Next Market
該当数
2

慢性的な交通渋滞するための技術・製品

メキシコ合衆国

メキシコ市は慢性的な交通渋滞に悩まされており、2016 年の TomTom 調査では、信号を通過する平均時間が非渋滞時の通過時間よりも 66%増 と示している(午前ピーク時 96%増、午後ピーク時 101%増)。また、 2017 年の INRIX 調査によるとメキシコ市の自動車通勤の週平均時間は、 58 時間と示され、世界 1,360 都市中ワースト 16 位となっている。 メキシコ市は対策として、地下鉄やメトロバス等の公共交通機関、シェ ア自転車等の代替交通手段の拡充を図っているが大きな成果は現れてい ない。 メキシコ国内の他主要都市でも交通渋滞が深刻化しており、INRIX 調査 によると自動車通勤の週平均時間は、グアダラハラ市 32 時間、モンテレ イ市 30 時間、トューラ市 28 時間、グアナファト市 27 時間、プエブラ市 25 時間、ケレタロ市 23 時間とされ、以上より、当国主要都市における交 通渋滞緩和に資する技術・製品の導入が求められている。 ■活用が想定される製 品・技術・ノウハウ ・高度交通信号制御システム ・交通渋滞を緩和する技術・製品
関係機関

メキシコ運輸研究所、メキシコ市交通省、Secretaría、Instituto

想定エリア

メキシコ市、ハリスコ州グアダラハラ市、ヌエボ・レオン州モンテレイ市、イダルゴ州トューラ市、グアナファト州グアナファト市、プエブラ州プエ、ケレタロ州ケレタロ市

広告代理店
英語 翻訳・通訳
マーケティング
経営者
元メーカー兼商社(海外事業部勤務)、現在日系コンサル会社勤務
越境ECコンサルタント

科学に興味のある国ランキング1位のコロンビアに理科実験器具を導入したい

コロンビア共和国

PISA2015「科学的リタラシー全体」の平均得点の国際比較においてコロンビアは 56 ヶ国中第 50 位であり、国際基準では低順位に位置しており、同国における科学分野の支援ニーズは高い。同国の学校制度は初等教育5年、前期中等教育2年、後期中等教育2年であり、何れのレベルでも理科・科学の授業が行われているが、都市部では一般的な理科実験器具を確保できている学校は多いものの、農村部では各レベルにおいて基本的な実験器具でさえ揃っていない。 他方、同国キンディオ県教育局にてシニア海外ボランティアが配属される予定であり、初等教育レベルにおける理科教育支援の基盤が整いつつある。当国の教育課程は、教育省が大枠の学習基準をつくり、学習指導要領は地方分権化により地方自治体の裁量で策定できるシステムとなっているが、同シニアボランティアはキンディオ県における理科教科の学習指導要領の策定支援、教科書・指導書の作成が予定されている。同教科書の内容に沿った理科実験器具の導入が期待される。 なお、PISA 2006 生徒アンケート項目の中の「科学に関する全般的な興味・関心指標」国別ランキングにおいて、コロンビアは 57 ヶ国中第1位であることから(第2位キルギス、第3位タイ、日本は第47 位)、同国生徒の科学に対する学習意欲の高さが伺える。 ■活用が想定される製品・技術・ノウハウ ・理科実験器具
想定される技術・製品
関係機関

初等学校、キンディオ県教育局、Secretaría、アルメニア市教育局、Secretaría

想定エリア

キンディオ県

広告代理店
マーケター
越境ECコンサルタント
元メーカー兼商社(海外事業部勤務)、現在日系コンサル会社勤務
英語 翻訳・通訳
マーケティング
スタートアップコンサルタント
経営者
営業