Next Market
該当数
5

学校教育を補完し、基礎学力を向上させるための教材

フィリピン共和国

2016 年から、初等教育 6 年間、中等教育 4 年間(日本の中学校 3 年+高校 1 年)、中等教育 2 年間(日本の高校教育 2、3 年)、高等教育 4~5 年間(日本の大学)の所謂 K+12 教育制度を導入し、 諸外国に教育制度を合わせ、また不十分ながら予算規模を増やすなど改善に取り組んでいる。 しかしながら、初等教育、中等教育の修了率は低く、また公立学校の教員の質が不十分なレベルであることが指摘されている。これらを補完し、児童・生徒の基礎的読解力、数学的思考力などの基盤的な学力の習得に資する製品や技術が望まれる。 本事業実施後には、ODA に依存することなくビジネスを展開することが望ましい。 ■活用が想定される製 品・技術・ノウハウ ・e-learning など情報通信技術を活用した製品・技術・ノウハウ 等
想定される技術・製品
関係機関

教育省、地方自治体、LGU、DepED、高等教育委員会、CHED、職業訓練庁、TESDA

想定エリア

フィリピン全土

英語 翻訳・通訳
コンサルタント
アセアン自動車コンサルタント
バイヤー
コンサルタント
コンサルタント
越境ECコンサルタント
広告代理店
経営者
海外輸出、進出支援エキスパート

大気汚染や水質汚染を改善したい

フィリピン共和国

都市部における大気汚染や水質汚染など、環境汚染問題は経済発展とともに大きくなっているが、経済発展を優先する中で立ち遅れている部分である。よって、環境負担の小さな乗り物、環境負担の小さい資材を用いた建築物等、環境負荷が小さな製品や技術 に対する需要は大きい。 また、電力事情が悪い地域では、環境負荷が小さく維持管理が技術的予算的に持続可能な地産地方型の再生可能エネルギーに対する需要が大きい。 ■活用が想定される製品・技術・ノウハウ ・電気自動車 ・低公害建築資材 ・再生可能エネルギー
関係機関

公共事業道路省、DPWH、環境省、DENR、地方自治体、LGU

想定エリア

マニラ、セブ、都市部、地方都市、離島地域

コンサルタント
IT企業経営
海外輸出、進出支援エキスパート
バイヤー
広告代理店
マーケティング
越境ECコンサルタント
アセアン自動車コンサルタント
マーケティング
コンサルタント

生産性の低さと流通シス テムの脆弱さを改善したい

フィリピン共和国

全人口の約 3 割が従事している農業分野の生産性は依然として低 く、都市と農村の格差も激しい。農業従事者は年々減り続け、高 齢化の課題も顕著になりつつある。農業生産性の低さと流通シス テムの脆弱さが、安い輸入農産物の流入を招き、ますます国内の 生産者の立場を弱くしている。都市部では、中流階級の人口が増 えつつあり、安全かつ栄養価の高い、付加価値の高い食料に対す るニーズも高まりつつあるが、これらの消費者を満足させられる 生産物に乏しい。こうしたギャップを改善し、生産者と消費者を 共に満足させるイノベーションが求められている。 フィリピンの流通市場に占める近代的市場の割合は 23%(2010 年)から 32%(2020 年)に拡大傾向。 (国土交通省資料より) ■活用が想定される製 品・技術・ノウハウ 高付加価値農業、アグリテック(Agri x Tech)、生産管理、流通 管理、効率的なコールドチェーンをはじめとする流通システム、 機能的倉庫、マーケットプレイス(IoT)、加工、包装等
関係機関

農業省、地方自治体、LGU、Department、DA、貿易産業省、Department、DTI

想定エリア

フィリピン全土

マーケティング
コンサルタント
コンサルタント
マーケティング
海外輸出、進出支援エキスパート
多言語PRツール制作
アセアン自動車コンサルタント
バイヤー
IT企業経営
英語 翻訳・通訳

建設現場の作業効率を上げたい

フィリピン共和国

現政権のスローガンの一つ「ビルド・ビルド・ビルド」に象徴されるように、現在フィリピン国内は建設ラッシュが続いており、 これに伴い建設業界の労働者数が不足している。今後も続く建設計画の中で、労働力不足を補完する作業効率を上げる技術や建設機械などが求められている。 なお、本事業実施後には、ODA に依存することなく営業を展開することが望ましい。 ■活用が想定される製 品・技術・ノウハウ ・情報通信技術 ・ドローン ・その他工期の短縮を可能とし、作業効率を上げる機械等
関係機関

公共事業道路省、DPWH、地方自治体、LGU

想定エリア

首都圏マニラ

英語 翻訳・通訳
コンサルタント
多言語PRツール制作
元メーカー兼商社(海外事業部勤務)、現在日系コンサル会社勤務
広告代理店
バイヤー
IT企業経営
コンサルタント
越境ECコンサルタント
ファンドマネージャー

自然災害に対応する技術・機材を導入し、迅速な災害復旧につなげたい

フィリピン共和国

フィリピンは、熱帯特有の短時間に大雨が降ることによる大雨被害や台風による被害など、自然災害に見舞われることが多い。そして自然災害によるインフラ等への被害の復旧には相当に長い期間を要し、もって自然災害の被害を受けることが多い地域の経済発展の阻害要因になっている。 一方日本は、先の西日本大雨や、東日本大震災によるインフラ等への被害からの復旧が早く、この様な日本の災害復旧技術に対する関心は高い。 また、マニラは断層の上に広がっている都市で、直下型大地震が 発生した場合大きな被害を受けることが予想される。そのような観点からも日本の災害復旧関連の技術に関心が高い。 ■活用が想定される製品・技術・ノウハウ ・災害復旧関連の建設機械(重機) ・復旧デザイン工学 ・災害救助に係る技術・機器 ・台風・集中豪雨等への対策に資する技術・機材
関係機関

公共事業道路省、DPWH、地方自治体、LGU、首都圏マニラ

想定エリア

マニラ首都圏、主要18河川、ダバオ市、レイテ島、サマール島

IT企業経営
多言語PRツール制作
広告代理店
ファンドマネージャー
マーケティング
アセアン自動車コンサルタント
英語 翻訳・通訳
越境ECコンサルタント
コンサルタント
経営者