Next Market
該当数
115

高栄養価作物の栽培技術や食品加工技術などを導入して栄養不良を改善したい

ケニア共和国

栄養不良:サブサハラ・アフリカにおける栄養不良問題は、持 続的開発を図る上で依然大きな課題であり、その取組の更なる 強化は喫緊の課題である。近年、Scaling Up Nutrition、REACH のような栄養に関する国際的プラットフォームが形成され、各 種国連機関、二国間ドナーにより、保健、農業、民間セクター 等の枠を超えた取組みの活性化が図られているが、現場レベル での活動はまだ十分ではないと考えられる。 ■活用が想定される製 品・技術・ノウハウ ・高栄養価作物の栽培技術(大豆等の豆類、葉菜・果菜・果実類等) ・小規模な動物性蛋白質生産技術(養鶏等の畜産・内水面養殖等の 水産技術) ・魚食普及に係るノウハウ ・簡易な食品加工およびポストハーベスト技術(伝統食品を活用した加工食品、乾燥・ 燻製技術、発酵技術等) ・簡易な流通ノウハウ・地方部でも導 入可能な保存・保管や梱包に係る製品・技術(維持管理の容易な 冷蔵庫・冷凍車) ・多品目摂取に向けた啓発に活用可能な製品・ ノウハウ
関係機関

農業省(畜産、水産含む)、保健省、教育省、水・衛生関連省庁、その他栄養に関する省庁

想定エリア

ケニア全土

開発コンサルタント(中小企業診断士)
NPO法人 代表
広告代理店
マーケティング
医療系NGO
経営者
越境ECコンサルタント
英語 翻訳・通訳

学校給食を提供して子どもの栄養状態を改善したい

エチオピア連邦民主共和国

エチオピア政府は社会開発の中で教育に最も多くの予算を投入 しており、1997 年より累次の「教育セクター開発プログラム」を 策定・実施、これにより初等教育へのアクセスは粗就学率ベース で 97/98 年の約 42%から 14/15 年にはほぼ 100%まで向上してい る。一方、依然として残る貧困問題の中核に食料アクセスの脆弱 性があり、人々の生命と生活を脅かす大きな問題となっている。 都市部の急速な人口増加は、高い失業率と物価高騰、住宅の不 足等の深刻な問題を引き起こしており、食糧を入手できずに物乞 いに頼る者もいる。 最低食事水準を満たす子供の割合は、全国平均が7%、農村部が 1.6%であるのに対し都市部は19.8%と高い。子供の低栄養につい ては、サハラ以南アフリカでは早い速度で改善を進めてきた結果、 2016年に初めてWHOの定義する「非常に深刻」なレベル(5歳未満 児成長阻害率40%)を下回った。国家ターゲット値に到達するため には2016年~2020年の年平均減少率をさらに倍にする必要がある と報告されている(出典:EDHS/Ethiopia Demographic and Health Survey)。 こどもの貧血・亜鉛欠乏症においては、WHO/UNICEFが定める基 準によると公衆衛生上深刻なレベルにあるとされている。 特に都市部において栄養不足の子供が多数存在している現状の 解決策の一つとして学校給食が挙げられると考える。給食を提供 することで学校に通う子供たちが増え、彼らの栄養状態の改善が 図られる。子供たちの通学率が増加することは教育水準の向上にも寄与するものと考える。 ■活用が想定される製 品・技術・ノウハウ ・学校給食サービス
想定される技術・製品
関係機関

連邦保健省、Ministry of Health、アディスアベバ市保健局・教育局、連邦教育省(Ministry、Office、首相

想定エリア

アディスアベバ市

英語 翻訳・通訳
NPO法人 代表
越境ECコンサルタント
マーケティング
医療系NGO
経営者
広告代理店
開発コンサルタント(中小企業診断士)

