Next Market
該当数
2

産業排水の適切な処理技術によりマニラ湾の水質汚染を防ぎたい

フィリピン共和国

近年の急速な経済成長と都市化に伴い、メトロ・マニラ等都市部で産業・家庭排水量が増大している。一方、こうした都市部では土地価格の高騰による用地買収の遅延や、慢性的な交通渋滞による下水処理施設や下水管路の工事遅延により、マニラ湾の水質汚染等深刻な環境問題を引き起こしている。このように、特にメトロ・マニラでは、産業排水(工場排水、病院排水、畜産排水)の適切な処理や、土地買収面積が小さいコンパクトな下水処理施設の整備、道路を掘削しない工法による下水道管路の敷設等が喫緊の課題となっている。また、排水基準等の強化により、特にメトロ・マニラ等大都市部での高度処理対応の必要性が高まっている。 ■活用が想定される製品・技術・ノウハウ ・排水処理技術、計測・監視・制御技術 ・非開削工法(推進工法) ・工期短縮可能な工法他
関係機関

公共事業道路省(DPWH)、環境省(DENR)、マニラ首都圏上下水供給局(MWSS)、マニラ首都圏開発庁(MMDA)、地方水道開発庁、地方都市行政、水道区(LGUs/WD)

想定エリア

メトロ・マニラ、地方都市、観光地

バイヤー
海外輸出、進出支援エキスパート
IT企業経営
越境ECコンサルタント
英語 翻訳・通訳
経営者
コンサルタント
広告代理店
コンサルタント
多言語PRツール制作

商業施設や家庭からの排水を適切に処理してポートビラ湾の水質汚染を改善したい

バヌアツ共和国

近年の急速な経済成長と人口の集中による都市化に伴い、首都ポ ートビラでは商業施設を始め開発が進み、商業施設や家庭からの 排水量が増大しており、環境への影響が大きくなっている。伝統 的土地取得などの文化による土地収用の困難性や土地価格の高騰 による用地買収の遅延により、必要な下水処理施設の整備が進ま ず、慢性的な汚染の原因となっている。 現在、ボートビラ湾の水 質汚染は深刻な状況であり、2018 年 6 月には人体に影響のある汚染基準が確認され、遊泳禁止となるなど、都市部においては特に深刻な環境問題を引き起こしている。このように、ポートビラで は商業施設排水(ホテル排水、レストラン排水、マーケット排水)や家庭排水の適切な処理が求められており、伝統的土地取得や土 地買収に影響が極めて小さい面積かつコンパクトな下水処理施設の整備、排水路の整備等が喫緊の課題となっている。 ■市場規模 ・ポートビラ市人口:35,000 人 ・ルーガンビル市人口:10,000 人 ■活用が想定される製品・技術・ノウハウ ・浄化槽施設 ・排水処理技術 ・計測・監視・制御技術 ・工期短縮可能な工法 他
関係機関

ポートビラ市役所、PVMC、ルーガンビル市役所、LMC、環境保全保護局、Port、Luganbille、Department

想定エリア

地方都市、観光地、ポートビラ、ルーガンビル、レナケル

元メーカー兼商社(海外事業部勤務)、現在日系コンサル会社勤務
マーケティング
越境ECコンサルタント
英語 翻訳・通訳
広告代理店
経営者