Next Market
該当数
5

農産分の生産性と食の安全性の向上を目指す

バングラデシュ人民共和国

順調な経済成長や都市化、農林水産業から他セクターへの労働人口の移行が進んでい るものの、農村部には総人口の 70%が住み、全国の労働人口の 47.5% は農林水産業 に従事している。また、貧困率は 24.3%(2016 年)まで改善する一方、その 85% が農村部に住んでおり、農業・農村開発による貧困削減や 格差是正が課題となって いる。主要作物(米)は、ほぼ自給を達成したが、農家・土地の減少や人口増加に 伴う需要増、気候変動の中で、バングラデシュ政府が掲げる食料安全保障の確保には、 今後も限られた可耕地の生産性の向上や確保が強く求められている。 他方で、経済成長に伴った所得水準の向上により、高付加価値な農産物への需要も高 まっており、生産、流通、加工、販売までのバリューチェーン強化が必要となってい る。具体的な分野はトマト・フルーツ等の園芸作物、コメ、イモ類、畜産品(乳含む)、 水産品等。また、農薬の過剰使用、不適切な農産物の取り扱い、製造過程における汚 染等による食の安全性や衛生面への懸念も指摘されている。 農村部での道路整備率 は低く、農作物のマーケットへのアクセス向上の妨げとなっている。また営農能力の 不足による過剰生産やコールドストレージの不足などにより廃棄量も多く農家の収 入向上を妨げている。農業生産者の多くは小規模農家であり、農業投入資機材を導入 するための資金力に乏しい。このような事情から、新規作物栽培、高収量品種の導入、 農業機材導入等の手立ても容易でなく、可耕地の生産性や多様性の向上に十分対応で きていない。 ■市場規模 2013 年の加工食品市場の規模を 98 億ドル(約1兆円)と試算(Euromonitor 社調べ) しており、今後、年率 17%の成長により、2018 年には 212 億ドル(約 2.3 兆円) に成長すると見込んでいる。日本の加工食品市場が 22 兆円程度であることから比べ ると、1.6 億人の人口対比、まだ小さい規模であるが、急成長している市場である。 (JICA 調査レポート 2016) 新興国 60 か国以上の経済成長の変遷を踏まえ、産業としての成長性やバングラデシ ュ国内の人的・物的資源に基づいた分析の結果、食品加工業を国内消費及び輸出向け の有望な産業の一つと位置付けた。2025 年までに食品加工業は 50 億 USD 相当の輸 出産業となり、170~200 万人の新たな雇用創出に貢献すると予測している。(質の高い産業成長と経済発展に向けた開発調査 2018) ■活用が想定される製品・技術・ノウハウ 農産物の高付加価値化(トマト・フルーツ等の園芸作物、コメ、イモ類、畜産品(乳 含む)、水産品など)、高収量品種化、生産性及び加工・販売を含む食の安全性の向上、農業資機材、効率的な農業金融、またバリューチェーン改善に資する技術などの 領域における取組みが期待されている。 高付加価値水産ビジネスを通じた住民の所得向上。 ※上述に限らず、関連するその他製品・技術についても幅広く検討可
関係機関

農業省、Ministry of Agriculture、Ministry of Food、食糧省、食品安全庁、Bangladesh Food Safety Authority、漁業畜産省、Ministry of Fisheries and Livestock、産業省、地方行政技術局、Local Government Engineering Department、マイクロクレジット規制局、Microcredit Regulatory Authority、中央銀行

想定エリア

バングラデシュ全土

広告代理店
マーケティング
越境ECコンサルタント
英語 翻訳・通訳
経営者

安全性の高い食料の供給体制を整備したい

スリランカ民主社会主義共和国

途上国では、食品の安全性が担保されていないために食品由来の感染症が人の健康を脅かし Human Capital(人的資源)に影響 を及ぼしている。世界銀行が 2018 年 10 月に発表した報告書内の 食品を原因とする疾病による生産性ロスの国別比較によれば、パ キスタン、インド、バングラデシュが上位 10 か国にランクインし ている。 3 か国の共通点は、経済成長とともに消費者の食の安全への意識が高まり、農薬の過剰散布への問題意識や清潔かつ安全な食品 加工製造への関心が増している点だ。かかる状況を受け、担当官 庁の機能強化や生産における Global GAP の導入、加工企業の生 産工程の見直し等が進んでいる。 南アジア地域は未だ最大の貧困人口を抱える地域であり、農村に住む貧困層が都市部に食料を供給していることを踏まえると、都市部に住む中高所得者層の嗜好に合った安全性の高い食料の供給体制を整備し販売を促進することは農村部の貧困削減への貢献にも寄与する可能性がある。 ■活用が想定される製 品・技術・ノウハウ 食品 HACCP や ISO22000 等国際標準規格の取得、Global GAP の 導入、食品安全に配慮した食品加工工場の設計や作業スペースの改善、食品加工品生産工程・業務フロー・包装工程の改善、コー ルドチェーンや倉庫・流通システムの改善、衛生面改善のための 資機材、家畜疾病対策技術等
関係機関

