Next Market
該当数
3

ポータブル超音波診断装置を導入して妊産婦の定期健診を促進したい

ホンジュラス共和国

妊産婦死亡率の高い特に地方部において、ホンジュラス保健省が 推進する保健医療サービスのアウトリーチを通じた妊産婦の定期健診を促進するための有効なツールとなりうる。 ■活用が想定される製品・技術・ノウハウ ・ポータブル超音波診断装置
想定される技術・製品
関係機関

保健省

想定エリア

ホンジュラス全土、特に地方

英語 翻訳・通訳
経営者
元メーカー兼商社(海外事業部勤務)、現在日系コンサル会社勤務
マーケティング
広告代理店
越境ECコンサルタント

胎児ドップラを導入して妊産婦の定期健診を促進したい

ホンジュラス共和国

妊産婦死亡率の高い特に地方部において、ホンジュラス保健省が推進する保健医療サービスのアウトリーチを通じた妊産婦の定期健診を促進するための有効なツールとなりうる。 ■活用が想定される製品・技術・ノウハウ活用が想定される製品・技術・ノウハウ ・胎児ドップラ
想定される技術・製品
関係機関

保健省

想定エリア

ホンジュラス全土、特に地方

越境ECコンサルタント
マーケティング
元メーカー兼商社(海外事業部勤務)、現在日系コンサル会社勤務
広告代理店
経営者
英語 翻訳・通訳

銀行口座を必要としない携帯電話による決済サービスの導入

東ティモール民主共和国

東ティモールの農村部において、現在でも現金での取引が主流で ある。また、農村部では銀行口座を有している人々は少ない。同 国における重要な産業のひとつであるコーヒー産業では、コーヒ ー生産者と銀行口座を介した取引が行えず、支払いは全て現金で 行われており、コーヒーの買い付けに農村部まで行く民間企業は 一度の買い付けで US$50 万以上の現金を運ぶこともあり、大きな リスクを抱えている。 また、首都ディリが位置するディリ県以外では、各県の一番大き い町に銀行の支店が 1,2 店舗ある程度で、農村部からの銀行まで のアクセスは非常に悪い。 現金及び銀行を通じた決済以外の方法が導入されることで国内に おけるビジネス環境の改善や、商取引の活性化を図っていくこと が課題。 なお、コーヒー農家の年間の世帯収入が$500 前後と試算されている。 市場規模は、2015 年のセンサスによると世帯ごとの回答であったが、携帯電話の普及率は 81%。人口は約 120 万人。 ■活用が想定される製品・技術・ノウハウ ・銀行口座を必要としない携帯電話による決済サービス
関係機関

計画財務省

想定エリア

東ティモール全土、特に地方

広告代理店
ファンドマネージャー
コンサルタント
マーケティング
アセアン自動車コンサルタント
コンサルタント
英語 翻訳・通訳
元メーカー兼商社(海外事業部勤務)、現在日系コンサル会社勤務
海外輸出、進出支援エキスパート
経営者