Next Market
該当数
43

自動車関連サービスの質、中古部品の品質を向上させたい

カンボジア王国

カンボジアは、経済成長によって自動車登録台数が急増しており、点検・修理サービスへの需要と自動車リサイクルの重要性が高まっている。しかし、国内の 一般の自動車点検修理業者の技術力は低く、国内に自動車リサイクルの仕組みはまだ確立されていない。カンボジアでは、今後も自動車登録台数が増加すること、部品需要も増大することが見通せること等から、点検、整備、リサイクル技術に関す る人材育成が必要と考えられる。この分野のニーズは、「市場ニーズに合致し た知識と修理技術の習得」と、「職業訓練校の教員の教案開発能力や研修指導の能力の強化」である。 自動車には電子制御技術が用いられていることから、その故障の検知・整備、診断には スキャンツール(故障診断器)が必要不可欠な装備の一つである。しかし、カンボジアに進出している日系企業によれば、同国でスキャンツールを活用できる自動車整備事業者は限られているということである。このため、スキャンツールの適用可能性とその効果を案件化調査と普及・実証事業を実施することが考えられる。 また、日本では、自動車のリサイクル率は 90%を達成し、中古部品・リビルト部品の商品化技術と、関連技術を習得した人材を育成する仕組みも確立している。従って、中古部品再生技術を習得するための教育訓練モジュールの活用を想定して、案件化調査、普及・実証事業、開発途上国の社会・経済開発のための民間技術普及促進事業の活用を検討することが考えられる。 カンボジアの自動車市場の発展を考慮すると、スキャンツールを活用する自動車点検整 備、廃車処理、中古部品・リビルト部品を取り入れた部品のリサイクル・再生技術のそれぞれに関する人材育成は、新しいビジネスを創出することが期待され、産業開発の観点からも有望であると考えられる。
関係機関

労働職業訓練省

想定エリア

NPO経営
IT企業経営
医療コンサルタント
ファンドマネージャー
海外輸出、進出支援エキスパート
英語 翻訳・通訳
コンサルタント
元メーカー兼商社(海外事業部勤務)、現在日系コンサル会社勤務
広告代理店
バイヤー

高栄養価作物の栽培技術や食品加工技術などを導入して栄養不良を改善したい

セネガル共和国

栄養不良:サブサハラ・アフリカにおける栄養不良問題は、持 続的開発を図る上で依然大きな課題であり、その取組の更なる 強化は喫緊の課題である。近年、Scaling Up Nutrition、REACH のような栄養に関する国際的プラットフォームが形成され、各 種国連機関、二国間ドナーにより、保健、農業、民間セクター 等の枠を超えた取組みの活性化が図られているが、現場レベル での活動はまだ十分ではないと考えられる。 ■活用が想定される製 品・技術・ノウハウ ・高栄養価作物の栽培技術(大豆等の豆類、葉菜・果菜・果実類等) ・小規模な動物性蛋白質生産技術(養鶏等の畜産・内水面養殖等の 水産技術) ・魚食普及に係るノウハウ ・簡易な食品加工およびポストハーベスト技術(伝統食品を活用した加工食品、乾燥・ 燻製技術、発酵技術等) ・簡易な流通ノウハウ・地方部でも導 入可能な保存・保管や梱包に係る製品・技術(維持管理の容易な 冷蔵庫・冷凍車) ・多品目摂取に向けた啓発に活用可能な製品・ ノウハウ
関係機関

農業省(畜産、水産含む)、保健省、教育省、水・衛生関連省庁、その他栄養に関する省庁

想定エリア

セネガル全土

越境ECコンサルタント
経営者
元メーカー兼商社(海外事業部勤務)、現在日系コンサル会社勤務
広告代理店
マーケティング
フリーランス(語学講師)
英語 翻訳・通訳
起業家

電気自動車を導入して都市部の大気汚染を改善したい

フィリピン共和国

都市部における大気汚染や水質汚染など、環境汚染問題は経済発展とともに大きくなっているが、経済発展を優先する中で立ち遅 れている部分である。よって、環境負担の小さな乗り物、環境負担の小さい資材を用いた建築物等、環境負荷が小さな製品や技術に対する需要は大きい。 ■活用が想定される製品・技術・ノウハウ ・電気自動車
想定される技術・製品
関係機関

環境省、公共事業道路省、DPWH、DENR

想定エリア

マニラ、セブ、都市部

コンサルタント
IT企業経営
英語 翻訳・通訳
広告代理店
バイヤー
マーケティング
ファンドマネージャー
海外輸出、進出支援エキスパート
コンサルタント
元メーカー兼商社(海外事業部勤務)、現在日系コンサル会社勤務

