Next Market
該当数
43

14業種において、本邦での就労後に自国で貢献できる人材を育成したい

ネパール連邦民主共和国

ネパールの GDP 構成は、約 30%を占める農業セクターに大きく依存し、製造業が低迷しており、経済成長を牽引する有望な産業 が育っていない。また、外国直接投資(FDI)の対 GDP 比も 0.5% (2016 年)と南アジア諸国の中では最低レベルとなっているが、 政府は最貧国を脱却し、持続的な経済成長を実現するためには FDI の増加を重要課題とし、累計外国直接投資残高の対 GDP 比率 についても現状 3.1%(2016 年)から 20%(2030 年)に引き上 げることを目標としている。加えて、都市部における若年層の失業率が高い傾向にあり、民間セクター開発部門については国内での十分な雇用機会創出が課題となっている。 日本は、2018 年 12 月に出入国管理法を改正し、2019 年 4 月から 外国人労働者の受入れを拡大することを決定した。当面は、14 業 種に従事する外国人を在留資格「特定技能 1 号」によりネパール を含む 9 か国から受け入れることとしており、これらの 14 業種 において、ネパール人が日本で就労できる技術をネパール国内で習得し、本邦での就労でそれを高め、ネパール帰国後にその技術を活用して自国の経済や社会の発展に貢献できる一連の仕組みが 求められる。 ■活用が想定される製 品・技術・ノウハウ 1. 在留資格「特定技能 1 号」の対象となる下記 14 業種に関する 技術及び職業訓練におけるノウハウ ① 介護業 ② ビルクリーニング業 ③ 素形材産業 ④ 産業機械製造業 ⑤ 電気・電子情報関連産業 ⑥ 建設業 ⑦ 造船・舶用工業(※) ⑧ 自動車整備業 ⑨ 航空業 ⑩ 宿泊業 ⑪ 農業 ⑫ 漁業(※) ⑬ 飲食料品製造業 ⑭ 外食業 (※) 造船・舶用工業及び漁業においては、下記の業務が想定されるこ とから、内陸国ネパールでもその技術の活用に可能性がある。 ・ 船舶・舶用工業:溶接、塗装、鉄鋼、仕上げ、機械加工、 電気機器組み立て ・ 漁業:漁業(漁具の製作・補修、水産動植物の探索、漁具・ 漁労機械の操作、水産、動植物の採捕、漁獲物の処理・保 蔵、安全衛生の確保等)及び養殖業(養殖資材の製作・補 修・管理、養殖水産動植物の育成管理・収獲(穫)・処理、 安全衛生の確保等) 2. 日本語教育
想定される技術・製品
関係機関

各業種における所管行政機関

想定エリア

ネパール全土

広告代理店
経営者
越境ECコンサルタント
マーケティング
元メーカー兼商社(海外事業部勤務)、現在日系コンサル会社勤務
英語 翻訳・通訳

高品質なバイオディーゼルを安定的に生産したい

タイ王国

タイでは大気汚染防止対策(特に PM2.5 対策)の一環として、ディーゼル車用燃料である軽油中のバイオディーゼル混合率を 7% から 20%に一部増量している。またバイオディーゼルの混合量増加により、燃料用パームの栽培農家支援、新ビジネス創出、雇用増加などの効果も期待される。一方で原材料の安定共有性などの面からバイオディーゼルの大規模生産は難しい状況がある。 ■活用が想定される製品・技術・ノウハウ ・大気環境改善に資する高品質バイオディーゼルの高濃度利用技術 (研究段階ではなく実用段階に達している必要がある)
想定される技術・製品
関係機関

想定エリア

タイ全土

IT企業経営
コンサルタント
中小企業診断士
バイヤー
多言語PRツール制作
越境ECコンサルタント
コンサルタント
マーケティング
ファンドマネージャー
アセアン自動車コンサルタント

