Next Market
該当数
3

障害者向けに TV 放送補完システムや義肢装具、杖、車いす等の補装具を届けたい

モンゴル国

近年急速な経済成長を遂げてきたモンゴル国(以下、モンゴル) は、国内の経済格差が浮き彫りになっている。経済成長から取り残されている人々の中でも特に状況が深刻なのが障害者である。 モンゴルにおいては障害児の就学機会は限定されており、障害者 の就労のための土台作りは不十分であり、多くの障害者が貧困状態に置かれている。 背景として、社会における物理面および情報面のアクセシビリテ ィの欠如、支援技術の不足、障害者団体の育成が不十分など、障害者の社会参加を実現するための土台作りが不足している。特に、情報アクセシビリティに関しては、情報通信サービスや公共機関 ウェブサイト等で聴覚障害者や視覚障害者向けのコンテンツ(手 話通訳、音声案内等)が整備されておらず、情報保障に課題がみ られる。また建物や交通機関等のアクセシビリティが十分に整備 されておらず、国内での義肢装具の供給も限定的である。こうしたことから、就労や就学等の社会参加が進んでいないことが大きな課題となっている。 モンゴルは国連障害者の権利に関する条約に 2008 年に批准し、 2016 年 2 月に「障害者権利法」を制定した。さらに施策の基本計画である「国家プログラム」を 2017年12月に策定するなど、障害者の社会参加に向けた取り組みを活発化させている。また障害年金や介護者に対する手当等の社会保障制度が整備されている。 ※詳細は「モンゴル国別障害関連情報」を参照のこと ■活用が想定される製品・技術・ノウハウ ・視聴覚障害者用 TV 放送補完システム ・義肢装具、杖、車いす等の補装具
関係機関

労働・社会保障省、教育・文化・科学・スポーツ省、通信・情報、リハビリテーションセンター

想定エリア

モンゴル全土、特にウランバートル市

英語 翻訳・通訳
元メーカー兼商社(海外事業部勤務)、現在日系コンサル会社勤務
経営者
越境ECコンサルタント
広告代理店
マーケティング

高齢者ケア用品を導入して医療従事者や家族の負荷軽減を図りたい

ベトナム社会主義共和国

ベトナムは、2016 年に 65 歳以上の人口が 7%を超え、高齢化社会の仲間入りをした。さらにわずか 15 年で、高齢社会(65 歳以上 14%超)へ突入するとも言われている。また、食生活の変化等から、高齢者に限らず幅広い世代で の慢性疾患患者が急増しており、保健財政への圧迫に加え、 中長期的に患者をケアする家族の負荷も増加している。政府は、こうした急激な社会構造の変化への対策の必要性は認識しているものの、具体的な政策実行に着手できているとはいいがたい。介護福祉施設や介護士は殆ど存在してお らず、リハビリを行う理学療法士、作業療法士等の知識や技術力、および治療に有効とされるリハビリ機器も不足している。 以上を踏まえ、リハビリ患者の社会復帰、高齢者ケア、およびそれらを支える医療従事者や家族の負荷軽減を図る製品や技術のニーズが高まっていくことが予測される。 ■活用が想定される製品・技術・ノウハウ ・高齢者ケア用品、介護用品 ・義肢・義手補装具、車いす、歩行補助具、その他リハビリ補助機器等
関係機関

保健省(MOH)、人口家族サービス総局、医療サービス管理局、リハビリ病院、リハビリ科、老人病院、社会保護局、ベトナム高齢者協会(VAE)、労働・傷病兵・社会省(MOLISA)

想定エリア

ハノイ、ダナン、ホーチミン

元メーカー兼商社(海外事業部勤務)、現在日系コンサル会社勤務
多言語PRツール制作
コンサルタント
アセアン自動車コンサルタント
経営者
越境ECコンサルタント
広告代理店
海外輸出、進出支援エキスパート
IT経営者
マーケティング

リハビリ患者の社会復帰と高齢者を支えるリハビリ・介護ケア用品の導入

ベトナム社会主義共和国

ベトナムは、2016 年に 65 歳以上の人口が 7%を超え、高齢化社 会の仲間入りをした。さらにわずか 15 年で、高齢社会(65 歳以 上 14%超)へ突入するとも言われている。また、食生活の変化等 から、高齢者に限らず幅広い世代での慢性疾患患者が急増してお り、保健財政への圧迫に加え、中長期的に患者をケアする家族の 負荷も増加している。政府は、こうした急激な社会構造の変化へ の対策の必要性は認識しているものの、具体的な政策実行に着手 できているとはいいがたい。介護福祉施設や介護士は殆ど存在し ておらず、リハビリを行う理学療法士、作業療法士等の知識や技 術力、および治療に有効とされるリハビリ機器も不足している。 以上を踏まえ、リハビリ患者の社会復帰、高齢者ケア、およびそれらを支える医療従事者や家族の負荷軽減を図る製品や技術のニ ーズが高まっていくことが予測される。 ■活用が想定される製品・技術・ノウハウ 【高齢者ケア】 ・介護ケア用品(食事介助関連用品、歩行器、排泄関連等) 【リハビリ関連】 ・義肢・義手補装具、車いす、歩行補助具、その他リハビリ補助機器等
関係機関

保健省(MOH)、人口家族サービス総局、医療サービス管理局、リハビリ病院、リハビリ科、老人病院、社会保護局、ベトナム高齢者協会(VAE)

想定エリア

ハノイ、ダナン、ホーチミン

コンサルタント
マーケティング
多言語PRツール制作
アセアン自動車コンサルタント
マーケティング
経営者
海外輸出、進出支援エキスパート
元商社
越境ECコンサルタント
コンサルタント