高齢者や障害者の生活を補助する製品を導入して生活環境を改善したい

マレーシア

マレーシアについては、先進国入りに向けた均衡のとれた発展が 重要課題の一つとなっており、マレーシア政府が発表した第 11 次 マレーシア計画においても、高齢者の生活環境の改善や障害者への支援の必要性が挙げられている。 マレーシアにおける高齢者の総人口比は、2020 年までに 10%に達 する見込みであり、こうした状況を受け、高齢者向け介護施設の 増加や介護サービスの強化、高齢者の自立的生活支援が計画され ている。また、障害者への支援に関しても、障害者の社会参加を さらに促すことが目標とされており、こうした流れの中で、高齢者あるいは障害者用の生活補助用製品への需要が高まりつつあ る。 こうした製品については、マレーシアで入手可能なものも多いも のの、車椅子や補装具の技術は非常に低く、特にカスタムメイ ドのものを希望する人には注文できるところは存在しないほ か、機能性に改善の余地があったり、入手可能な製品の選択肢が 限られたりしており、増加かつ多様化しつつあるニーズに応え切 れていない現状がある。 ■活用が想定される製 品・技術・ノウハウ ・三輪歩行車(施設内や近所での移動の他、自宅及び敷地内移 動にも使用できるものや折りたたんで収納、座ることが可能な ものなどへのニーズが想定できる。) ・移乗車椅子(特に医療/介護施設内での移動におけるニーズ が想定できる。) ・リクライニングベッド(特に家庭用について、今後普及の余 地があると想定できる。) ・福祉車両(現状入手可能な商用車の他、一般車でのニーズも 想定できる。) ・点字ディスプレイ
関係機関

保健省、女性・家族・地域開発省社会福祉局

想定エリア

マレーシア全土

マーケティング
コンサルタント
多言語PRツール制作
コンサルタント
ファンドマネージャー
IT企業経営
海外輸出、進出支援エキスパート
経営者
英語 翻訳・通訳
越境ECコンサルタント

環境に優しくコストを抑えた廃棄物管理

マーシャル諸島共和国

太平洋島嶼国の多くで共通の課題は生活の近代化の中で増えてき た廃棄物をどう適切に管理していくかである。特に環礁低地の小島嶼国においては、最終処分場の候補地、適格地を見つけ利用可能にするだけでも信じがたいほどの手間暇がかかる。また、ある 程度の人口規模がある国であれば、国内でリユースやリサイクル が可能なものも、小規模島嶼国では、破砕処理等をしても、そこから輸出するのも規模が小さく困難である。そのため、環境に負荷をかけずに、コスト負担できるだけ抑えた、廃棄物管理の方法が必要となってくる。 ■活用が想定される製品・技術・ノウハウ ・ガラス破砕機、タイヤ・シュレッダー、木材用シュレッダー、プラスチック処理、車両のリサイクルのための分別、家電等の分別、小規模コンポスター、e-waste の処理、小型焼却炉、排気処理システム
関係機関

公共公益事業・インフラ省、マジュロ環礁政府、クワジェリン環礁政府、マジュロ環礁廃棄物管理公社

想定エリア

マジュロ、イバイ

広告代理店
越境ECコンサルタント
元メーカー兼商社(海外事業部勤務)、現在日系コンサル会社勤務
経営者
英語 翻訳・通訳
マーケティング

貧困地域に浄化システムを導入して安全な水を安価に供給したい

ジンバブエ共和国

首都ハラレ市近郊のチトゥンギザ市では浄水場がないため、ハラレ市から水を調達している。他方、ハラレ市でも水の供給が不足しており、かつチトゥンギザ市へ上水を供給しているもののその代金が支払われておらず係争案件化している。ハラレ市及びチトゥンギザ市の一般的家庭は市水・井戸水を使用しているものの、断水が恒常化しており、貧困地域では衛生的な水のアクセスがなされていないため、特に雨季にはコレラ、腸チフスなどが定期的に発生している。貧困地域への給水は Minister of Environment,Water and Climate が担当しているが、実際の支援はなされていないため、各住民は浅井戸を掘り、生活用水としている。ただし、ほとんどの浅井戸は生活用水としての基準を満たしていない。 ■活用が想定される製品・技術・ノウハウ ハラレ首都圏人口集中地区での安全な水を安価に供給できる浄化技術。浄水場への技術供給よりも、貧困地域へのスポット的な安全な水への浄化システムが喫緊の課題。バングラディッシュが実施されている自転車浄水システムや納豆菌浄化システムなどが類似ビジネスとして可能性があるものと思料。 極度な財政難であるため、中央政府並びに地方政府の財政支援は想定できない。コレラでの死亡者も毎年出ている状況を考え見ると、住民からの一定の需要はあると思われる。また、NGO との連携による実施の可能性も考えられる。
想定される技術・製品
関係機関

