Next Market
該当数
10

地方都市の廃棄物管理

タイ王国

廃棄物管理は、地方自治体の業務とされているが、個々の自治体は規模が小さいため、都市では市内に処理場の確保ができず、 また周辺の小さな自治体は単独では効率的な運用ができない等、 廃棄物管理は地方都市に共通する課題となっている。また、複数 の自治体が連携した、自治体連携事業の事例も多い。 近年は、プラスチックごみのリサイクルの需要が大きく、プラ スチックリサイクルプラント(Waste to Energy)が整備されてき ており、民間事業者の参入の期待が大きい。 ■活用が想定される製 品・技術・ノウハウ ・リサイクルに関する技術 *分別~収集~O&Mの組織体制等、行政サービスの構築も含めた、 一体的な廃棄物管理が求められる。
想定される技術・製品
関係機関

天然資源・環境省汚染管理局、Polution、Ministry、天然資源・環境省、Departmetn

想定エリア

チェンライ市、ナン市、クラビ市

英語 翻訳・通訳
バイヤー
越境ECコンサルタント
アセアン自動車コンサルタント
コンサルタント
広告代理店
海外輸出、進出支援エキスパート
多言語PRツール制作
中小企業診断士
経営者

米の生産性向上と収穫ロスを軽減させたい

ブータン王国

ブータンでは農業は GDP の約 17%(Bhutan at a glance 2017) を占め、総人口の総人口の 57.2%(2017 年)が従事する基幹産業 である。特に人口の 70%が集中する地方部では、そのほとんどが 農業で生計を立てている。しかしながら、国の大部分が険しい山 岳地帯のため、農家一戸当たりの平均経営面積は約 0.9ha と小規 模で、主食であるコメの生産性は 3.4 トン/ha と生産効率も悪い。 そのため主食である米の自給率は 50.3%(2017 年)に留まってい る。一方で若年人口の都市部への流出により、農村部の労働力不 足や高齢化が深刻化している。さらには、急峻な地形により耕作 地と作目が限定されていることに加え、市場や道路などのインフ ラ整備が不十分であるため、体系的な換金はほとんど行われてい ない。また、ポストハーベスト技術が未熟であり、付加価値ある 加工品の製造は発展途上である。 このような状況下で、食料自給率を改善しつつ、農家の所得改 善を図るため、ブータン政府は 1984 年に「農業機械化政策」を 策定し、農業機械化を進めてきているが、機械による耕耘は全農 地面積の 50%以下にとどまっている。また、当国の国家開発計画 である「第 11 次 5 か年国家開発計画」(2013 年 7 月-2018 年 6 月) でも、第1の柱である「持続可能で公平な社会経済開発」の中で、 穀物自給率の向上(2018 年までに 75%)を掲げていたが、達成 されていない。そのため現在策定中である「第 12 次五カ年計画」 では「食糧の安全保障」と「栄養と生活の改善」を農業林業省に おける主要戦略として位置づけ、農業機械化は農業省における優 先事項として掲げられている。 上述の通り、米はブータン国民の主食であるものの、自給率は 50%程度と低く、インドからの輸入に頼っている。このような状況下、収穫高強化及び耕地の増加による生産量の増加が必要であると同時に、収穫ロスの軽減が求められる。ブータンにおいて精 米率は約 60%と見積もられており、この比率は国際水準と比べ大幅に低い。性能の良い精米機を利用することで精米率 70%程度は 確保できると言われている。精米率 10%は精米約 8000 トンに値 し、その結果米の自給率は 8%増加することになる。また精米時 に割れない正常米や高水準な精白度の米を作り出すことにより、 高付加価値の米が生産できることになる。 なお、精米機を導入した際には、AMC における精米機の性能標準に照ら し合わせた BSB(Bhutan Standard Bureau)による認証を受ける ことが望ましい。 ■参考 各郡に一台配置した場合の必要台数 205 台(政府所有) ■活用が想定される製 品・技術・ノウハウ 精米機、保守管理技術指導、消耗するスペアパーツの製造技術指導
関係機関