農業省、保健省、食糧省、食品安全に関する担当省庁、農業協同組合、食品加工企業組合

想定エリア

越境ECコンサルタント
英語 翻訳・通訳
広告代理店
マーケティング
経営者

安全性の高い食料の供給体制を整備したい

バングラデシュ人民共和国

途上国では、食品の安全性が担保されていないために食品由来の感染症が人の健康を脅かし Human Capital(人的資源)に影響 を及ぼしている。世界銀行が 2018 年 10 月に発表した報告書内の 食品を原因とする疾病による生産性ロスの国別比較によれば、パ キスタン、インド、バングラデシュが上位 10 か国にランクインし ている。 3 か国の共通点は、経済成長とともに消費者の食の安全への意識が高まり、農薬の過剰散布への問題意識や清潔かつ安全な食品 加工製造への関心が増している点だ。かかる状況を受け、担当官 庁の機能強化や生産における Global GAP の導入、加工企業の生 産工程の見直し等が進んでいる。 南アジア地域は未だ最大の貧困人口を抱える地域であり、農村に住む貧困層が都市部に食料を供給していることを踏まえると、都市部に住む中高所得者層の嗜好に合った安全性の高い食料の供給体制を整備し販売を促進することは農村部の貧困削減への貢献にも寄与する可能性がある。 ■市場規模 バングラデシュは現在世界 140 か国以上へ 140 品目以上の農産物・食品加工品の輸出を行っており、2025 年には 50億 USD 規模の輸出産業への成長が見込まれている。国内のみならず海外からも食品安全への取組に対する要請が高まり、それに伴い食品安全分野のビジネスチャンスが拡大すると見込まれる。 ■活用が想定される製 品・技術・ノウハウ 食品 HACCP や ISO22000 等国際標準規格の取得、Global GAP の 導入、食品安全に配慮した食品加工工場の設計や作業スペースの改善、食品加工品生産工程・業務フロー・包装工程の改善、コー ルドチェーンや倉庫・流通システムの改善、衛生面改善のための 資機材、家畜疾病対策技術等
関係機関

農業省、保健省、食糧省、食品安全に関する担当省庁、農業協同組合、食品加工企業組合

想定エリア

バングラデシュ全土

英語 翻訳・通訳
越境ECコンサルタント
広告代理店
経営者
マーケティング

安全性の高い食料の供給体制を整備したい

インド

途上国では、食品の安全性が担保されていないために食品由来の感染症が人の健康を脅かし Human Capital(人的資源)に影響 を及ぼしている。世界銀行が 2018 年 10 月に発表した報告書内の 食品を原因とする疾病による生産性ロスの国別比較によれば、パ キスタン、インド、バングラデシュが上位 10 か国にランクインし ている。 3 か国の共通点は、経済成長とともに消費者の食の安全への意識が高まり、農薬の過剰散布への問題意識や清潔かつ安全な食品 加工製造への関心が増している点だ。かかる状況を受け、担当官 庁の機能強化や生産における Global GAP の導入、加工企業の生 産工程の見直し等が進んでいる。 南アジア地域は未だ最大の貧困人口を抱える地域であり、農村に住む貧困層が都市部に食料を供給していることを踏まえると、都市部に住む中高所得者層の嗜好に合った安全性の高い食料の供給体制を整備し販売を促進することは農村部の貧困削減への貢献にも寄与する可能性がある。 ■活用が想定される製 品・技術・ノウハウ 食品 HACCP や ISO22000 等国際標準規格の取得、Global GAP の 導入、食品安全に配慮した食品加工工場の設計や作業スペースの改善、食品加工品生産工程・業務フロー・包装工程の改善、コー ルドチェーンや倉庫・流通システムの改善、衛生面改善のための 資機材、家畜疾病対策技術等
関係機関

農業省、保健省、食糧省、食品安全に関する担当省庁、農業協同組合、食品加工企業組合

想定エリア

インド全土

メディア制作
メガバンク系シンクタンク
外資系金融機関
マーケティング
英語 翻訳・通訳
広告代理店
越境ECコンサルタント
経営者

安全性の高い食料の供給体制を整備したい

パキスタン・イスラム共和国

途上国では、食品の安全性が担保されていないために食品由来の感染症が人の健康を脅かし Human Capital(人的資源)に影響 を及ぼしている。世界銀行が 2018 年 10 月に発表した報告書内の 食品を原因とする疾病による生産性ロスの国別比較によれば、パ キスタン、インド、バングラデシュが上位 10 か国にランクインし ている。 3 か国の共通点は、経済成長とともに消費者の食の安全への意識が高まり、農薬の過剰散布への問題意識や清潔かつ安全な食品 加工製造への関心が増している点だ。かかる状況を受け、担当官 庁の機能強化や生産における Global GAP の導入、加工企業の生 産工程の見直し等が進んでいる。 南アジア地域は未だ最大の貧困人口を抱える地域であり、農村に住む貧困層が都市部に食料を供給していることを踏まえると、都市部に住む中高所得者層の嗜好に合った安全性の高い食料の供給体制を整備し販売を促進することは農村部の貧困削減への貢献にも寄与する可能性がある。 ■活用が想定される製 品・技術・ノウハウ 食品 HACCP や ISO22000 等国際標準規格の取得、Global GAP の 導入、食品安全に配慮した食品加工工場の設計や作業スペースの改善、食品加工品生産工程・業務フロー・包装工程の改善、コー ルドチェーンや倉庫・流通システムの改善、衛生面改善のための 資機材、家畜疾病対策技術等
関係機関

農業省、保健省、食糧省、食品安全に関する担当省庁、農業協同組合、食品加工企業組合

想定エリア

パキスタン全土

越境ECコンサルタント
英語 翻訳・通訳
マーケティング
経営者
広告代理店