Harare、Zimbabwe、Minister

想定エリア

ハラレ市、ハラレ市近郊

コンサルタント
元メーカー兼商社(海外事業部勤務)、現在日系コンサル会社勤務
経営者
広告代理店
越境ECコンサルタント
英語 翻訳・通訳
マーケティング

高栄養価作物の栽培技術や食品加工技術などを導入して栄養不良を改善したい

マダガスカル共和国

栄養不良:サブサハラ・アフリカにおける栄養不良問題は、持 続的開発を図る上で依然大きな課題であり、その取組の更なる 強化は喫緊の課題である。近年、Scaling Up Nutrition、REACH のような栄養に関する国際的プラットフォームが形成され、各 種国連機関、二国間ドナーにより、保健、農業、民間セクター 等の枠を超えた取組みの活性化が図られているが、現場レベル での活動はまだ十分ではないと考えられる。 ■活用が想定される製 品・技術・ノウハウ ・高栄養価作物の栽培技術(大豆等の豆類、葉菜・果菜・果実類等) ・小規模な動物性蛋白質生産技術(養鶏等の畜産・内水面養殖等の 水産技術) ・魚食普及に係るノウハウ ・簡易な食品加工およびポストハーベスト技術(伝統食品を活用した加工食品、乾燥・ 燻製技術、発酵技術等) ・簡易な流通ノウハウ・地方部でも導 入可能な保存・保管や梱包に係る製品・技術(維持管理の容易な 冷蔵庫・冷凍車) ・多品目摂取に向けた啓発に活用可能な製品・ ノウハウ
関係機関

農業省(畜産、水産含む)、保健省、教育省、水・衛生関連省庁、その他栄養に関する省庁

想定エリア

マダガスカル全土

経営者
越境ECコンサルタント
マーケティング
広告代理店
コンサルタント
元メーカー兼商社(海外事業部勤務)、現在日系コンサル会社勤務
英語 翻訳・通訳

電力の安定供給を目指す・省エネ技術導入や再生可能エネルギーの推進など

バングラデシュ人民共和国

近年の経済発展に伴う電力需要の増大に対し、バングラデシュの電化率は 77%程度と低く、また、ピーク時電力供給は電化地域の需要の約 8 割しか満たしていない。周波数や電圧の不安定さ、また電力設備の劣化など、電力の安定供給が課題となっている。オングリッドでは配電容量の増加・ネットワークの強化、オフグリッドでは無電化地域での SHS(太陽光発電システム)などの導入が課題で、供給面のみならず、省エネ推進等を含む需要コントロールも大きな課題である。 一方、国内エネルギー供給の多くを依存していた国産天然ガスの供給不足の顕在化や国内炭鉱の開発の遅れ、更に開発に伴う環境への影響などが懸念されている。このため、代替電源・エネルギー源の開発、利用効率の改善、電力の質向上等を要す。環境への配慮も重要。 また、都市部では、車両の急激な増加等による慢性的な交通渋滞が多大な経済損失をもたらしていると同時に、大気汚染などの環境問題も深刻である。 ■活用が想定される製品・技術・ノウハウ ・新規の電源・エネルギー源(再生可能エネルギーなど) ・省エネ技術全般(例:ピーク需要を抑制する効果のある蓄電池、デマンドレスポンス(DR)関連技術など) ・配電容量の増加、ネットワークの強化に資するもの(オングリッド) ・渋滞緩和に資する仕組み ・排ガス処理、大気汚染改善、他
関係機関