農産物の多様化や農業生産者を対象とした金融サービスを導入して気候変動に対応したい

スリランカ民主社会主義共和国

スリランカは 2009 年の内戦終結以降比較的堅調な経済成長を遂げているが、 依然として総人口の 4.1%が貧困ライン以下の生活を送っており、 そのうちの 92.0%にあたる約 77 万人が農村開発部またはエステ ート(大規模農園)に居住している。スリランカの農業セクター の GDP に占める割合は 7.6%となっており、この割合は年々減少 傾向にあるが、全就労人口の 26%は農業に従事しており、その農地は国土面積の 65.1%を占めていることから、農業・農村開発は 同国の均衡のとれた社会経済発展及び貧困削減に不可欠である。 特に北部・東部地域を中心とした乾燥地域における農業生産性・ 収益性の向上により都市部を中心とした消費地への食糧供給の安定化・食糧輸入の削減が期待される。また、スリランカ政府は国 際市場の中で競争性のある農産物の輸出を促進していることから、将来的に農業の多角化、商業化に向けた開発ニーズが増大していくことが見込まれる。 こうした状況を踏まえ、気候変動対策は、今後のスリランカ農業の取り組みを考える上で重要な観点である。これまでスリランカでは突発的な気象現象による渇水や農業生産への被害が報告されており、気候変動に適応した農業生産や生計維持手段の必要性が高まっている。このような状況の中、スリ ランカ政府は ADB からの資金協力を得てマハヴェリ川流域の灌漑開発を進めている。灌漑開発や節水技術(渇水対策)による水資源の効率的利用推進以外の気候変動対応策として、地域の気 候・土壌条件に合った適正品種の選択・農産物多様化や、気候変動に脆弱な農業生産者を対象とした金融サービス(融資・保険制度)等の可能性が考えられる。 ■活用が想定される製品・技術・ノウハウ ・節水農業技術を含む渇水対策に関するノウハウ ・地域の気候・土壌条件に合った適正品種の選択・農産物多様化推進に関するノウハウ ・気候変動に脆弱な農業生産者を対象とした金融サービス(融資・保険制度)
関係機関

プランテーション産業省、マハヴェリ川開発・環境省、Ministry、Ministry、投資促進庁、Board、BoI

想定エリア

スリランカ全土

広告代理店
越境ECコンサルタント
英語 翻訳・通訳
マーケティング
経営者

農産物の付加価値を向上させて農業を多様化したい

マラウイ共和国

農業はマラウイの国内総生産(GDP)の約 28%、外貨収入の 80% 以上を占める基幹産業である。総労働人口の約 80%が農業セクタ ーに従事しているが、天水に依存した農業に従事しており、灌漑開発も進んでおらず農業生産性は低い。農業従事者の大部分を占 める小規模農家は、市場に対応した生産活動を行えておらず、そ の販売交渉力は極めて低いことから、依然低所得に留まっている。 マラウイにおける農業の産業化促進は、重点分野の一つとして掲 げられており、小規模農家の市場アクセス改善、農民組合の組織力強化、ビジネスマインドの醸成や一村一品への協力アセットを活かした農産物の付加価値向上を含む農業の多様化が、マラウイ における喫緊の課題である。 マラウイ産業省内の一村一品(OVOP)事務局については今後も、OVOP の普及員や地方の指導・普及員の育成を行っていく予定(OVOP 事務局は、付加価値局といった名前に最近変更)。OVOP事務局からマーケティング、販売、プロモーション等ビジネス部分を切り離したマルソユニオンが民間企業として設立されている。 ■活用が想定される製品・技術・ノウハウ ・高付加価値農作物の生産にかかるノウハウ ・品質管理及び供給・販売体制(グループ経営)にかかるノウハウ
関係機関

農業・灌漑・水開発省、産業省(一村一品)

