Next Market
該当数
2

農作物の多様化や輸出力強化を目指す

ウズベキスタン共和国

当国の農業は、旧ソ連時代から綿花生産を中心に発展し、現在は農業セクター従事者が総就業人口の約 3 割、GDP の 25%(2016 年)を占める主要産業であり、特に、綿花は農業生産量の 6 割を占める主要作物である。しかしながら、綿花に依存する農業は国際市況価格の変動や天候リスクに対して脆弱であるため、当国政府は近年、野菜(じゃがいも、トマト等)や果樹(りんご、ぶどう等)といった園芸作物の生産への転換やバリューチェーンの強化等により、農作物の多様化や輸出力強化を目指している。現在ウズベキスタンでは、綿花から園芸作物への転換に伴い、特に、園芸作物の生産に従事する農家や加工、流通に従事する農業関連企業を中心に、生産投入資材や加工・貯蔵、流通に適した機械や施設の需要が高まっており、肥料、グリーンハウス、灌漑設備、農業機械、加工・予冷・パッケージング施設等の整備まで幅広いニーズがある。 なお、農林水産省は「グローバルフードバリューチェーン戦略」を打ち立てており、中央アジア諸国に対しては、寒冷地農業生産や灌漑、品質管理などの先進技術の導入や、コールドチェーン等の流通販売網の整備を通じた高付加価値フードバリューチェーンの構築を推進している。 ■活用が想定される製品・技術・ノウハウ ・灌漑設備 ・冷蔵施設 ・農業廃棄物処理技術 ・耐久性の高いビニールハウス ・農産物梱包技術 ・民間ベースでの種苗生産・流通ノウハウ ・農産品加工機械 ・節水・塩害対策技術
関係機関

農業水資源省

想定エリア

ウズベキスタン全土

経営者
マーケティング
経営者
越境ECコンサルタント
英語 翻訳・通訳
広告代理店

農産品加工機械を導入して輸出を拡大したい

コートジボワール共和国

輸出農産品(カカオ、コーヒー、カシューナッツ、綿花、パーム 油など)に占める加工品の割合は現在36%に過ぎず、今後品質の改善等により市場の拡大と高付加価値化が期待されている。このためには、加工機械技術の向上と普及が急務である。 政府は加工機械技術に関して関連公社を設置し、民間企業向け加工機械製造サービスや、加工機械展示による販売促進などの対策を講じている。JICA では、「技術革新・普及に重点を置いた産業政策策定支援プロジェクト(農産品加工機械製作支援)」を実施中。 ■活用が想定される製品・技術・ノウハウ ・農産品加工機械、関連 IT 機器、機械部品、工作機械など
関係機関

農業省、産業・鉱業省

想定エリア

コートジボワール全土、アビジャン

開発コンサルタント(中小企業診断士)
マーケティング
NPO法人 代表
越境ECコンサルタント
英語 翻訳・通訳
広告代理店
医療系NGO
経営者