的な Workshop の開催等も行われている。 ICT のソフトウェア開発による起業を目指す若者が集う「k-Lab」 に隣接したスペースに、ハードウェア製品開発のアイデアを持つ 若者が集う「FabLab」を設置し、製品プロトタイプ等を作成可能 な環境を整え、ソフトウェアとハードウェアの起業家間の交流を促す仕掛けとなっている。両部門の起業家がそろって投資家へ訴 え、ICT 商工会議所のネットワーク支援等を受けながら市場へ進 出していく、というビジネスサイクルが想定されている。 ■活用が想定される製 品・技術・ノウハウ ・FabLab 運営のマネジメントに係るノウハウ ・3Dプリンター等 FabLab 向け製品・技術・活用ノウハウ ・世界の FabLab や起業家とのネットワーキングノウハウ 等
関係機関

商工会議所、PSF、民間セクター連盟、ICT

想定エリア

キガリ市

マーケティング
英語 翻訳・通訳
広告代理店
越境ECコンサルタント
経営者

食育・栄養教育・衛生教育を推進して栄養不良を改善したい

スーダン共和国

栄養不良:サブサハラ・アフリカにおける栄養不良問題は、持続的開発を図る上で依然大きな課題であり、その取組の更なる強化は喫緊の課題である。近年、Scaling Up Nutrition、REACHのような栄養に関する国際的プラットフォームが形成され、各種国連機関、二国間ドナーにより、保健、農業、民間セクター等の枠を超えた取組みの活性化が図られているが、現場レベルでの活動はまだ十分ではないと考えられる。 ■活用が想定される製品・技術・ノウハウ ・食育・栄養教育・衛生教育等を推進する製品・ノウハウ ・学校給食のノウハウ
関係機関

農業省、保健省、教育省、水・衛生関連省庁

想定エリア

スーダン全土

広告代理店
医療系NGO
越境ECコンサルタント
経営者
NPO法人 代表
英語 翻訳・通訳
開発コンサルタント(中小企業診断士)
マーケティング

新たな学習システムを導入して教育の質的課題を改善したい

ラオス人民民主共和国

ラオスの初等教育純就学率は 98.8%にも上っているが、教育の質的課題は依然として大きく、初等教育最終学年(5 年生)残存率は 79.6%と、5 人に 1 人が小学校を卒業できていない。2009 年 のラオス教育スポーツ省(Ministry of Sports and Education: MOES)の調査では、最終学年の 73%が十分な習熟度に達してい ないとされた。一般的に、特に算数能力、例えば四則計算の能力の低さは高校卒業レベルでも頻繁に指摘され、成人の労働生産性の低さの原因のひとつになっているとも推測される。 このような背景から、ラオスにおいては、適齢期の学習児童・ 学生に対して、良質な算数教育を提供する革新的な民間企業の製品・技術の活用が期待される。 また、児童のみならず、教員の算数能力にも課題があることも 多く授業の質の低下につながっており、教員に対する算数教材や、 指導法のビデオ教材なども考えられる。 加えて、山間部などの遠隔地と都市部の教育格差も課題であり、 距離を超えて学べる電子教材(オフラインや通信環境が悪くても稼働するものが望ましい)なども課題解決に貢献が期待される。 ■活用が想定される製品・技術・ノウハウ ・アダプティブラーニング(適応学習)の技術を活用した電子学習教材 ・クラウド型学習システム ・オフライン型電子学習教材や、高度圧縮技術による授業動画配信など
関係機関

教育スポーツ省、国立大学教育学部

想定エリア

ビエンチャン、チャンパサック県、ルアンパバーン県、サワンナケート県

アセアン自動車コンサルタント
英語 翻訳・通訳
ファンドマネージャー
バイヤー
経営者
コンサルタント
IT企業経営
コンサルタント
コンサルタント
マーケティング