道路補修技術・工法の導入

メキシコ合衆国

当国では、日系企業の進出が増加しており、2016 年 10 月時点で 1,100 社を超え、現在も増え続けている。特に自動車産業関連の日系企業が多く、 完成車や自動車部品の物流において、輸送中の貨物が破損するなどの問題 が発生している。それらの原因は、舗装の穴、破損、沈下など舗装状況が よくないこと、トぺと呼ばれる速度制限を抑制する凸起 があることなど があげられる。また、幹線道路のインターチェンジでは、道路管理者毎に 管轄する車道が異なる場合があり、舗装の材質の違いや舗装間に段差が生 じるケースもある。 舗装道路率は、全道路の半分未満の約 40%であり、先進国・中進国の 中でも舗装率が低いと言える(日本 80.1%、中国 53.5%)。 また、当国では、クラック等といった軽微な損傷が、線状・亀甲状のひ び割れや舗装剥離、路面沈下等といった甚大な損傷になるまで放置され続 け、その結果、大規模な改修工事が頻繁かつ長期にわたり複数個所で実施 されている。道路工事に起因する道路渋滞の改善要望が高く、これまでの 事後保全の維持管理から予防保全への維持管理へのシフトや工事期間の短縮等を実現する補修技術・工法の導入が求められている。メンテナンス サイクルを効率的・効果的に循環していく新技術・仕組みづくりが課題となっている。 なお、ケレタロ州道路委員会にて現地調査が行われている。 ■活用が想定される製 品・技術・ノウハウ ・スマートフォンを活用した道路の IRI の計測技術 ・橋梁など構造物の非破壊検査、試験技術 ・内部鉄筋の腐蝕度測定、コンクリート強度試験技術 ・構造物診断技術 ・路面下空洞非破壊検査技術 ・舗装材料のリサイクル技術(経済性、環境配慮、施工期間短縮) ・舗装及び舗装補修材料の新技術 ・メンテナンスの低減技術及び製品
関係機関

通信運輸省道路保全総局、Dirección、ケレタロ州道、Comisión、メキシコ運輸研究所、Instituto

想定エリア

メキシコ全土

越境ECコンサルタント
広告代理店
経営者
マーケティング
英語 翻訳・通訳
元メーカー兼商社(海外事業部勤務)、現在日系コンサル会社勤務

慢性的な交通渋滞するための技術・製品

メキシコ合衆国

メキシコ市は慢性的な交通渋滞に悩まされており、2016 年の TomTom 調査では、信号を通過する平均時間が非渋滞時の通過時間よりも 66%増 と示している(午前ピーク時 96%増、午後ピーク時 101%増)。また、 2017 年の INRIX 調査によるとメキシコ市の自動車通勤の週平均時間は、 58 時間と示され、世界 1,360 都市中ワースト 16 位となっている。 メキシコ市は対策として、地下鉄やメトロバス等の公共交通機関、シェ ア自転車等の代替交通手段の拡充を図っているが大きな成果は現れてい ない。 メキシコ国内の他主要都市でも交通渋滞が深刻化しており、INRIX 調査 によると自動車通勤の週平均時間は、グアダラハラ市 32 時間、モンテレ イ市 30 時間、トューラ市 28 時間、グアナファト市 27 時間、プエブラ市 25 時間、ケレタロ市 23 時間とされ、以上より、当国主要都市における交 通渋滞緩和に資する技術・製品の導入が求められている。 ■活用が想定される製 品・技術・ノウハウ ・高度交通信号制御システム ・交通渋滞を緩和する技術・製品
関係機関

メキシコ運輸研究所、メキシコ市交通省、Secretaría、Instituto

想定エリア

メキシコ市、ハリスコ州グアダラハラ市、ヌエボ・レオン州モンテレイ市、イダルゴ州トューラ市、グアナファト州グアナファト市、プエブラ州プエ、ケレタロ州ケレタロ市

越境ECコンサルタント
英語 翻訳・通訳
マーケティング
広告代理店
経営者
元メーカー兼商社(海外事業部勤務)、現在日系コンサル会社勤務

農産物の加工、保存、輸送技術を向上させ、小規模農家の農業生産と収入を向上させたい

コソボ共和国

コソボは,旧ユーゴで最も開発が遅れた地域であり,旧ユーゴ 及びセルビアからの援助に依存していたため,自立的な経済構造を有していない。主要産業の農業は、小規模な家族経営が大半となっている。 ⚪︎農産物の加工、保存、輸送技術 栽培技術や加工技術の未成熟・ローテク、商品化・ブランド化 戦略の欠如(ナレッジ・機材不足)、ポスト・ハーベスト・センターの未発達等、食品生産・加工・流通までのフードバリューチェーンが整備されていない。 ⚪︎小規模農家の農業生産と収入の向上 生産者である農家は小規模で、金融サービス(天候インデックス保険、マイクロクレジット等)とマーケット情報へのアクセスが限定的となっている。結果として、生産規模の拡大、生産効率の向上が未発達となっている。 ■活用が想定される製品・技術・ノウハウ 簡易な流通ノウハウ・地方部でも導入可能な保存・保管や梱包に係る製品・技術(維持管理の容易な冷蔵庫・冷凍車)、品質管理及び供給・販売体制(グループ経営)にかかるノウハウ
関係機関

