Next Market
該当数
2

カカオ・クリオージョ収穫後処理技術の改善とバリューチェーン構築

ニカラグア共和国

カカオの品種は、クリオージョ(Criollo)、フォラステロ(Forastero)、トリニタリオ(Trinitario)の 3 種の系統に分類される。クリオージョ種は、 メキシコから西部ベネズエラに有史以前から生育していたもので、病害虫に極めて弱く収量が低い反面、高品質で、独特の香りを有し、フ レーバービーンズとして珍重されている。現在、クリオージョ種は、全 世界のカカオ生産の僅か数%とされ、世界のカカオ市場での需要が 高まっている。 ニカラグアでは、およそ 10,500 人がカカオ栽培に関わり、その 98% が小規模農家で、主な生産国と比較するとその生産量は低い。しかし、市場からのニーズが高いクリオージョ種が残る数少ない国である。 特にニカラグア北カリブ自治区(Región Autónoma del Atlántico Norte, RAAN)の Waslala 市は、カカオに最適な栽培環境を持ち、同地域のカ カオを原料としたチョコレートがインターナショナル・チョコレート・アワ ードで複数の賞を受賞している。しかしながら、カカオの栽培・収穫後 処理技術が未熟で、バリューチェーンも未発達であるため、十分にそ の潜在的な市場価値を活かしきれていないという課題を抱える。 一方で、日本、北米、欧州市場では、高品質チョコレートへの需要 が高まり、品種や産地限定のカカオ豆を生産地から直接買い付け、カ カオ豆の焙煎からの製造工程を、一つの工房で行い、直接販売を行う Bean to Bar というビジネスモデルが急成長している。同ビジネスモデ ルは、原料となるカカオの高い品質、希少性に大きな市場価値を見出 すもので、ニカラグアのクリオージョ種の市場進出にとって、最適なタ ーゲットセグメントだといえる。 カカオのバリューチェーン構築や、栽培・加工技術の改善につい ては、JICA や民間企業によるアフリカや東南アジアでの先行事例もあ り、こうした技術やビジネスモデルは、ニカラグアにおいても適用可能 であると考えられる。これらの活動を通じて、同国における小規模カカ オ農家の生産性の向上や、生活の改善が期待される。 地域農業開発協会(ADDAC:Asociación para la Diversificación y el Desarrollo Agrícola Comunal)が、Waslala 市及びその周辺で、カ カオ苗の共同生産や、農産物のマーケティング等の活動を行って おり、一定の成果を上げている。 マタガルパ県マティグアス市(Matiguás)にある農民協同組合 (Cooperativa La Campesina)に青年海外協力隊員が赴任してお り、カカオ農家への技術支援や、女性グループによる手作りチョコ レートのマーケティング支援を行っている。 上記協同組合を含め、いくつかの現地企業が手作りチョコレートを 生産・販売している。高級輸入チョコレートに匹敵するような価格 設定で、富裕層や外国人旅行者をターゲットとして販売している。 チョコレートの品質については、改善の余地が大きく、製造方法に 関する技術指導の要望も大きいと考えられる。 インジェマン社(Ingemann)が、カカオ苗の販売や栽培技術の普 及、カカオ豆の買取、発酵・焙煎等、高品質カカオの輸出事業を行っている。 ■活用が想定される製品・技術・ノウハウ ・ アグロフォレストリー農法 ・カカオ収穫後処理技術 ・ チョコレート製造技術、製品化技術 ・ 流通(パッケージ、冷却保存等) ・フェアトレード ・ Bean to Bar ビジネスモデル
関係機関

農牧技術院、カカオ流通アグロフォレストリー協同組合(CACAONICA)

想定エリア

南カリブ自治区、グラナダ県(Granada)、リオサン、マタガルパ県(Matagalpa)、ヒノテガ県、北カリブ自治区ワスララ市

英語 翻訳・通訳
越境ECコンサルタント
マーケティング
経営者
広告代理店

パームオイル工場の排水処理高度化と資源の循環利用

ニカラグア共和国

ニカラグア政府は、「2017年 生産・消費・流通計画」の中で、アブラヤシを重要な工芸作物の一つとして挙げ、前年比で 33.9%の増産を見込んでいる。2016 年の実績は、作付面積 21,600ha、パームオイル生産量 50,500t であった。パームオイル生産加工者団体(Cámara de Productores y Procesadores de Palma Aceitera)によれば、国内、国外資本による積極的な新規投資が今後も見込まれている。今後パームオイル産業が成長していけば、雇用促進、地域経済へ貢献、社会・交通インフラの整備等、地域住民への直接および間接的利益が増大することが期待される。 その一方で、パームオイル生産過程における排出水や排煙による周辺環境の汚染、大規模なプランテーション栽培による自然生態系への影響などが懸念されている。一部 NGO が、パームオイル生産に関連する環境問題を提起しているが、他の生産国に比べて、国民的な議論にまでは至っていない。しかし、ニカラグアのアブラヤシ栽培適地は、低開発の熱帯雨林地域であり、アブラヤシ栽培の拡大はこの貴重な生態系へ重大な影響を及ぼすことが予想される。 日本の民間企業及び大学・研究機関は、マレーシア、インドネシア、タイ等でパームオイル産業が抱える様々な課題に対して、適切な環境対策技術を開発し、技術支援をしてきた経験を有する。そうした技術と経験は、中米ニカラグアのパームオイル産業が抱える課題の解決に適用可能であり、同産業の持続的な発展を支援し得る。 なお、パームオイル生産に関して、ニカラグアは後発国であり、中南米地域で先行するコロンビア、グアテマラ、ホンデュラス、エクアドル等に比べると、生産規模はまだ小さい。しかし、政府の開発支援も受けて、今後生産を拡大していくと予想される。 ■活用が想定される製品・技術・ノウハウ ・パームオイル工場の排水処理高度化と資源の循環利用 ・余剰エネルギー・バイオマスを再利用した製品製造 ・廃液から水を再生する技術 ・廃液の燃料化 ・グリーン経済の促進
関係機関

環境自然省(MARENA)、農牧技術院、農牧省

想定エリア

ニカラグア南カリブ自治区、Región、RACS

広告代理店
経営者
マーケティング
英語 翻訳・通訳
越境ECコンサルタント