Next Market
該当数
1

水資源の適切な利用と塩害対策

ウズベキスタン共和国

ウズベキスタンの農林水産業は GDP の約 2 割、労働人口の約 2 割を占めており、その割合は漸減しつつあるも、全人口の 6 割が 農村地域に居住しており、農林水産業及び農村の持続的な発展は、 同国にとって引き続き重要な課題である。 ウズベキスタンの主要農産物は綿花及び小麦であるが、園芸作物への移行が図られている。さらに、種苗、畜産、水産等につい て、食料安保上推進が必要とされている。 また、これまで農業生産は主にフェルメル(中規模農場)及び デフカン(小規模農場)によって担われてきたが、生産から販売、 さらには加工や輸出までをカバーする大規模な「クラスター」を 品目・地域ごとに設置し、生産の振興及び高度化並びに高付加価 値化を図っていくことが示されている(すでに種苗、野菜、果物、 養鶏、綿花及び綿織物等についてクラスターの設置が明らかにさ れている)。 さらに、養蚕及び工芸作物についても、地方における産業振興 及び雇用促進等の観点から推進されている。 このように、ミルジヨエフ大統領の強力なリーダーシップの下、 農業の近代化・高度化が進められていることに加え、海外からの 投資に係る障壁も順次撤廃・緩和されつつあり、中国、韓国、ロシア、トルコ等だけでなく、欧米資本による農業関連分野への投 資の動きも活発になりつつある。 なお、もともと降水量が少ないことに加え、不適切な灌漑によるアラル海の縮小や、それに伴う土壌の塩分集積が深刻な問題となっており、水資源の適切な利用及び塩害対策が課題となっ ている。 ■活用が想定される製品・技術・ノウハウ 施設・資材・機材及び技術等 ・ 種苗生産、検査及び流通 ・ かんがい、節水及び塩害対策 ・ 施設園芸(野菜及び果物) ・ 工芸作物(桑、薬用作物等)及び繭糸等の生産、織物・繊維 製品及び漢方薬の加工製造並びにこれらの流通 ・ 植林 ・ 予冷、調整、集出荷貯蔵及び農産物処理加工(含梱包) ・ 農業廃棄物処理
関係機関

Ministry of Agriculture、Ministry、Agro-industrial

想定エリア

ウズベキスタン全土

経営者
経営者
広告代理店
英語 翻訳・通訳
マーケティング
越境ECコンサルタント