Next Market
該当数
2

コメ生産・流通・販売に関する技術・ノウハウを導入したい

タンザニア連邦共和国

タンザニアにおいて、農業セクターは就労機会の約 7 割を提供 し、GDP の約 4 分の1、輸出額の約 3 割を占める重要分野である。 アフリカの中でも広い耕作地、比較的豊富な水資源、年間を通し た日照があり、農業生産ポテンシャルは大きい。 タンザニアでのコメ栽培面積は 2000 年の約 41 万 ha から 2015 年には 115 万 ha に増加し、これに伴い生産量も約 80 万トンから 約 290 万トンと飛躍的に増加している。一方、年 3.16%の人口増、 さらに都市化・生活水準の向上に伴いコメの消費も増えており、 さらに近隣国への輸出も見据えると、引き続きコメ生産増の必要 性は高い。 タンザニアの稲生産性は近年若干向上しているものの依然とし て 2.5t/ha 程度と低く、上述の生産量増も多くが栽培面積の増加で 達成されたものである。今後、灌漑農地の拡大も期待されるが、 限りある水資源の下では栽培面積の拡大にも限界があり、少しず つ集約的で生産性の高い稲作栽培に変化していく必要がある。 ■活用が想定される製品・技術・ノウハウ ・集約的なコメ生産・流通・販売に関する技術・ノウハウ ・具体的には、コンバインハーベスターを中心とした農業機械の導入、効率的な用排水管理、病虫害・雑草管理、裏作も含む年間を通しての営農管理にかかるノウハウとそれに必要な資材・機器の導入。
関係機関

農業省(MOA)、キリマンジャロ農業研修

想定エリア

タンザニア全土

越境ECコンサルタント
英語 翻訳・通訳
医療系NGO
マーケティング
NPO法人 代表
元メーカー兼商社(海外事業部勤務)、現在日系コンサル会社勤務
経営者
開発コンサルタント(中小企業診断士)
広告代理店

野菜や果物の栽培・流通・販売に関する技術・ノウハウの導入

タンザニア連邦共和国

タンザニアにおいて、農業セクターは就労機会の約 7 割を提供 し、GDP の約 4 分の1、輸出額の約 3 割を占める重要分野である。 アフリカの中でも広い耕作地、比較的豊富な水資源、年間を通し た日照があり、農業生産ポテンシャルは大きい。また、多様な農業生態系を有することから、国内で様々な生育特性を持った作物 の栽培が可能である。 野菜・果物といった園芸作物の栽培は、冷涼な気候の Arusha 州等北部地域、あるいは Morogoro 州・Iringa 州などの中・南部地 域で盛んである。昨今、官民様々な組織がこれら地域を中心に園 芸作物栽培を支援し、品質も向上しつつある。 しかしながら、依然として品種、栽培技術、流通、販売いずれ の面にも改善の余地が多く残されており、販売先・時期を見据え、 適切な資材を用いて栽培管理を行うことで、収益が向上する可能 性は高い。 ■活用が想定される製品・技術・ノウハウ ・野菜・果物の栽培・流通・販売に関する技術・ノウハウ ・具体的には、新品種の導入、栽培技術の改善およびそれに必要な農業資材の導入、流通・販売の改善およびそれに必要な資材・機器の導入
関係機関

農業省(MOA)、種子認証機関(TOSCI)

想定エリア

タンザニア全土

広告代理店
NPO法人 代表
元メーカー兼商社(海外事業部勤務)、現在日系コンサル会社勤務
マーケティング
医療系NGO
経営者
英語 翻訳・通訳
越境ECコンサルタント
開発コンサルタント(中小企業診断士)