Next Market
該当数
2

【洪水・土砂災害・サイクロン対策】効果的な防災技術の導入

インド

インドの主な自然災害は洪水、サイクロン、土砂災害、地震、異常気象であり、効果的な防災技術活用の余地は大きい。災害リスクのモニタリング、災害被害軽減技術、警報システム(特に末端住民とのラストマイル接続)、等幅広い防災技術に対するニーズがある。そのうち、洪水、 土砂災害対策、サイクロンについて、現状の防災課題は以下の通り; ・洪水対策:堤防工・護岸工は行われている地域もあるが、土砂の堆積、 流路閉塞による洪水・内水氾濫のリスクを残しており、それらへの対策 が課題となっている。 ・土砂災害対策:土砂災害モニタリングシステム・早期警報システム・緊 急時の末端の住民への情報伝達システムの構築が課題。また、対策工も 限定的であり、ロケーションに応じた適切な斜面対策技術の導入が課題。 ・サイクロン:物理的な被害軽減対策、緊急時にダウンしない強靭な通信 システム、予警報システムの導入、などが課題。 想定地域名(州・県名) 洪水:ビハール州、ヒマーチャル・プラデーシュ州、ウッタラカンド州など 土砂災害:ウッタラカンド州、ヒマーチャル・プラデーシュ州など サイクロン:オリッサ州、アンドラ・プラデーシュ州、グジャラート州など ■活用が想定さ れる製品・技 術・ノウハウ 災害リスクモニタリング技術、河川治水技術、警報システム、斜面対策 技術、サイクロン被害軽減技術、災害時通信システムなど。
関係機関

国家災害管理委員会、州災害管理委員会

想定エリア

ビハール州、ヒマーチャル・プラデーシュ州、オリッサ州、アンドラ・プラデーシュ州、グジャラート州

英語 翻訳・通訳
メガバンク系シンクタンク
越境ECコンサルタント
元メーカー兼商社(海外事業部勤務)、現在日系コンサル会社勤務
マーケティング
外資系金融機関
広告代理店
メディア制作
経営者

【土砂災害対策】フラッシュフラッドや土砂災害に対応したい

ベトナム社会主義共和国

ベトナムの主な自然災害は、洪水、暴風雨(台風)、フラッシュ フラッド、土砂災害、海岸侵食等である。 これらに対して、堤防・ダム等のハード施設の運用改善、状態監視や維持管理、気象水文観測をはじめとする災害モニタリング、 予警報等、幅広い防災技術に対するニーズがある。 フラッシュフラッド・土砂災害対策:モニタリング・予警報システム、砂防堰堤等のハード対策、斜面対策 ■活用が想定される製品・技術・ノウハウ ・フラッシュフラッド・土砂災害のモニタリング・予警報システム ・砂防堰堤等のハード対策 ・斜面対策工
関係機関

中央災害対策委員会、CSCNDPC、農業農村開発省防災総局、VNDMA、天然資源環境省気象水文総局

想定エリア

山岳部急流地域、中部~北部

越境ECコンサルタント
コンサルタント
経営者
元商社
広告代理店
海外輸出、進出支援エキスパート
経営者
IT経営者
コンサルタント
コンサルタント