MoAF、Ministry、AMC、Agriculture、FMCL、Farm

想定エリア

ブータン全土、稲作地帯

英語 翻訳・通訳
越境ECコンサルタント
マーケティング
広告代理店
経営者

ウズベキスタンの観光インフラを整えたい

ウズベキスタン共和国

ウズベキスタン政府は観光振興を国の戦略上、重要な取組と定めており、ここ数年の間に、査証制度の緩和などを含む、具体的な改革を矢継ぎ早に実行してきた。 この大規模な改革により観光客数は急増している。一方、短期間に観光客が急増したものの、ハード・ソフトの観光インフラは 整備が十分に追いついていない。 このような状況のなかで、観光関連インフラの整備分野における、 日本企業の持つ IT/IoT技術や地域おこしのノウハウは、ウズベキスタンにおいて活用の可能性が大きい。 ■参考 ・ウズベキスタン人口 約 3300 万人(中央アジア 5 か国計約 7300 万人、2018 年) ・ウズベキスタンにおける外国人訪問者数:2017 年 269 万人、 2018 年 1 月~9 月 390 万人 ■活用が想定される製 品・技術・ノウハウ ・ 観光関係統計データのデジタル化、IT/IoT による統計データの活用 ・ 博物館・美術館の IT/IoT 化 - IT/IoT 等を活用した空港 CIQ の迅速化* ・ 地域おこし(特産品の開発・マーケティング、官民連携、産学連携など含む) * 現在、世界銀行が空港行政、運営の近代化支援を実施中であり、 空港オペレーション改善へのニーズは高い。
関係機関

国家観光発展委員会、文化省、State、Ministry

想定エリア

ウズベキスタン全土、サマルカンド、ブハラヒバ

越境ECコンサルタント
英語 翻訳・通訳
経営者
マーケティング
経営者
広告代理店

廃電気・電子機器廃棄物や廃プラ類のリサイクル技術を向上させたい

マレーシア

廃電気・電子機器廃棄物(E-waste) は鉛やカドミウム、亜鉛、 水銀等の有害物質を含有しており、これら E-waste の不適切な処理は土壌汚染や水質汚染等の環境問題の原因の一つである。一方、 E-waste に含まれる有価物・希少金属は持続的資源の利用・物質 循環の観点から重要であり、近年 E-waste のリサイクルは環境配慮及び持続的資源の利用から重要性が高まっている。経済成長に伴いマレーシアでも、E-waste の問題は顕在化しているが、E-waste の回収・リサイクルシステムは整備されていない状況にある。 「第 11 次マレーシア計画」(11MP、対象期間 2016−2020 年) では、2020 年の先進国入り目標に向け、持続性・回復力のあるグリーン技術の成長を目指している。グリーン技術として、E-waste (廃電気・電子機器廃棄物)に含まれる非鉄・希少金属の回収品質の向上、また、処理工程で発生する廃プラ類のリサイクルの利 用が進まない等の課題がある。 これらの課題の解決には、日本で培ってきた技術が利用可能であり日本企業がアドバンテージを発揮できる分野が多いと思われ る。 我が国の対マレーシア援助重点分野においても、「先進国入り に向けた均衡のとれた発展の支援」が重要課題の一つとなってお り、環境分野においても協力が求められている。 ■活用が想定される技術 ・E-waste リサイクル技術 ・廃プラリリサイクル技術
想定される技術・製品
関係機関

エネルギー・技術・科学・気候変動・環境省、Ministry、住宅・地方政府省、Ministry

想定エリア

マレーシア全土

ファンドマネージャー
多言語PRツール制作
IT企業経営
広告代理店
コンサルタント
英語 翻訳・通訳
経営者
マーケティング
コンサルタント
越境ECコンサルタント

低環境影響型冷媒を用いた製氷機

ソロモン諸島

オセアニア島嶼国では、青い空と海、白い砂浜に代表される「楽 園」イメージとは裏腹に、その狭小性・隔絶性・遠隔性によって 多くの人が開発の恩恵を受けられないでいる。ソロモン諸島では、 総人口の 8 割以上が地方遠隔地に住んでおり、それら地方におけ る産業を活性化することが課題となっている。特に各島の沿岸部 における零細漁民においては、適切な冷蔵施設がないため主な販 路である首都ホニアラへの鮮魚輸送がままならないケースが多 く、これら漁民のための地方水産センターの製氷機・冷凍庫とい った施設・機材の強化が求められている。 当国で主として水産業において使用されている冷蔵冷凍機器 (特に製氷機)の冷媒は、国際的に仕様が制限されている R22 フ ロンがほとんどであり、早急に環境影響の少ないものへ転換する 必要がある。 1980 年代に日本の水産無償資金協力で設置された地方水産セ ンターは、メンテナンスが施され良く利用されているものと使わ れなくなっているものが半々という状況である。特に製氷機につ いては 30 年以上を経て機械自体の寿命が尽きているものがある。 活用が想定される製 品・技術・ノウハウ ・低環境影響型冷媒を用いた製氷機 ・日本の技術をアピールすることができるもの ・大洋州地域内に広く同様のニーズがあるので、運用効果が実証 できれば当該企業にはソロモンを拠点として地域へ展開してもら うのが理想的(ソロモンとしては外資招致のメリット)
想定される技術・製品
関係機関

