Next Market
該当数
1

衛生環境の改善と安全な水を確保して5 歳未満児の死亡率や妊産婦死亡率を改善したい

アンゴラ共和国

アンゴラは、近年の急速な成長を経て、サブサハラでは第 3 位の経済規模を持つ国である。しかし、経済・社会インフラ及び公的サービスは依然として脆弱なものであり、5 歳未満児の死亡率や妊産婦死亡率等の母子保健関連指標は世界最悪の水準となって いる。特に第 1 次医療機関である保健センターでは適切な衛生環境と安全な水の確保が大きな課題となっており、これらの不備により母子及び医療従事者の感染症も懸念されている。 母子保健の向上を図るため、ODAプロジェクトによって母子健康手帳の導入が行われた。アンゴラ保健省は、紙ベースの母子健康手帳を電子化する等の IT・情報システムの活用を視野に入れ、母子健康手帳の利用を更に拡大する計画を持っている。 ■活用が想定される製品・技術・ノウハウ ・石鹸類製剤 ・殺菌消毒薬 ・遠隔医療支援システム
関係機関

保健省、ルアンダ州保健局

想定エリア

アンゴラ全土、ルアンダ州

広告代理店
マーケティング
越境ECコンサルタント
経営者
英語 翻訳・通訳
元メーカー兼商社(海外事業部勤務)、現在日系コンサル会社勤務