Next Market
該当数
2

マンゴーの栽培・加工技術を導入して品質の底上げと輸出を振興したい

ブルキナファソ

ブルキナファソのマンゴー生産量(推定)は 15 万トンで、Kent 種、Brooks 種など、良質なマンゴーが豊富にある。欧州を始め、 中東、近隣に輸出されていて、生鮮マンゴーとしての輸出に加え、 無加糖で保存料を使わない有機認証製品の乾燥マンゴーの製造・ 輸出が主流となっているのが特徴となっている。全体の生産量 15 万トンに対する輸出の割合は 10%程度と推測されており、残る 10 万トン以上については、一部企業がジュースやピューレに加工し ているのみで、消費されずに放置・廃棄されているマンゴーも多 いと見られていることから、産業化、輸出振興の観点から、品質 の底上げ、販路開拓、加工技術の改善が課題となっている。 ■活用が想定される製品・技術・ノウハウ ・マンゴーの栽培・加工技術
想定される技術・製品
関係機関

農業・水資源・衛生・食糧安全保障省、工業・商業・手工業省

想定エリア

西南部

広告代理店
経営者
英語 翻訳・通訳
起業家
元メーカー兼商社(海外事業部勤務)、現在日系コンサル会社勤務
フリーランス(語学講師)
マーケティング
越境ECコンサルタント

オーガニックコットンに関する栽培・精錬・紡績技術

ブルキナファソ

ブルキナファソはアフリカ最大のコットン生産国で、同国第 1 位の輸出農産品として、国の経済・雇用を支えている。近年はオ ーガニックコットンの生産も活発で、米国ブランド Victoria’s Secret での採用や、エシカルファッションとして欧州のコレクシ ョンに出展されるなど、その品質は高い評価を受けている。農薬散布による健康被害や土壌劣化を避けるため、今後もオーガニックコットンの生産は増加の方向にあるが、オーガニックコットンの生産は全体の 3%程度にとどまり、栽培、精練、紡績に係る技術は生産者に十分普及していない。 ■活用が想定される製 品・技術・ノウハウ ・オーガニックコットンの紡績技術、栽培、精練技術
関係機関

農業・水資源・衛生・食糧安全保障省、工業・商業・手工業

想定エリア

ブルキナファソ西南部

フリーランス(語学講師)
英語 翻訳・通訳
越境ECコンサルタント
元メーカー兼商社(海外事業部勤務)、現在日系コンサル会社勤務
経営者
起業家
マーケティング
広告代理店