Ministry、MFMR、漁業海洋資源省、Ministry of Fisheries and Marine Resources

想定エリア

広告代理店
マーケティング
経営者
越境ECコンサルタント
英語 翻訳・通訳

山岳・丘陵地域に土砂災害対策を講じ、リスクを削減したい

スリランカ民主社会主義共和国

スリランカにおいて、土砂災害は最も深刻な自然災害のひとつであり、特に中央部の山岳・丘陵地域では、脆弱な地質特性、急峻な地形条件に加えて、急速な開発に起因し、モンスーン期の豪雨 の際には急傾斜地の崩壊や地すべり等の土砂災害が頻発している。スリランカ政府は、土砂災害リスクの削減を目標に掲げ、特に被害の多い土砂災害対策が喫緊の課題となっている。 ■活用が想定される製 品・技術・ノウハウ ・土砂災害対策各種(法面保護工、待ち受け工) ・予警報発令支援・発出・伝達 ・災害事象の発生監視
関係機関

ハイウェー道路開発・石油資源開発省、Ministry、道路開発庁、Road、行政・災害管理省、Ministry、国家建築研究所、National

想定エリア

山岳、丘陵、中央部

マーケティング
越境ECコンサルタント
経営者
広告代理店
英語 翻訳・通訳

がけ崩れを防ぎ、河川の増水・氾濫に対処したい

ジョージア

ジョージアでは標高 5000m を超えるコーカサス山脈をはじめ、 国土の大部分が山岳地帯であり、気候帯も地域により様々である。 山岳地帯を通り抜ける道路の大半は狭く、ガードレールの設置 も多くの地域でされていない。加えて落石が多発しているほか、 地震も頻発しているため大規模ながけ崩れのリスクが存在する。 また、山岳地帯の一部は多雨地帯でもあり、雨の多い夏季には 土石流や洪水の危険性が高まる。2015 年には首都のトビリシに流 れ込むヴェレ川が氾濫し、濁流が市内に流れ込んだことで 20 名の 死者を出す大災害となった。2018 年には北西部のネンスカラ川の 氾濫により、近郊の村に住む 323 世帯が避難を余儀なくされた。 がけ崩れを防ぐための斜面崩壊防止工法や、河川の増水、氾濫 に対処するための治水技術、モニタリング技術等、レジリエンスの高いインフラの整備に寄与する技術の導入が期待されている。 ■市場規模 ・ジョージアの人口は約 400 万人(首都トビリシの人口はおよそ 120 万人) ・販売先としては、中央省庁のほか、各自治体等が考えられる。 ■活用が想定される製 品・技術・ノウハウ ・治水技術 ・斜面崩壊防止技術(排水工、擁壁工、落石対策工など) ・災害状況モニタリング技術
関係機関

地域開発・経済基盤省、Ministry、環境対策・農業省、Ministry

想定エリア

ジョージア全土

経営者
越境ECコンサルタント
マーケティング
英語 翻訳・通訳
経営者
広告代理店

観光地のトイレを近代化したい

ウズベキスタン共和国

ウズベキスタン政府は観光振興を国の戦略上、重要な取組と定め ており、ここ数年の間に、査証制度の緩和などを含む、具体的な 改革を矢継ぎ早に実行してきた。 この大規模な改革により、観光客数は急増している。一方、短期間に観光客が急増したものの、ハード・ソフトの観光インフラは 整備が十分に追いついておらず、課題がある。 観光地におけるトイレ・下水処理の問題も大きく、今後の観光客数の増加や観光地の多様化に際して、整備・改善のニーズは増大 することが予想される。 ■参考 人口約 3300 万人(中央アジア 5 か国計約 7300 万人、2018年) - ウズベキスタンにおける外国人訪問者数:2017 年 269 万人、2018 年 1 月~9 月 390 万人 ■活用が想定される製品・技術・ノウハウ 主に観光地におけるバイオトイレ、節水トイレ、浄化槽などの技術を想定。以下のとおり都市型・遺跡型観光地と郊外の観光地があり、ウズベキスタンにおいては、どちらの観光地においても、 トイレの近代化が課題となっている。 - サマルカンド、ブハラ、ヒバなどの観光都市や都市内遺跡・ 観光地におけるトイレ近代化 - 地方部に点在するカラ(古城)や山、湖なのどの、郊外観光地における自然環境に配慮したトイレ近代化
想定される技術・製品
関係機関

