Next Market
該当数
2

水産物の品質・衛生管理を向上させるとともに、漁獲・水揚げ・国内外の経路を整備したい

チュニジア共和国

チュニジアの水産分野の課題として、①近年の漁業生産量減少対 策として水産資源管理の強化・②漁民の収入向上・③水産 物のマーケットへの安定供給の両立が求められている。う ち②・③について、同国政府が掲げる同国水産物(マダコ 等)の対 EU 輸出促進に向けては、市場の要求を満たすレ ベルでの水産物の品質・衛生管理が課題になっている。 ガザミ(ワタリガニ)の異常繁殖による、他の水産物の減 少等が問題になっている。ガザミの水産物としての有効活 用・他種への影響の低減に向けて、同国内でノウハウが不 足するガザミの漁獲から水揚げ、国内・海外流通経路の整 備等が求められている。 チュニジア政府は「ガベス湾ガザミ漁業振興・付加価値化国家戦 略」を実施・推進中であり、GIPP が沿岸漁民にガザミ漁獲用の カゴを配布する等、普及に向けた活動が開始されている。 ■参考 ・ チュニジアの水産物の対EU主要輸出先はスペイン及びイ タリアであり、冷凍品が主体。 ・ ガザミの主たる輸出先はタイをはじめとする東南アジア 諸国であるが、中国、台湾、韓国、日本等の東アジア諸国 にも市場拡大の潜在性がある。また、チュニジア産のガザ ミは大型であるため、ホール(whole)のみならず、ボイ ル・むき身(フレーク)で出せば高値で取り引きされる可 能性がある。 ■活用が想定される製 品・技術・ノウハウ ・鮮度維持手法(生かしたまま漁獲するカゴ漁業漁具及び漁獲技術、 生き締め方法) ・加工方法(ボイルや急速凍結) ・衛生管理施設 ・低温仮死状態やおが屑を使った水産物輸送装置・技術
関係機関

農業水資源漁業省、漁業養殖総局、DGPA、漁業生産業者協会、GIPP

想定エリア

Gabes、Sfax、Médenine、Mahdia、Monastir

英語 翻訳・通訳
元メーカー兼商社(海外事業部勤務)、現在日系コンサル会社勤務
マーケティング
広告代理店
越境ECコンサルタント
経営者

漁船監視システムを普及させて違法漁業を取り締まりたい

チュニジア共和国

チュニジアにおける漁業生産量は、違法漁業を主因に、約 10 万トンで頭打ち状態にあり、近年減少傾向にある。同国政府によ って、違法漁業の取り締まりに向けた管理指導船の配置が計画されている中、さらに漁船の位置情報を把握する漁船監視システムの構築が急務となっている。 同国政府としては、国内の全漁船に VMS(船舶位置監視)システムを搭載する方針。 同国内の漁船数は小型漁船も含め 14,000~15,000 隻と言われて いる。 ■活用が想定される製 品・技術・ノウハウ 漁船監視システム(衛星通信利用の VMS システム等、もしくは 衛星通信を使用しないそれに代わるシステム等)
関係機関

農業水産資源漁業省漁業養殖総局

想定エリア

Médenine、Gabes、Sfax、Mahdia、Monastir、Sousse、Nabeul、Grand、Bizert、Béja、Jendouba

越境ECコンサルタント
元メーカー兼商社(海外事業部勤務)、現在日系コンサル会社勤務
経営者
マーケティング
英語 翻訳・通訳
広告代理店