Next Market
該当数
2

地下水淡水化技術を導入して安全な飲料水の安定的な供給を図りたい

チュニジア共和国

チュニジアは、国土の年間平均降雨量が 500mm と少なく、また年間利用可能表流水量の国内地理的偏りが著しい。北部では地下水や表流水で現時点の需要は一定程度賄えているものの、南部は砂漠気候になっているため水源は地下水に頼らざるを得ない状況であるが、南部の地下水は塩分濃度が高く 90 年代よりかん水淡水化施設が進められてきている。 増大する上水の需要への対応及び安全な飲料水の安定的な供給を図るため、限られた水資源の効率的な開発と適切な管理はチュニジア政府にとって重要な開発課題となっている。 ■活用が想定される製品・技術・ノウハウ ・中小規模のサイトで利用可能な地下水淡水化技術(膜処理技術(RO膜等)、省エネテクノロジー(エネルギー回収技術等)) 保守・管理への協力も期待。
関係機関

農業・水資源・漁業省、水資源開発公社(SONEDE)

想定エリア

チュニジア南部地域

広告代理店
英語 翻訳・通訳
経営者
越境ECコンサルタント
元メーカー兼商社(海外事業部勤務)、現在日系コンサル会社勤務
マーケティング

生活用水や農業用水等の水需要に対応するため下水処理水再利用を実現させたい

チュニジア共和国

チュニジアは水資源を地下水や河川水等に頼っているが、以下のとおり水源や水量等が限られていることから水需要が逼迫している。 ・水資源:特に南部地域では水資源は地下水に頼らざるを得ない状況であるが、塩分濃度が高くかん水淡水化が必須であり、チュニジア政府が取り組んでいる。 ・下水の再利用:下水道整備公社(ONAS)が管轄する地域における工場・家庭等の下水道接続率は 89.3%(2010 年)で、ONAS 管轄外の市においても各市がセプティックタンクを設置する等下水処理は行われているものの、処理水は再利用されず河川等に放流されている。 かかる背景を受け、現在チュニジアでは水研究所(CERTE)等が中心となり産業・家庭排水の再利用研究を積極的に行う等、下水処理水再利用の実現化が期待されている。増大する生活用水・農業用水等の水需要に対応するため、限られた水資源の効率的な開発と適切な管理はチュニジア政府にとって重要な開発課題となっている。 ■活用が想定される製品・技術・ノウハウ ・ユニット形式で拡張可能性が高く、中小規模のサイトで利用可能な高度下水処理施設技術 保守・管理への協力も期待されている。省エネ、汚泥エネルギー化も含めた提案を妨げるものではない。
想定される技術・製品
関係機関

農業・水資源・漁業省、水資源開発公社(SONEDE)、下水道整備

想定エリア

チュニジア南部地域

経営者
広告代理店
越境ECコンサルタント
英語 翻訳・通訳
マーケティング
元メーカー兼商社(海外事業部勤務)、現在日系コンサル会社勤務