地方自治体、文化省、Ministry、国家観光発展委員会、State

想定エリア

ウズベキスタン全土

広告代理店
経営者
マーケティング
越境ECコンサルタント
英語 翻訳・通訳
経営者

水資源の適切な利用と塩害対策

ウズベキスタン共和国

ウズベキスタンの農林水産業は GDP の約 2 割、労働人口の約 2 割を占めており、その割合は漸減しつつあるも、全人口の 6 割が 農村地域に居住しており、農林水産業及び農村の持続的な発展は、 同国にとって引き続き重要な課題である。 ウズベキスタンの主要農産物は綿花及び小麦であるが、園芸作物への移行が図られている。さらに、種苗、畜産、水産等につい て、食料安保上推進が必要とされている。 また、これまで農業生産は主にフェルメル(中規模農場)及び デフカン(小規模農場)によって担われてきたが、生産から販売、 さらには加工や輸出までをカバーする大規模な「クラスター」を 品目・地域ごとに設置し、生産の振興及び高度化並びに高付加価 値化を図っていくことが示されている(すでに種苗、野菜、果物、 養鶏、綿花及び綿織物等についてクラスターの設置が明らかにさ れている)。 さらに、養蚕及び工芸作物についても、地方における産業振興 及び雇用促進等の観点から推進されている。 このように、ミルジヨエフ大統領の強力なリーダーシップの下、 農業の近代化・高度化が進められていることに加え、海外からの 投資に係る障壁も順次撤廃・緩和されつつあり、中国、韓国、ロシア、トルコ等だけでなく、欧米資本による農業関連分野への投 資の動きも活発になりつつある。 なお、もともと降水量が少ないことに加え、不適切な灌漑によるアラル海の縮小や、それに伴う土壌の塩分集積が深刻な問題となっており、水資源の適切な利用及び塩害対策が課題となっ ている。 ■活用が想定される製品・技術・ノウハウ 施設・資材・機材及び技術等 ・ 種苗生産、検査及び流通 ・ かんがい、節水及び塩害対策 ・ 施設園芸(野菜及び果物) ・ 工芸作物(桑、薬用作物等)及び繭糸等の生産、織物・繊維 製品及び漢方薬の加工製造並びにこれらの流通 ・ 植林 ・ 予冷、調整、集出荷貯蔵及び農産物処理加工(含梱包) ・ 農業廃棄物処理
関係機関

Ministry of Agriculture、Ministry、Agro-industrial

想定エリア

ウズベキスタン全土

マーケティング
経営者
広告代理店
越境ECコンサルタント
英語 翻訳・通訳
経営者

農業の機械化や農産物の付加価値を向上させて生産性と収益を向上したい

スリランカ民主社会主義共和国

スリランカは 2009 年の内戦終結以降比較的堅調な経済成長を遂げているが、 依然として総人口の 4.1%が貧困ライン以下の生活を送っており、 そのうちの 92.0%にあたる約 77 万人が農村開発部またはエステ ート(大規模農園)に居住している。スリランカの農業セクター の GDP に占める割合は 7.6%となっており、この割合は年々減少 傾向にあるが、全就労人口の 26%は農業に従事しており、その農地は国土面積の 65.1%を占めていることから、農業・農村開発は 同国の均衡のとれた社会経済発展及び貧困削減に不可欠である。 特に北部・東部地域を中心とした乾燥地域における農業生産性・ 収益性の向上により都市部を中心とした消費地への食糧供給の安定化・食糧輸入の削減が期待される。また、スリランカ政府は国 際市場の中で競争性のある農産物の輸出を促進していることから、将来的に農業の多角化、商業化に向けた開発ニーズが増大していくことが見込まれる。 こうした状況を踏まえ、生産性・収益性の向上は、今後のスリランカ農業の取り組みを考える上で重要な観点である。限られた土地(茶、スパイス等のプランテーションを含む)及 び縮小傾向にある農業労働人口を効率的に活用し、農業生産性を 向上させるための農業機械化推進や、地域間所得格差の是正及び 小農地域に対する支援として市場志向型農業の推進が考えられ る。また、生産から流通販売までのフードバリューチェーン構築における農産物の付加価値向上(品質管理、食の安全を含む)も 今後の取り組みとして挙げられる。なお、生産段階においては、 2018年10月以降にはツマジロクサヨトウ(Fall Armyworm;FAW) によるメイズ、コメ等への食害が全国規模で報告されており、今 後も対策が求められる課題となっている。 ■活用が想定される製品・技術・ノウハウ ・小規模農家向け農業機械 ・プランテーション向け農業機械 ・市場志向型農業に関する技術・ノウハウ ・加工・流通上の課題(品質管理、付加価値、食の安全への対 応)に関するノウハウ ・農業分野における ICT 利活用促進のための技術・ノウハウ ・総合的病害虫対策(Integrated Pest Management; IPM)に準じた病害虫対策に関する技術・ノウハウ
関係機関

農業・地方経済・畜産開発・灌漑・漁業・水産資源開発省、プランテーション産業省、投資促進庁、BoI、Ministry、Ministry、Board

想定エリア

スリランカ全土

英語 翻訳・通訳
広告代理店
マーケティング
越境ECコンサルタント
経営者