Next Market
該当数
2

安定的な食料生産と農作物の付加価値を向上させたい

エチオピア連邦民主共和国

エチオピアの農林水産業は、GDP の 34%、労働人口の 7 割を占めてお り、全人口の 8 割が農村地域に居住していることから、農業セクターの経 済・社会開発における存在感は極めて大きい。平均営農面積は 1ha 程度と 小さく、農家の多くは牛耕による天水農業を営んでおり、一部地域では旱 魃や食糧危機が発生しやすい脆弱性をいまだ抱えている。 近年は、化学肥料や改良品種種子など農業投入財の使用が徐々に増え、 穀物生産量や生産性は向上しているが、増え続ける人口に対し食料自給は 達成できていない。安定的な食料生産の達成に向け、小規模農家による使 用・維持管理が可能な適正技術を導入する必要がある。 他方で、オランダなど欧米資本の農業投資により、近年は切花や野菜の 大規模施設園芸も成長しつつあり、コーヒーに次ぐ輸出農作物として、貴重な外貨獲得源になっている。エチオピア政府は農業工業団地を国内各地 に設立する計画を進めており、農作物の付加価値向上のためのポストハー ベスト技術(調製、加工、包装など)は、今後その需要が伸びるとみられる。 ■活用が想定される製 品・技術・ノウハウ 農村でのソーラー電源、灌漑用小規模ポンプ、濾過機・浄水器、穀物調製 機材(脱穀、精米、石抜き等)、農具(鎌、鋤等)、穀物貯蔵技術(コン テナ、バッグ等)、労働履物(畑地/水田用地下足袋)
関係機関

農業省、Ministry of Agriculture、エチオピア農業研究機構、Ethiopian

想定エリア

エチオピア全土

NPO法人 代表
医療系NGO
越境ECコンサルタント
英語 翻訳・通訳
開発コンサルタント(中小企業診断士)
経営者
広告代理店
元メーカー兼商社(海外事業部勤務)、現在日系コンサル会社勤務
マーケティング

栽培・流通・販売のサプライチェーン全体を改善したい

ペルー共和国

ペルーの GDP に対する農業(含:畜産)の割合は 5.3%(中銀、 2014)を占め、約 230 万世帯の主要所得となっており、そのうち 80%は貧困率が比較的高い地方部の世帯である(FAO、HP)。 ペルー国土は、西部太平洋岸の乾燥砂漠地域(コスタ)、アン デス山脈が縦断する中部高山地域(シエラ)、アマゾン河が横断 する東部熱帯雨林地域(セルバ)の 3 つの異なる自然帯から構成 され、各地域で多様な農産物が生産されている。コスタでは豊富 な日射を活かしてサトウキビや米などの穀物に加え、対日輸出の 多いアスパラガスなどの野菜が栽培され、シエラはトウモロコシ やジャガイモ、コーヒー、マカなどの伝統的作物の他、近年では キヌアやキウィチャなどの高栄養価雑穀の生産地になっており、 セルバではカムカム、マンゴーなどの熱帯果樹が多く生産されて いる。 上述のとおり農業はペルーにおける重要セクターであり、高い 多様性から発展ポテンシャルを有する。しかし、コスタでの大企 業による農業生産を除くと、資材供給から栽培、流通、販売まで のサプライ・チェーン全体が未発展で非効率的である。例えば、 資材供給面では優良種子や適切な農具の不足、低品質肥料の不正 流通が課題となっている。加えて、栽培・流通・販売面において は不適切・不十分な農業資材の利用や農業機械化の遅れ、個別・ 少量の生産・販売、不明確な品質基準や未選別販売が見られ、サ プライチェ-ン全体に基礎的な課題を多く抱えている。 ■活用が想定される製品・技術・ノウハウ ・農具(ネット等)、肥料など農業資材生産・販売 ・トラクターなど農業生産機材生産・販売 ・卸売市場運営など農産物流通のノウハウ
関係機関

農業灌漑省

想定エリア

ペルー全土

英語 翻訳・通訳
スタートアップコンサルタント
マーケティング
元メーカー兼商社(海外事業部勤務)、現在日系コンサル会社勤務
経営者
越境ECコンサルタント
営業
マーケター
広告代理店