想定エリア

マラウイ全土

マーケティング
コンサルタント
英語 翻訳・通訳
経営者
越境ECコンサルタント
広告代理店

農業用機械を導入して生産性を高めたい

ギニア共和国

JICA は 2008 年、TICAD IV の際にアフリカ稲作振興のための共同 体(CARD)を発足させ、サブサハラ・アフリカの食料安全保障 上課題となっているコメの需要増に対応した生産倍増に向けた取 り組みを他援助機関等と共に推進してきている。 コメの増産のためには、栽培面積を拡大させると共に、優良種子 の導入や肥料の利用、さらに農業機械化等により農業生産性を高 めることが重要である。加えて、輸入米に対抗する品質の国産米 を生産することが極めて重要であり、そのためにはコメの収穫後 処理を適切に行うことが不可欠である。 一方、農業機械、一定の性能を有した収穫後処理施設の普及はあ まり進んでおらず、各国で生産されるコメの生産性・品質向上の ためにはこれら機材・施設の普及が求められる。 中国製の農業機械が広まっている国もあるが、安価である一方で 品質に課題があり耐久性に問題があるとの指摘もなされている。 日本製農機の売り込みに際しては、品質面のアピールを行うと共 に、初期費用と更新/メンテナンス費用と機会逸失コストなどを トータルで提示することが必要。そのため、現地に応じたスペッ クの機材を提示し、オーバースペックの高価な機材の紹介となら ないように留意が必要。 収穫後処理施設についても、中国製の機材が広まっている。精米 業には零細レベルから大規模まで様々な規模の事業者がいるた め、どの規模の事業者をターゲットとするのかを明確にする必要 がある。 いずれについても機材購入のための金融サービスへのアクセスが 限られていることが課題であるため、金融サービスと合わせて提 示することが出来れば理想的である。 CARD 対象国のうち 5 ヶ国において農業機械化戦略を策定中/済。 アフリカにおける農業機械化は、「インフラシステム輸出戦略(平成29年度改訂版)」においても「優良種苗や農業機械導入等による農産物生産の拡大と生産コストの低下を進め」ているとしてアフリカ地域の「地域別取組方針」に記載されている。 ■活用が想定される製 品・技術・ノウハウ <耕運機、トラクター> 個々の農家は規模が小さく、農家が保有することは困難である ため、リーダー農家や農家組合、賃耕業者を対象とする。国に応 じ、土壌条件や一筆圃場の大きさ等に応じたスペックとすること が重要。耐久性を持つ農業機械が差別化のためには重要。 <精米機、石抜き機> 精米品質を高めるため、精米プラント一式を大規模精米事業者 に供給することが重要。特に割れ米や夾雑物の混入、異種の混入 等が品質向上の課題であり、これらに対応した精米機械の需要が 見込まれる。
想定される技術・製品
関係機関

農業省、産業省

想定エリア

コメ生産地、ギニア全土

英語 翻訳・通訳
経営者
マーケティング
越境ECコンサルタント
広告代理店
起業家
フリーランス(語学講師)

安全で良質な農畜産品の加工技術と品質管理・検査技術、輸送・流通のノウハウ

モンゴル国

モンゴルの農牧業は、鉱業に次いで GDP の約 14%を構成し、遊牧民を含む労働人口のおよそ 3 割を吸収する基幹産業である。製 造部門における製品別生産額においても、食肉・乳製品・飲料等 の食品加工、カシミア・ウール等の繊維製品加工の 2 分野が売上 総額の半分以上を占めている。モンゴルでは、食肉、乳製品、蜂 蜜、果実・野菜加工品、皮革、ウール、カシミア等様々な農畜産 品を製造・加工しており、輸出産品としての発展可能性も秘めて いる。しかしながら、そのバリューチェーンについては、類型ご とに個々に排他他的に存在している状況であり、バリューチェーン 全体として見た時に経済的な非効率性を生み出しているのと同時 に、価格や市場情報などの情報格差・不均衡を生み出す構造とな っている。また、生産~販売に至るバリューチェーンの各段階で、 消費者ニーズの欠如、集積メカニズムの不足、物流(集荷・貯蔵・ 輸送)の脆弱性、品質基準・規格の不徹底等の課題が根強く存在 しており、十分な競争力を発揮できていないのが現状である。 ■活用が想定される製品・技術・ノウハウ(*) ・安全かつ良質な農畜産品の加工技術(例:乳製品のクーリングシステム・粉ミルク製造等) ・安全かつ良質な農畜産品を市場に供給するための輸送・流通技術(集荷・貯蔵・輸送)、品質管理・検査技術
関係機関

食糧・農牧業・軽工業省、国家開発庁、各県農業局

想定エリア

モンゴル全土

マーケティング
広告代理店
経営者
越境ECコンサルタント
英語 翻訳・通訳

野蚕の栽培と加工技術

エチオピア連邦民主共和国

エチオピアの気候風土条件からして野蚕生産のポテンシャルは高いが、栽培・加工の技術は十分普及していない。 ■活用が想定される製品・技術・ノウハウ ・手織り道具、手紬道具、簡易撚糸機、織機の改善(木工) ・ニット製品製造技術 ・小型紡績機の導入活用
関係機関