電力・エネルギー鉱物資源省、環境省

想定エリア

バングラデシュ全土

元メーカー兼商社(海外事業部勤務)、現在日系コンサル会社勤務
マーケティング
英語 翻訳・通訳
広告代理店
経営者
越境ECコンサルタント

リハビリ患者の社会復帰と高齢者を支えるリハビリ・介護ケア用品の導入

ベトナム社会主義共和国

ベトナムは、2016 年に 65 歳以上の人口が 7%を超え、高齢化社 会の仲間入りをした。さらにわずか 15 年で、高齢社会(65 歳以 上 14%超)へ突入するとも言われている。また、食生活の変化等 から、高齢者に限らず幅広い世代での慢性疾患患者が急増してお り、保健財政への圧迫に加え、中長期的に患者をケアする家族の 負荷も増加している。政府は、こうした急激な社会構造の変化へ の対策の必要性は認識しているものの、具体的な政策実行に着手 できているとはいいがたい。介護福祉施設や介護士は殆ど存在し ておらず、リハビリを行う理学療法士、作業療法士等の知識や技 術力、および治療に有効とされるリハビリ機器も不足している。 以上を踏まえ、リハビリ患者の社会復帰、高齢者ケア、およびそれらを支える医療従事者や家族の負荷軽減を図る製品や技術のニ ーズが高まっていくことが予測される。 ■活用が想定される製品・技術・ノウハウ 【高齢者ケア】 ・介護ケア用品(食事介助関連用品、歩行器、排泄関連等) 【リハビリ関連】 ・義肢・義手補装具、車いす、歩行補助具、その他リハビリ補助機器等
関係機関

保健省(MOH)、人口家族サービス総局、医療サービス管理局、リハビリ病院、リハビリ科、老人病院、社会保護局、ベトナム高齢者協会(VAE)

想定エリア

ハノイ、ダナン、ホーチミン

越境ECコンサルタント
元メーカー兼商社(海外事業部勤務)、現在日系コンサル会社勤務
元商社
経営者
コンサルタント
多言語PRツール制作
コンサルタント
コンサルタント
経営者
IT経営者

Eラーニングコンテンツの開発・普及など

バングラデシュ人民共和国

【初等教育】 初等教育の純就学率は 60.5%(1990 年)から約 98.0%(2016年)まで改善している。一方で第 5 学年までの初等教育修了率は52.1%(2005 年)から約 80%(2016 年)と改善が見られるものの(MDG の目標であった)100%には遠い(いずれの統計も、2017年、バングラデシュ政府による)。 また、5 年生を対象とした全国学力調査では、当該学年で身につけておくべき水準の学力を有する児童が、算数では 10%、国語(ベンガル語)では 23%(いずれも 2015 年、バングラデシュ政府)に留まるなど、学習到達度をはじめとする質的側面に関しては依然として多くの課題が残されている。このような現状を踏まえ、バングラデシュ政府が実施する初等教育開発プログラム(PEDP)においても、教育の質の向上が重点課題の一つとなっている。 【技術教育】 技術教育では産業多角化を支える中堅技術者の育成を目指しているが、就職を希望する卒業生が職に就けていない例が多い。また、教員の多くは実践的な技術教育の経験がなく、産業界のニーズに対応した教育を行う仕組が欠けている。 活用が想定される製品・技術・ノウハウ 【初等教育】 バングラデシュの教育セクターでは NGO などの多様なアクターが教育機会の提供を行っている現状を踏まえ、教育の質の改善や、産業界(企業など)が求める分野(IT 及び日本語教育など)でのノンフォーマル教育などの事業展開。 【技術教育】 バングラデシュにおいて技術教育を担う専門学校(ポリテクニック)において、関連実習資機材の提供や、産業界が求める分野で共同実習の場を企業が提供することによる、実践的な技術者養成に資する仕組み。例えば、以下のような事業が考えられる。 ・動画ソフト等を利用した日本式実習導入に向けた、e ラーニングコンテンツの開発・普及 ・日系製造業企業のもつ機械・電気電子の部品製造技術やマーケットの大きい自動車産業などにおける生産技術を、インターンシップや共同実習等を通じて、ポリテクニックに移転し中堅技術者を養成すると同時に、企業側に必要な技術者を確保するといった仕組み。 ・基礎的で安価な実習機器を現地生産して全国のポリテクニックに導入。 なお、当国就学前・初等教育では援助協調が進んでおり初等・大衆教育省と援助機関で上記 PEDP(5 カ年)を策定しているため、公教育を対象とする場合、当国の医療保健セクターでは援助協調が進んでおり公的医療機関を対象とする場合、この援助協調の枠組みも考慮しつつ事業を展開することが望ましいと言える。
関係機関

教育省、初等・大衆教育省、教育省技術教育総局

想定エリア

バングラデシュ全土

広告代理店
越境ECコンサルタント
元メーカー兼商社(海外事業部勤務)、現在日系コンサル会社勤務
英語 翻訳・通訳
マーケティング
経営者