Next Market
該当数
2

加工食品のノウハウと技術を取り入れたい

ザンビア共和国

ザンビア共和国は、輸出の約 70%を銅関連に依存するアフリカの内陸国である。労働人口の約 67%が農業に従事しているが、その 多くは、自給自足の農業を営む小規模農家である。持続的な経済 発展を遂げるため、農業等を柱とした国内の産業育成が急務とな っている。比較的作付面積の大きい主要作物は、主食であるメイ ズの他、落花生、キャッサバ、大豆、野菜類(トマト、玉ねぎ、 キャベツなど)である。加工食品の多くは南アフリカなどからの 輸入に依存しており、付加価値を付けた食品加工業は十分に発展 していない。また、加工食品の価格は高く、購買層は都市部の外 国人や中間層・裕福層に限られている。 一方、ザンビアは、南部アフリカの水資源の約4割が存在する水 資源が豊富な国であり、また、周辺国を含めた人口規模が約 2.7 億人で、国際回廊開発も進められるなど、農産品の輸出機会が今 後拡大するものと期待されている。 以上のような背景から、小規模農家の所得向上や、女性や若年層 の雇用創出が期待される加工食品製造のノウハウや技術を持つ企 業・団体の参入が求められている。 ザンビアでは、ドライフルーツ、蜂密などを小規模生産している が、ジュースや菓子などの加工技術、缶・ビン・プラスチック容 器など包装用製品の製造技術、及び安定した品質と生産力を提供 する機材類はほとんど存在しない状態である。また、現地では、 外資系企業が砂糖、粉ミルク、瓶ビール、飲料水、コーラなどを 現地生産しているが、製造ラインの技術やノウハウは、現地に還 元されていない。 ■活用が想定される製 品・技術・ノウハウ ・加工食品製造ラインのノウハウ ・製造機器の技術者養成・訓練 ・簡単な製造機器の現地組み立て生産 ・食品衛生、品質改善などの指導 など
関係機関

Ministry of Agriculture、Ministry of Commerce. Trade and Industry

想定エリア

ザンビア全土

マーケティング
越境ECコンサルタント
元メーカー兼商社(海外事業部勤務)、現在日系コンサル会社勤務
広告代理店
コンサルタント
経営者
英語 翻訳・通訳

起業を促進するための教育コンテンツの提供

ザンビア共和国

失業率が高く全労働人口の 8 割近くを非正規雇用者が占めるザンビアにおいて、正規雇用の増加は同国が取り組むべき最重要課題 の一つである。第 7 次国家開発計画では銅への過度の依存からの 脱却のための輸出志向型産業の育成が謳われているが、それらの 実現のためには、既存企業の成長に加えて新市場を創造する起業 家の育成が不可欠である。 しかし、同国の企業のほとんどを占める中小零細企業や個人事 業主の経営基盤は不安定で脆弱である。また、一部農業加工業を 中心に動きは見られるものの、起業も活発とはいいがたい。これ らの主な理由としては、企業活動の基盤を支える人材の能力不足や、起業する際の障壁の高さ、未成熟な資金調達環境が挙げられ る。 ザンビアには、既に起業家向けに、商品や販売計画の精緻化や、 事業計画の作成、資金調達の方法などの研修を実施している民間企業が存在する。例えば、ルサカに本社がある Bongo Hive 社 (https://bongohive.co.zm/)は、潜在的な起業家の掘り起こしのため、教育機関と連携し若者向けにプログラミングや事業計画策 定に関する研修を実施している。 上記のようなザンビアにおける起業家向け研修サービスは、起 業希望者が不足する知識を補うことで起業する障壁を下げると共 に、潜在的な起業家数の拡大につながる。 なお、ザンビアは、比較的政治が安定しており、英語が共通語である。 ■活用が想定される製品・技術・ノウハウ ・若者向けの起業促進を含む教育サービスの提供(動画コンテンツ配信、E ラーニングサービスなどを含む)
想定される技術・製品
関係機関

Ministry of Commerce. Trade and Industry、Ministry

想定エリア

ルサカ州

マーケティング
元メーカー兼商社(海外事業部勤務)、現在日系コンサル会社勤務
広告代理店
英語 翻訳・通訳
越境ECコンサルタント
コンサルタント
経営者