Next Market
該当数
1

新たな学習システムを導入して教育の質的課題を改善したい

ラオス人民民主共和国

ラオスの初等教育純就学率は 98.8%にも上っているが、教育の質的課題は依然として大きく、初等教育最終学年(5 年生)残存率は 79.6%と、5 人に 1 人が小学校を卒業できていない。2009 年 のラオス教育スポーツ省(Ministry of Sports and Education: MOES)の調査では、最終学年の 73%が十分な習熟度に達してい ないとされた。一般的に、特に算数能力、例えば四則計算の能力の低さは高校卒業レベルでも頻繁に指摘され、成人の労働生産性の低さの原因のひとつになっているとも推測される。 このような背景から、ラオスにおいては、適齢期の学習児童・ 学生に対して、良質な算数教育を提供する革新的な民間企業の製品・技術の活用が期待される。 また、児童のみならず、教員の算数能力にも課題があることも 多く授業の質の低下につながっており、教員に対する算数教材や、 指導法のビデオ教材なども考えられる。 加えて、山間部などの遠隔地と都市部の教育格差も課題であり、 距離を超えて学べる電子教材(オフラインや通信環境が悪くても稼働するものが望ましい)なども課題解決に貢献が期待される。 ■活用が想定される製品・技術・ノウハウ ・アダプティブラーニング(適応学習)の技術を活用した電子学習教材 ・クラウド型学習システム ・オフライン型電子学習教材や、高度圧縮技術による授業動画配信など
関係機関

教育スポーツ省、国立大学教育学部

想定エリア

ビエンチャン、チャンパサック県、ルアンパバーン県、サワンナケート県

IT企業経営
海外輸出、進出支援エキスパート
アセアン自動車コンサルタント
ファンドマネージャー
コンサルタント
元メーカー兼商社(海外事業部勤務)、現在日系コンサル会社勤務
コンサルタント
バイヤー
越境ECコンサルタント
コンサルタント