Next Market
該当数
3

浄化槽を導入して小規模集落や集合住宅の排水処理や下水処理問題を解決したい

トルコ共和国

小規模集落の排水処理、下水処理問題を抱える。下水処理施設のキャパが限られているため、オンサイトでの汚水処理が求められている。 小規模集落、集合住宅の排水処理や下水処理問題を解決するために浄化槽を導入することにより、既存下水処理施設のオーバーフローを緩和できる。
想定される技術・製品
関係機関

マラテヤ市水道局(MASKI)

想定エリア

マラテヤ県

元メーカー兼商社(海外事業部勤務)、現在日系コンサル会社勤務
マーケティング
越境ECコンサルタント
経営者
駐在員の妻
英語 翻訳・通訳
広告代理店

環境に配慮した産業排水の処理技術

ベトナム社会主義共和国

ベトナムにおいては 1986 年ドイモイ以降外資誘致を主軸とし経済成長が達成されてきたが、2016 年ベトナム中部で魚の大量死が発生したことを契機に、経済成長の負の影響に伴う環境配慮の重要性が再認識された。 2011 年日越共同声明にてバリア・ブンタウ省は、工業団地を中核とした産業発展のモデル地域とされ、地域的特性を生かして重化学工業を中心とした産業発展を成し、物流ハブとなる産業政策を立案中であるが、環境配慮の重要性再認識も踏まえ、産業発展との同時推進を可能とする環境対策を行うべく、川崎市や北九州市といった日本自治体の事例を模範にし、産業政策の立案、実現に取組んでいる。 JICA も環境配慮型産業集積及び物流ハブ構想実現支援のため基礎調査による支援実施中である。 ■活用が想定される製品・技術・ノウハウ ・臭気抑制・拡散防止対策 ・排水・排ガスモニタリング ・排水処理(工業団地集中、小規模工場単独) ・排ガス処理(基準に見合う濃度まで) ・廃棄物処理(電炉ダスト、スラッジ処理、セメント原燃料化など)
関係機関

天然環境資源局、商工業局、工業団地管理局、交通運輸局、ジャパンデスク、バリア・ブンタウ省人民委員会

想定エリア

バリア=ブンタウ省

コンサルタント
コンサルタント
家具・インテリア製品販売
マーケティング
経営者
コンサルタント
英語 翻訳・通訳
アセアン自動車コンサルタント
マーケティング
越境ECコンサルタント

パームオイル工場の排水処理高度化と資源の循環利用

ニカラグア共和国

ニカラグア政府は、「2017年 生産・消費・流通計画」の中で、 アブラヤシを重要な工芸作物の一つとして挙げ、前年比で 33.9% の増産を見込んでいる。2016 年の実績は、作付面積 21,600ha、 パームオイル生産量 50,500t であった。パームオイル生産加工者 団体(Cámara de Productores y Procesadores de Palma Aceitera) によれば、国内、国外資本による積極的な新規投資が今後も見込 まれている。今後パームオイル産業が成長していけば、雇用促進、 地域経済へ貢献、社会・交通インフラの整備等、地域住民への直接および間接的利益が増大することが期待される。 その一方で、パームオイル生産過程における排出水や排煙による周辺環境の汚染、大規模なプランテーション栽培による自然生態系への影響などが懸念されている。一部 NGO が、パームオイ ル生産に関連する環境問題を提起しているが、他の生産国に比べ て、国民的な議論にまでは至っていない。しかし、ニカラグアの アブラヤシ栽培適地は、低開発の熱帯雨林地域であり、アブラヤ シ栽培の拡大はこの貴重な生態系へ重大な影響を及ぼすことが予 想される。 日本の民間企業及び大学・研究機関は、マレーシア、インドネ シア、タイ等でパームオイル産業が抱える様々な課題に対して、 適切な環境対策技術を開発し、技術支援をしてきた経験を有する。 そうした技術と経験は、中米ニカラグアのパームオイル産業が抱える課題の解決に適用可能であり、同産業の持続的な発展を支援 し得る。 パームオイル生産に関して、ニカラグアは後発国であり、中南米地域で先行するコロンビア、グアテマラ、ホンデュラス、エクアドル等に比べると、生産規模はまだ小さい。しかし、政府の開発支援も受けて、今後生産を拡大していくと予想される。 ■活用が想定される製品・技術・ノウハウ ・パームオイル工場の排水処理高度化と資源の循環利用 ・余剰エネルギー・バイオマスを再利用した製品製造 ・廃液から水を再生する技術 ・廃液の燃料化 ・グリーン経済の促進
関係機関

農牧技術院(INTA)、環境自然省、農牧省

想定エリア

南カリブ自治区、Región

越境ECコンサルタント
広告代理店
経営者
元メーカー兼商社(海外事業部勤務)、現在日系コンサル会社勤務
英語 翻訳・通訳
マーケティング