Next Market
該当数
1

熱帯果樹の接木技術を導入して輸出につながる果樹栽培につなげたい

東ティモール民主共和国

東ティモールではおよそ 7 割以上の国民が地方に住み、地方には農業以外の産業がほとんど無い状況である。コーヒーとココナッツ以外の輸出農産物はほとんど無く、主食のひとつであるであるコメも 6割強が輸入に頼っている状況である。当国で農産物増産を試みた場合、農業用水の確保、土作り、農民の農業知識・技術の向上、輸送や販売先といった流通経路の確保等ほぼすべての段階での梃入れが必要であり、農業・農村開発が進みにくい要因となっている。あらゆる農産物の自給率を上げること、輸入を減少させること、輸出につながる農産物を増加させることが課題となっている。 中でも果樹に関し、当国の一般的な果樹の品種は数百年単位で更新がされていないと思われ、輸出の競争性は低いものとなっている。接木技術が導入され、競争性の高い品種の果樹栽培が定着すれば輸出可能な果物が比較的短期間で生産できるようになるものと思われる。 JICAが実施するプロジェクト「持続可能な天然資源管理能力向上プロジェクトフェーズ1 」において中山間地へのみかんやランブータンの果樹を含む植林が進められたが、在来品種を種から育てたものである。ただしローカルでの購買層は存在する。 ■活用が想定される製品・技術・ノウハウ ・熱帯果樹の接木に関わる技術、資機材。輸出につながる製品化のノウハウ。 ・「地元産の農作物」を使い「農民グループでもできる簡単な技術」で「一定の売れ数が期待できる」「農産加工品の開発」
関係機関

農業漁業省(MAF)、商工環境省(MCIE)

想定エリア

東ティモール全土

アセアン自動車コンサルタント
経営者
マーケティング
バイヤー
越境ECコンサルタント
コンサルタント
広告代理店
マーケティング
英語 翻訳・通訳
IT企業経営