Textile Industry Development Institute、Ministry of Livestock and Fisheries

想定エリア

アジスアベバ市

広告代理店
マーケティング
経営者
英語 翻訳・通訳
医療系NGO
越境ECコンサルタント
開発コンサルタント(中小企業診断士)
NPO法人 代表

農業用機械を導入して生産性を高めたい

カメルーン共和国

JICA は 2008 年、TICAD IV の際にアフリカ稲作振興のための共同 体(CARD)を発足させ、サブサハラ・アフリカの食料安全保障 上課題となっているコメの需要増に対応した生産倍増に向けた取 り組みを他援助機関等と共に推進してきている。 コメの増産のためには、栽培面積を拡大させると共に、優良種子 の導入や肥料の利用、さらに農業機械化等により農業生産性を高 めることが重要である。加えて、輸入米に対抗する品質の国産米 を生産することが極めて重要であり、そのためにはコメの収穫後 処理を適切に行うことが不可欠である。 一方、農業機械、一定の性能を有した収穫後処理施設の普及はあ まり進んでおらず、各国で生産されるコメの生産性・品質向上の ためにはこれら機材・施設の普及が求められる。 中国製の農業機械が広まっている国もあるが、安価である一方で 品質に課題があり耐久性に問題があるとの指摘もなされている。 日本製農機の売り込みに際しては、品質面のアピールを行うと共 に、初期費用と更新/メンテナンス費用と機会逸失コストなどを トータルで提示することが必要。そのため、現地に応じたスペッ クの機材を提示し、オーバースペックの高価な機材の紹介となら ないように留意が必要。 収穫後処理施設についても、中国製の機材が広まっている。精米 業には零細レベルから大規模まで様々な規模の事業者がいるた め、どの規模の事業者をターゲットとするのかを明確にする必要 がある。 いずれについても機材購入のための金融サービスへのアクセスが 限られていることが課題であるため、金融サービスと合わせて提 示することが出来れば理想的である。 CARD 対象国のうち 5 ヶ国において農業機械化戦略を策定中/済。 アフリカにおける農業機械化は、「インフラシステム輸出戦略(平成29年度改訂版)」においても「優良種苗や農業機械導入等による農産物生産の拡大と生産コストの低下を進め」ているとしてアフリカ地域の「地域別取組方針」に記載されている。 ■活用が想定される製 品・技術・ノウハウ <耕運機、トラクター> 個々の農家は規模が小さく、農家が保有することは困難である ため、リーダー農家や農家組合、賃耕業者を対象とする。国に応 じ、土壌条件や一筆圃場の大きさ等に応じたスペックとすること が重要。耐久性を持つ農業機械が差別化のためには重要。 <精米機、石抜き機> 精米品質を高めるため、精米プラント一式を大規模精米事業者 に供給することが重要。特に割れ米や夾雑物の混入、異種の混入 等が品質向上の課題であり、これらに対応した精米機械の需要が 見込まれる。
想定される技術・製品
関係機関

農業省、産業省

想定エリア

コメ生産地

経営者
起業家
英語 翻訳・通訳
マーケティング
フリーランス(語学講師)
越境ECコンサルタント
広告代理店

安全性の高い食料の供給体制を整備したい

インド

途上国では、食品の安全性が担保されていないために食品由来の感染症が人の健康を脅かし Human Capital(人的資源)に影響 を及ぼしている。世界銀行が 2018 年 10 月に発表した報告書内の 食品を原因とする疾病による生産性ロスの国別比較によれば、パ キスタン、インド、バングラデシュが上位 10 か国にランクインし ている。 3 か国の共通点は、経済成長とともに消費者の食の安全への意識が高まり、農薬の過剰散布への問題意識や清潔かつ安全な食品 加工製造への関心が増している点だ。かかる状況を受け、担当官 庁の機能強化や生産における Global GAP の導入、加工企業の生 産工程の見直し等が進んでいる。 南アジア地域は未だ最大の貧困人口を抱える地域であり、農村に住む貧困層が都市部に食料を供給していることを踏まえると、都市部に住む中高所得者層の嗜好に合った安全性の高い食料の供給体制を整備し販売を促進することは農村部の貧困削減への貢献にも寄与する可能性がある。 ■活用が想定される製 品・技術・ノウハウ 食品 HACCP や ISO22000 等国際標準規格の取得、Global GAP の 導入、食品安全に配慮した食品加工工場の設計や作業スペースの改善、食品加工品生産工程・業務フロー・包装工程の改善、コー ルドチェーンや倉庫・流通システムの改善、衛生面改善のための 資機材、家畜疾病対策技術等
関係機関

