Next Market
該当数
2

安全で互換性のあるQRコードシステムを導入したい

ラオス人民民主共和国

ラオスでは、現金決済の代わりとなる、QR コードを介した銀行決済の仕組みが急速に普及している。これは非常に便利である一 方、以下の課題が現れている。 ① QR コードシステムを提供するプロバイダーが複数あり、 それぞれ独自の仕組みや規格で QR コードシステムを銀行や店舗などへ提供、提携している。そのため、規格の異なる QR コードシステムが複数存在し、銀行間の互換性が無い。また、中央銀行による統一管理が難しい。例えば、 A 規格の QR コードを利用している消費者が、B 規格の QR コードを読み取れず、決済できない、など。 ② QR コードは、店舗では紙やハード媒体上で表示されて、 QR コード形状自体は変化しないため、容易に複製でき、 形状の一部を変えても(口座番号を書き換える)、利用者も店舗も気づかないため、意図しない口座へ振り込まれる など、安全性に課題がある。 ■活用が想定される製 品・技術・ノウハウ ・統一した規格の QRコードシステム、また、規格の異なる既存システムを統一することを可能にする互換システム。 ・QR コードの偽装・偽造・改ざんを検知できる QR コード リーダーまたは QR コード形状を紙、ハード媒体から電子的媒体に変更し、QR コード形状自体を不定期かつランダムに生成するアプリ。
関係機関

中央銀行、財務省

想定エリア

ラオス全土

越境ECコンサルタント
多言語PRツール制作
英語 翻訳・通訳
ファンドマネージャー
経営者
マーケティング
コンサルタント
マーケティング
アセアン自動車コンサルタント
IT企業経営

産業別統計データを適切に把握したい

エチオピア連邦民主共和国

エチオピアでは、中央銀行や中央統計局において基礎的経済指標や産業全体(工業、農業)の統計データが収集されているが、政府が各経済政策を計画するに際しての重要な基盤情報を把握するための公的な統計調査(工業統計調査、商業統計調査等)はほとんど実施されていない。 国の財政事情による予算上の制約に加え、調査実施者となる国及び地方政府における統計担当職員の知識、経験、能力不足が一因と考えられるが、こうした統計データの不在は、業界別の産業政策策定を困難にするばかりか、エチオ ピアへの投資を検討する企業が進出計画を策定する上で大きなマイナス要因となる。 多くの外資企業は現状、世銀やIMFのマクロデータを参照しながら投資計画を策定しているのが実情。 工業、商業統計調査は、貿易産業省(MOTI)の所管と考えられるので今後、ODAによる技術協力プロジェクトを通じて同省の能力強化支援に向けた案件形成も可能と思われる一方、日本において各種統計調査の受託実績を持つ企業や、民民ベースで各種市場調査サービスを提供する民間企業においてはエチオピアで の新たなビジネス機会につながると考える。 ■活用が想定される製品・技術・ノウハウ 公的統計(工業統計調査、商業統計調査)の受託調査、各種市場調査
関係機関

財務省、運輸省、連邦貿易産業省、研究機関、経済関係省庁、技術革新省、都市開発建設省

想定エリア

エチオピア全土

経営者
越境ECコンサルタント
医療系NGO
マーケティング
開発コンサルタント(中小企業診断士)
英語 翻訳・通訳
NPO法人 代表
広告代理店