Next Market
該当数
4

地すべりや表層崩壊、落石を防止する製品

東ティモール民主共和国

道路総延長 6,000km の道路網のうち、60%を通過する山岳地帯で は道路拡幅に伴う新たな切土・盛土が建設されている。 また、急峻な地形や、脆弱な地質による不安定な箇所が多くあり、 降雨による自然災害、側溝・カルバート等道路排水施設の維持管理の悪さにより毎年切土・盛土の地すべり・表層崩壊及び落石が 発生している。 これまで斜面対策としてバイオエンジニアリング(崩壊斜面での 再植生)は実験的に実施されているが、落石防止対策については 全く手付かずの状態である。 地すべり・表層崩壊及び落石は脆弱な道路ネットワーク全体に大きな欠損となり、ひいては東ティモール国の経済・社会開発を妨げる大きな要因の一つである。 ■活用が想定される製 品・技術・ノウハウ 法面の安定、緑化の促進のための鋼製ネット。具体的には、法面の浮石を安定させ、維持管理が容易、緑化促進に優位、多様な現場条件に適応可能、高耐久性等を有する製品
想定される技術・製品
関係機関

公共事業・運輸・通信省(MPWTC)、道路・橋梁・洪水対策局(DRBFC)

想定エリア

ディリ、バウカウ、サメ、マリアナ、オエクシ地方

越境ECコンサルタント
海外輸出、進出支援エキスパート
英語 翻訳・通訳
コンサルタント
バイヤー
元メーカー兼商社(海外事業部勤務)、現在日系コンサル会社勤務
経営者
マーケティング
IT企業経営
多言語PRツール制作

キャッサバ収穫を機械化したい

ナイジェリア連邦共和国

ナイジェリアは生産面積で世界全体の2割弱 を占めるキャッサバ生産大国である(FAOSTAT)。ナ国政府もキ ャッサバを重点作物の一つに挙げ、生産振興に取り組んでいる。 しかしながら、作業の機械化が遅れており、収穫は手作業で行な われているため、生産性が低い。 一方、近年、ナイジェリアでは幾つかの州の農業事務所や民間の業者が主 に中型のトラクターを利用して有料で農家の畑を耕作するサービ ス(賃耕サービス)を始めており、今後多くの業者がこのサービ スに参入するものと予測されている。 このため、賃耕業者のトラクターに装着したキャッサバハーベ スターを利用した機械収穫の促進が望まれている。 活用が想定される製品・技術・ノウハウ ・キャッサバ収穫の機械化促進に資する製品及びノウハウ(日本の農業機械業者が開発したトラクター、トラクターへのアタッチメント等の技術が応用可能)
関係機関

農業農村開発省(FMARD)、国立農業機械化センター(NCAM)、国際熱帯農業研究所(IITA)

想定エリア

ナイジェリア全土

越境ECコンサルタント
広告代理店
起業家
フリーランス(語学講師)
経営者
英語 翻訳・通訳
元メーカー兼商社(海外事業部勤務)、現在日系コンサル会社勤務
マーケティング

農産物の加工、保存、輸送技術を向上させ、小規模農家の農業生産と収入を向上させたい

コソボ共和国

コソボは,旧ユーゴで最も開発が遅れた地域であり,旧ユーゴ 及びセルビアからの援助に依存していたため,自立的な経済構造を有していない。主要産業の農業は、小規模な家族経営が大半となっている。 ⚪︎農産物の加工、保存、輸送技術 栽培技術や加工技術の未成熟・ローテク、商品化・ブランド化 戦略の欠如(ナレッジ・機材不足)、ポスト・ハーベスト・センターの未発達等、食品生産・加工・流通までのフードバリューチェーンが整備されていない。 ⚪︎小規模農家の農業生産と収入の向上 生産者である農家は小規模で、金融サービス(天候インデックス保険、マイクロクレジット等)とマーケット情報へのアクセスが限定的となっている。結果として、生産規模の拡大、生産効率の向上が未発達となっている。 ■活用が想定される製品・技術・ノウハウ 簡易な流通ノウハウ・地方部でも導入可能な保存・保管や梱包に係る製品・技術(維持管理の容易な冷蔵庫・冷凍車)、品質管理及び供給・販売体制(グループ経営)にかかるノウハウ
関係機関

地方自治体、農業農村開発省

想定エリア

コソボ全土

経営者
マーケティング
広告代理店
元メーカー兼商社(海外事業部勤務)、現在日系コンサル会社勤務
英語 翻訳・通訳
越境ECコンサルタント
マーケティング

米の収穫後処理技術と品質検査に必要な技術・ノウハウを導入したい

ナイジェリア連邦共和国

ナイジェリアでは年間5百万トン程度のコメ が消費されている。(ナイジェリア農業省の資料)この消費を満たすため にコメの生産(籾)は 2004 年の 3.3 百万トンから 2013 年の 4.7 百万トンに伸びているものの、2.3 百万トンのコメ(精米換算) が輸入されている。(FAOSTAT)ナイジェリア政府は輸入米を国産米に置き換えるべくコメの生産拡大に取り組んでいる。 ナイジェリアのコメは、一般的に、多くの農家が地元で流通している籾を 利用してコメを栽培していること、栽培中の管理が適切でないこ と、収穫後の処理も機械化されていないことから、籾の品質は非 常に悪い。さらに、精米等も多くは中小業者によって行なわれて いることから、精米の品質も一般的に悪く、輸入米に品質面で劣 っている。 このため、ナイジェリアでは、籾と精米の品質の国家基準の策定(現在、 最終段階にある。)等の国産米の品質を高める試みが行なわれて おり、コメの品質に関する関心は高くなっている。一部の大手業 者は検査機器を利用して、原料である籾と製品である精米の品質 検査を実施しているものの、多くの業者はいまだ外見のみで品質 を判断しており、検査機器を利用したコメの検査の普及が望まれ ている。 ■活用が想定される製品・技術・ノウハウ ・精米機、石抜き機、選別機(夾雑物除去、色彩選別)等のコメの収穫後処理技術の向上に有効な製品及びノウハウ ・水分計、実験室用の籾摺り機、分別機、穀粒判別機、食味分析計等のコメの品質検査に必要な製品及びノウハウ
関係機関

農業農村開発省(FMARD)、農業ビジネス・マーケティング局(ABM)、ナイジェリア基準局

想定エリア

ナイジェリア全土

広告代理店
経営者
元メーカー兼商社(海外事業部勤務)、現在日系コンサル会社勤務
マーケティング
起業家
越境ECコンサルタント
フリーランス(語学講師)
英語 翻訳・通訳