Eラーニングコンテンツの開発・普及など

バングラデシュ人民共和国

【初等教育】 初等教育の純就学率は 60.5%(1990 年)から約 98.0%(2016年)まで改善している。一方で第 5 学年までの初等教育修了率は52.1%(2005 年)から約 80%(2016 年)と改善が見られるものの(MDG の目標であった)100%には遠い(いずれの統計も、2017年、バングラデシュ政府による)。 また、5 年生を対象とした全国学力調査では、当該学年で身につけておくべき水準の学力を有する児童が、算数では 10%、国語(ベンガル語)では 23%(いずれも 2015 年、バングラデシュ政府)に留まるなど、学習到達度をはじめとする質的側面に関しては依然として多くの課題が残されている。このような現状を踏まえ、バングラデシュ政府が実施する初等教育開発プログラム(PEDP)においても、教育の質の向上が重点課題の一つとなっている。 【技術教育】 技術教育では産業多角化を支える中堅技術者の育成を目指しているが、就職を希望する卒業生が職に就けていない例が多い。また、教員の多くは実践的な技術教育の経験がなく、産業界のニーズに対応した教育を行う仕組が欠けている。 活用が想定される製品・技術・ノウハウ 【初等教育】 バングラデシュの教育セクターでは NGO などの多様なアクターが教育機会の提供を行っている現状を踏まえ、教育の質の改善や、産業界(企業など)が求める分野(IT 及び日本語教育など)でのノンフォーマル教育などの事業展開。 【技術教育】 バングラデシュにおいて技術教育を担う専門学校(ポリテクニック)において、関連実習資機材の提供や、産業界が求める分野で共同実習の場を企業が提供することによる、実践的な技術者養成に資する仕組み。例えば、以下のような事業が考えられる。 ・動画ソフト等を利用した日本式実習導入に向けた、e ラーニングコンテンツの開発・普及 ・日系製造業企業のもつ機械・電気電子の部品製造技術やマーケットの大きい自動車産業などにおける生産技術を、インターンシップや共同実習等を通じて、ポリテクニックに移転し中堅技術者を養成すると同時に、企業側に必要な技術者を確保するといった仕組み。 ・基礎的で安価な実習機器を現地生産して全国のポリテクニックに導入。 なお、当国就学前・初等教育では援助協調が進んでおり初等・大衆教育省と援助機関で上記 PEDP(5 カ年)を策定しているため、公教育を対象とする場合、当国の医療保健セクターでは援助協調が進んでおり公的医療機関を対象とする場合、この援助協調の枠組みも考慮しつつ事業を展開することが望ましいと言える。
関係機関

教育省、初等・大衆教育省、教育省技術教育総局

想定エリア

バングラデシュ全土

経営者
英語 翻訳・通訳
マーケティング
越境ECコンサルタント
広告代理店

ICT分野でのサービス開発と人材育成

ザンビア共和国

ザンビアの「第7次国家開発計画(2017-2021)」では、鉱工業への過度な依存からの脱却が大目標に掲げられており、農業を「産業の多角化と経済成長、そして貧困削減を達成するために不可欠なセクター 」と位置づけ、「多様化した、輸出志向型の農業」を 目標としている。 情報通信関連(ICT 分野)において、携帯電話の普及率は 75%と高いが、インターネットの普及率は 20%未満で、特に、地方では 5%前後と言われている。一方、一人当たり GDP(現在約 1,170 USD /年)は、2010 年以降平均 3-5%で成長しており、国民の所得向上 と一般的に正の相関がある携帯電話やインターネットの普及率は 安定して増加することが見込まれる。なお、現在は MTN(南アフ リカ系)、Airtel(インド系)、Zamtel(ザンビア系)の 3 社が 通話および通信サービスを提供しており、2016 年後半から Vodafoneが通信サービス限定で参入した。光通信基盤については、 Zamtel、国営電力会社の ZESCO、民間企業の Liquid Telecom が提 供している。Liquid Telecom は南部アフリカ地域全域をカバーす るプロバイダーとして衛星通信、海底ネットワークケーブルの整 備も進めている。 ザンビアは内陸国であることから、経済全体の効率化に向けた情報通信システムの導入が必要であると同時に、インフラ整備の一 環として安定した通信サービスの提供が望まれている。しかしながら、上述のとおり需要側は安定して増加する見込みだが、サプ ライ側の課題として、国内のソフトウェア開発やサービスに関する技術要員の育成の遅れが挙げられる。 他方、若年識字率は 89% であり、英語が公用語であることは、技術習得には追い風である。 ICT 産業による若者や女性の雇用増加への期待もあり、情報通信関連事業のノウハウや技術を持つ企業・団体の参入が求められて いる。 開発課題: (1) 国内製造業及び農業の活性化のための生産性の向上及び生産の安定化 (2) 経済活動活性化のための物理的インフラの改善 ■活用が想定される製 品・技術・ノウハウ ザンビアは、比較的政治が安定しており、共通語が英語であるこ と、地震などの自然災害のリスクが少ないことを利点として、 ・情報通信のソフトウェア技術やノウハウ ・情報通信技術者の養成・訓練 ・ソフトウェアおよびサービスメニューの開発 ・E-learning、海外向けコールセンターの設置 など
関係機関

Zambia Information & Communications Technology Authority、Ministry of Transport and Communication

想定エリア

ルサカ州

マーケティング
経営者
広告代理店
コンサルタント
英語 翻訳・通訳
越境ECコンサルタント