地方自治体、農業農村開発省

想定エリア

コソボ全土

広告代理店
経営者
英語 翻訳・通訳
マーケティング
元メーカー兼商社(海外事業部勤務)、現在日系コンサル会社勤務
マーケティング
越境ECコンサルタント

高栄養価作物の栽培技術や食品加工技術などを導入して栄養不良を改善したい

ブルキナファソ

栄養不良:サブサハラ・アフリカにおける栄養不良問題は、持 続的開発を図る上で依然大きな課題であり、その取組の更なる 強化は喫緊の課題である。近年、Scaling Up Nutrition、REACH のような栄養に関する国際的プラットフォームが形成され、各 種国連機関、二国間ドナーにより、保健、農業、民間セクター 等の枠を超えた取組みの活性化が図られているが、現場レベル での活動はまだ十分ではないと考えられる。 ■活用が想定される製 品・技術・ノウハウ ・高栄養価作物の栽培技術(大豆等の豆類、葉菜・果菜・果実類等) ・小規模な動物性蛋白質生産技術(養鶏等の畜産・内水面養殖等の 水産技術) ・魚食普及に係るノウハウ ・簡易な食品加工およびポストハーベスト技術(伝統食品を活用した加工食品、乾燥・ 燻製技術、発酵技術等) ・簡易な流通ノウハウ・地方部でも導 入可能な保存・保管や梱包に係る製品・技術(維持管理の容易な 冷蔵庫・冷凍車) ・多品目摂取に向けた啓発に活用可能な製品・ ノウハウ
関係機関

保健省、教育省、水・衛生関連省庁、農業省(畜産、水産含む)、その他栄養に関する省庁

想定エリア

ブルキナファソ全土

越境ECコンサルタント
広告代理店
経営者
起業家
元メーカー兼商社(海外事業部勤務)、現在日系コンサル会社勤務
英語 翻訳・通訳
マーケティング
フリーランス(語学講師)

高栄養価作物の栽培技術や食品加工技術などを導入して栄養不良を改善したい

マダガスカル共和国

栄養不良:サブサハラ・アフリカにおける栄養不良問題は、持 続的開発を図る上で依然大きな課題であり、その取組の更なる 強化は喫緊の課題である。近年、Scaling Up Nutrition、REACH のような栄養に関する国際的プラットフォームが形成され、各 種国連機関、二国間ドナーにより、保健、農業、民間セクター 等の枠を超えた取組みの活性化が図られているが、現場レベル での活動はまだ十分ではないと考えられる。 ■活用が想定される製 品・技術・ノウハウ ・高栄養価作物の栽培技術(大豆等の豆類、葉菜・果菜・果実類等) ・小規模な動物性蛋白質生産技術(養鶏等の畜産・内水面養殖等の 水産技術) ・魚食普及に係るノウハウ ・簡易な食品加工およびポストハーベスト技術(伝統食品を活用した加工食品、乾燥・ 燻製技術、発酵技術等) ・簡易な流通ノウハウ・地方部でも導 入可能な保存・保管や梱包に係る製品・技術(維持管理の容易な 冷蔵庫・冷凍車) ・多品目摂取に向けた啓発に活用可能な製品・ ノウハウ
関係機関

農業省(畜産、水産含む)、保健省、教育省、水・衛生関連省庁、その他栄養に関する省庁

想定エリア

マダガスカル全土

経営者
越境ECコンサルタント
マーケティング
元メーカー兼商社(海外事業部勤務)、現在日系コンサル会社勤務
広告代理店
英語 翻訳・通訳
コンサルタント

自動車関連サービスの質、中古部品の品質を向上させたい

カンボジア王国

カンボジアは、経済成長によって自動車登録台数が急増しており、点検・修理サービスへの需要と自動車リサイクルの重要性が高まっている。しかし、国内の 一般の自動車点検修理業者の技術力は低く、国内に自動車リサイクルの仕組みはまだ確立されていない。カンボジアでは、今後も自動車登録台数が増加すること、部品需要も増大することが見通せること等から、点検、整備、リサイクル技術に関す る人材育成が必要と考えられる。この分野のニーズは、「市場ニーズに合致し た知識と修理技術の習得」と、「職業訓練校の教員の教案開発能力や研修指導の能力の強化」である。 自動車には電子制御技術が用いられていることから、その故障の検知・整備、診断には スキャンツール(故障診断器)が必要不可欠な装備の一つである。しかし、カンボジアに進出している日系企業によれば、同国でスキャンツールを活用できる自動車整備事業者は限られているということである。このため、スキャンツールの適用可能性とその効果を案件化調査と普及・実証事業を実施することが考えられる。 また、日本では、自動車のリサイクル率は 90%を達成し、中古部品・リビルト部品の商品化技術と、関連技術を習得した人材を育成する仕組みも確立している。従って、中古部品再生技術を習得するための教育訓練モジュールの活用を想定して、案件化調査、普及・実証事業、開発途上国の社会・経済開発のための民間技術普及促進事業の活用を検討することが考えられる。 カンボジアの自動車市場の発展を考慮すると、スキャンツールを活用する自動車点検整 備、廃車処理、中古部品・リビルト部品を取り入れた部品のリサイクル・再生技術のそれぞれに関する人材育成は、新しいビジネスを創出することが期待され、産業開発の観点からも有望であると考えられる。
関係機関

