Next Market
該当数
1

ホテルや商業ビルへ省エネルギー技術を導入したい

ベトナム社会主義共和国

2015 年 11 月 COP21 では、ベトナムを含む途上国に 2020 年以降の GHG 削減義務化が課される可能性が高く、ベトナムでは今後も GHG 排出量削減に取り組む必要性が生じる。経済発展が目覚ましいベトナムにおいて、民生部門は GHG 削減余地の大きいセクターであると考えられている。ベトナムではグリーン成長戦略を策定し、ホテルや商業ビルにおいても省エネルギー技術を導入を図ることとなっている。一方で、民生部門の省エネルギー機器の導入に関し、ベトナムにおいては市民レベルまで省エネの必要性が浸透している訳ではない。そのため、省エネルギーは経営効率化の一環として受け取られることが多く、短期(3−5年を想定)で投資回収が見込める省エネ技術の導入が課題となっている。 ■活用が想定される製品・技術・ノウハウ ・グリーンビル関連の省エネ技術等
想定される技術・製品
関係機関

MOIT(ベトナム商工省)

想定エリア

ベトナム全国、主要都市の方が需要は高い

IT経営者
元メーカー兼商社(海外事業部勤務)、現在日系コンサル会社勤務
越境ECコンサルタント
マーケティング
コンサルタント
経営者
英語 翻訳・通訳
多言語PRツール制作
アセアン自動車コンサルタント
家具・インテリア製品販売