Next Market
該当数
4

学校給食を提供して子どもの栄養状態を改善したい

エチオピア連邦民主共和国

エチオピア政府は社会開発の中で教育に最も多くの予算を投入 しており、1997 年より累次の「教育セクター開発プログラム」を 策定・実施、これにより初等教育へのアクセスは粗就学率ベース で 97/98 年の約 42%から 14/15 年にはほぼ 100%まで向上してい る。一方、依然として残る貧困問題の中核に食料アクセスの脆弱 性があり、人々の生命と生活を脅かす大きな問題となっている。 都市部の急速な人口増加は、高い失業率と物価高騰、住宅の不 足等の深刻な問題を引き起こしており、食糧を入手できずに物乞 いに頼る者もいる。 最低食事水準を満たす子供の割合は、全国平均が7%、農村部が 1.6%であるのに対し都市部は19.8%と高い。子供の低栄養につい ては、サハラ以南アフリカでは早い速度で改善を進めてきた結果、 2016年に初めてWHOの定義する「非常に深刻」なレベル(5歳未満 児成長阻害率40%)を下回った。国家ターゲット値に到達するため には2016年~2020年の年平均減少率をさらに倍にする必要がある と報告されている(出典:EDHS/Ethiopia Demographic and Health Survey)。 こどもの貧血・亜鉛欠乏症においては、WHO/UNICEFが定める基 準によると公衆衛生上深刻なレベルにあるとされている。 特に都市部において栄養不足の子供が多数存在している現状の 解決策の一つとして学校給食が挙げられると考える。給食を提供 することで学校に通う子供たちが増え、彼らの栄養状態の改善が 図られる。子供たちの通学率が増加することは教育水準の向上にも寄与するものと考える。 ■活用が想定される製 品・技術・ノウハウ ・学校給食サービス
想定される技術・製品
関係機関

連邦保健省、Ministry of Health、アディスアベバ市保健局・教育局、連邦教育省(Ministry、Office、首相

想定エリア

アディスアベバ市

広告代理店
NPO法人 代表
越境ECコンサルタント
英語 翻訳・通訳
経営者
元メーカー兼商社(海外事業部勤務)、現在日系コンサル会社勤務
開発コンサルタント(中小企業診断士)
医療系NGO
マーケティング

透析センターや血液センターの機器を更新・近代化したい

ウズベキスタン共和国

ウズベキスタンでは、全死因の 84%を非感染性疾患が占め、虚 血性心疾患(28%)、脳神経疾患(11%)、がん(8%)、糖尿 病(3%)などが上位を占める。 非感染性疾患については、国立の専門病院(国立心臓病センタ ー、国立腎臓センター等)や州病院などで治療が行われているが、 旧ソ連時代に整備されたインフラが老朽化したまま使用されている病院も多く、機器の更新・近代化が求められている。 特に人工透析や血液事業に関しては、機器の更新・整備のニー ズが確認されている一方で、対応は十分ではない。首都の透析センター・血液センターにおける機材の導入、及び全国のセンター への機材の展開が期待されている。 またその他の非感染性疾患についても、一次・二次医療施設に おけるスクリーニングの強化、三次医療施設における診断・治療 能力の強化がより一層求められており、各種の診断機器や簡易検 査キット等の導入のポテンシャルがある。 ■参考 ・ウズベキスタンの人口 3300 万人(中央アジア 5 か国計 7300 万人、2018 年) ・人工透析が必要な患者は推定 1 万人。うち全国の透析センタ ーで透析を受けているのは 2500 人程度(2018 年 12 月の公 立病院への聞き取りによる) ■活用が想定される製 品・技術・ノウハウ ・人工透析関連機器(透析装置、透析液供給装置) ・血液・血液製剤の管理・製造に関する機器 ・その他非感染性疾患の早期診断・治療に関する機器・検査キ ット等
関係機関

保健省、Ministry of Health

想定エリア

ウズベキスタン全土

マーケティング
英語 翻訳・通訳
元メーカー兼商社(海外事業部勤務)、現在日系コンサル会社勤務
経営者
広告代理店
越境ECコンサルタント
経営者

緊急援助食やサプリメント補助栄養食品の開発・製造技術

エチオピア連邦民主共和国

エチオピアでは栄養価の高い原材料が多く存在し、政府も食品加工業を強く推進しているが、まだ十分に活用されていない。 WFP などで用いられる緊急援助食、一般向けサプリメント補助栄養食品としての販売を想定 ■活用が想定される製品・技術・ノウハウ ・テフ、大麦モルト、はちみつ、蚕蛹などを用いた総合栄養補給食品の開発・製造技術
関係機関

Ministry of Health、Ministry of Agriculture and National Resources、Ministry of Livestock and Natural Resources、Regional government、UNIDO

想定エリア

マーケティング
医療系NGO
開発コンサルタント(中小企業診断士)
英語 翻訳・通訳
元メーカー兼商社(海外事業部勤務)、現在日系コンサル会社勤務
NPO法人 代表
越境ECコンサルタント
広告代理店
経営者

学校給食を提供して子どもの栄養状態を改善したい

エチオピア連邦民主共和国

エチオピア政府は社会開発の中で教育に最も多くの予算を投入 しており、1997 年より累次の「教育セクター開発プログラム」を 策定・実施、これにより初等教育へのアクセスは粗就学率ベース で 97/98 年の約 42%から 14/15 年にはほぼ 100%まで向上してい る。一方、依然として残る貧困問題の中核に食料アクセスの脆弱 性があり、人々の生命と生活を脅かす大きな問題となっている。 都市部の急速な人口増加は、高い失業率と物価高騰、住宅の不 足等の深刻な問題を引き起こしており、食糧を入手できずに物乞 いに頼る者もいる。 最低食事水準を満たす子供の割合は、全国平均が7%、農村部が 1.6%であるのに対し都市部は19.8%と高い。子供の低栄養につい ては、サハラ以南アフリカでは早い速度で改善を進めてきた結果、 2016年に初めてWHOの定義する「非常に深刻」なレベル(5歳未満 児成長阻害率40%)を下回った。国家ターゲット値に到達するため には2016年~2020年の年平均減少率をさらに倍にする必要がある と報告されている(出典:EDHS/Ethiopia Demographic and Health Survey)。 こどもの貧血・亜鉛欠乏症においては、WHO/UNICEFが定める基 準によると公衆衛生上深刻なレベルにあるとされている。 特に都市部において栄養不足の子供が多数存在している現状の 解決策の一つとして学校給食が挙げられると考える。給食を提供 することで学校に通う子供たちが増え、彼らの栄養状態の改善が 図られる。子供たちの通学率が増加することは教育水準の向上にも寄与するものと考える。 ■活用が想定される製 品・技術・ノウハウ ・学校給食サービス
想定される技術・製品
関係機関

Ministry of Health、連邦保健省、連邦教育省(Ministry、アディスアベバ市保健局・教育局、Office、首相

想定エリア

アディスアベバ市

広告代理店
経営者
英語 翻訳・通訳
NPO法人 代表
開発コンサルタント(中小企業診断士)
医療系NGO
越境ECコンサルタント
元メーカー兼商社(海外事業部勤務)、現在日系コンサル会社勤務
マーケティング