労働職業訓練省

想定エリア

越境ECコンサルタント
医療コンサルタント
多言語PRツール制作
コンサルタント
ファンドマネージャー
コンサルタント
経営者
NPO経営
英語 翻訳・通訳
元メーカー兼商社(海外事業部勤務)、現在日系コンサル会社勤務

廃棄物の回収→選別→ リサイクル原料化→国外への輸出・国内での再利用のシステム導入

ソロモン諸島

【環境保全】 オセアニア島嶼国では、青い空と海、白い砂浜に代表される「楽園」イメージとは裏腹に、その狭小性・隔絶性・遠隔性によって 多くの人が開発の恩恵を受けられないでいる。ソロモンでは急速 な人口増加や人々の生活スタイルの変化に伴い、廃棄物の種類・ 量が急増しており、小島嶼国において深刻な課題となっている。 なかでも一旦輸入された自動車、電気製品等の耐久消費財は有価 廃棄物として適切に処理されないまま最終処分場へ持ち込まれるか路上で放置されるケースが散見され、対応が急務となっている。 尚、国内には有価廃棄物の輸出(対マレーシア)を担う地元の民間リサイクル事業者が1社あるのみで、施設・技術不足や一定量 以上の廃棄物回収、高額な輸出コストによる経営難等の課題を抱えている。これらの問題を解決するため、廃棄物の回収→選別→ リサイクル原料化→国外への輸出や国内での再利用、にかかる一 連の処理システムの導入が求められている。 輸出貨物が一部の一次産品に限られるため、出港する貨物船はほぼ空船であり、この空船の利用により貨物全体の高額な料金が低下すれば、輸出入の活性化も期待できる。 ■活用が想定される製品・技術・ノウハウ ・廃棄物の回収、リサイクル原料化、国内での再利用において日本の技術をアピールすることができるもの。 ・大洋州地域内に広く同様のニーズがあるので、地域への展開が可能
関係機関

環境気候変動災害管理気象省

想定エリア

ホニアラ市

広告代理店
英語 翻訳・通訳
越境ECコンサルタント
経営者
元メーカー兼商社(海外事業部勤務)、現在日系コンサル会社勤務
マーケティング

貧困地域に浄化システムを導入して安全な水を安価に供給したい

ジンバブエ共和国

首都ハラレ市近郊のチトゥンギザ市では浄水場がないため、ハラレ市から水を調達している。他方、ハラレ市でも水の供給が不足しており、かつチトゥンギザ市へ上水を供給しているもののその代金が支払われておらず係争案件化している。ハラレ市及びチトゥンギザ市の一般的家庭は市水・井戸水を使用しているものの、断水が恒常化しており、貧困地域では衛生的な水のアクセスがなされていないため、特に雨季にはコレラ、腸チフスなどが定期的に発生している。貧困地域への給水は Minister of Environment,Water and Climate が担当しているが、実際の支援はなされていないため、各住民は浅井戸を掘り、生活用水としている。ただし、ほとんどの浅井戸は生活用水としての基準を満たしていない。 ■活用が想定される製品・技術・ノウハウ ハラレ首都圏人口集中地区での安全な水を安価に供給できる浄化技術。浄水場への技術供給よりも、貧困地域へのスポット的な安全な水への浄化システムが喫緊の課題。バングラディッシュが実施されている自転車浄水システムや納豆菌浄化システムなどが類似ビジネスとして可能性があるものと思料。 極度な財政難であるため、中央政府並びに地方政府の財政支援は想定できない。コレラでの死亡者も毎年出ている状況を考え見ると、住民からの一定の需要はあると思われる。また、NGO との連携による実施の可能性も考えられる。
想定される技術・製品
関係機関

Harare、Zimbabwe、Minister

想定エリア

ハラレ市、ハラレ市近郊

英語 翻訳・通訳
元メーカー兼商社(海外事業部勤務)、現在日系コンサル会社勤務
マーケティング
コンサルタント
広告代理店
経営者
越境ECコンサルタント