農業省、保健省、食糧省、食品安全に関する担当省庁、農業協同組合、食品加工企業組合

想定エリア

インド全土

越境ECコンサルタント
外資系金融機関
広告代理店
マーケティング
メディア制作
メガバンク系シンクタンク
英語 翻訳・通訳
経営者

コーヒーの品質を向上させて"ソロモンコーヒー"のビジネスチャンスを拡大したい

ソロモン諸島

ソロモン諸島国は国家開発戦略(2016-2035)においてコーヒー 産業を経済開発対象とし、その持続的包括的経済開発中期目標の中で開発対象産品としている。同国農業・畜産省は国家農業・畜産分野政策(2015-2019draft)の中でコーヒーを将来有望な換金作物としてその栽培を推奨している。 現在、ソロモン諸島のガダルカナル州とマライタ州ではアラビカ種、イザベル州ではロブスター種のコーヒーが栽培されており、 ソロモン政府は両種のコーヒーの年間生産量を約 150 トンと推定しているものの、生産量、栽培面積等を含む正確な情報は把握できておらず、生産活動が確認できる農家の生産高は極めて低い。 ガダルカナル州では 1980 年代にガダルカナル島中・東南部にあ る Vatupochau 山(標高約 1,500m)を中心とした標高 700~990m の地域(5 村)にコーヒー(Coffea Arabica Caturra)の木 20 万 本が植栽されたものの、ソロモン諸島が内乱に陥ったことから長期間放置されていた。2014 年に入り国際 NGO のフェアトレード 事業により、同 5 村から数名のコーヒー農家を PNG のコーヒー 研修へ送り出し、コーヒー農園の整備、一次加工場(水洗式加工) を含めたコーヒーの生産指導を行い、現在は 5 村のうち Labuhira 村で生産されたコーヒーが、一次加工後に首都ホニアラへ出荷されている。 しかしホニアラで脱穀後の不良豆除去やゴミ除去といった工程欠如による低品質、少ないコーヒー生産量(5 トン/年) により、市場での価格交渉力が弱く販売価格も低迷していることから、一部の篤農家たちによって国際フェアトレード認証へ申請を行う等の生産努力が続けられている。 希少なソロモン諸島のコーヒーはブランディングにより世界市場へアピールする可能性を秘めており、ソロモンのコーヒー品質の向上を図ることにより、ソロモンコーヒーのビジネスチャンス拡大が期待できるとともに、CSR を含めたソロモンコーヒー産業への本邦企業参入が大いに期待されている。 なお、PNG では本邦企業がコーヒーバリューチェーン開発に力を入れ ており同様案件として参照できる。 ソロモン諸島にはコーヒー仲買人が存在しないことから、コーヒーの品質向上に留まらず、輸出までの流通経路を確立することがより望ましい。 現行のコーヒー生産農家を活動対象とする限りにおいて、メラネシア特有の土地問題が発生する可能性は極めて低い。 同国森林・研究省では標高 400m 以上を禁伐地域に定め、コーヒーを含む高地で生育している森林の保全に努めている。 ソロモン国内のコーヒー消費は非常に少なく、自国産コーヒーの消費は皆無である。 ■活用が想定される製品・技術・ノウハウ ・水分計 ・パーチメント脱穀機 ・コーヒー農家への技術指導 ・バイヤーへ直接出荷を含む、バリューチェーンの構築等
関係機関

農業・畜産省、商工会議所、Ministry、Guadalcanal、ガダルカナル州政府、Solomon

想定エリア

Labuhira.、ガダルカナル島東南部

広告代理店
英語 翻訳・通訳
越境ECコンサルタント
マーケティング
経営者