Next Market
該当数
1

廃プラスチック資源化技術を導入してゴミを減量・リサイクルしたい

ブータン王国

ティンプー市の人口は 2000 年には 43,000 人だったが、2008 年には 99,000 人、2014 年には 113,000 人を超え、都市部への人 口の流入が続いている。この急激な都市化の影響を受け、ごみの 排出量の急増による埋立地の残余容量不足が深刻な問題となって いる。2013 年 7 月から 2016 年 3 月に実施した草の根技術協力「テ ィンプー市における廃棄物に起因する環境汚染対策に関する技術 移転事業」、また現在実施されている「ティンプー市における廃 棄物適正管理に関する移転事業」において、ティンプー市郊外に あるメメラカの埋め立て処分場改善工事を実施した。同処分場の 埋め立て可能期間は、4~5 年間延長できたと予測されているが、 いずれにしても残余容量が限られていることから、徹底したごみ の減量及びリサイクルが求められる。 また、ティンプー市は山岳 地帯に位置し、新しい埋立地の建設も難しい状況にある。 ティンプー市のごみの特徴として、多くのプラスチックが含ま れることがあげられる。プラスチックの処理方法としては、焼却、 埋立、資源化が考えられる。しかし、ブータンでは環境関連の法規制により焼却炉の設置が禁じられており、焼却による処理は現時点では不可能である。また、プラスチックはかさばり、分解し ないことから埋立にも不向きであるとともに、埋立地の能力に大 きな負の影響を与える。処分場の残余容量を考え、埋立地に搬入されるプラスチックを大きく減少させる必要がある。資源化に関 しては、ペットボトルがインドへ輸出されているほかは、わずかにアスファルトに混入させることによって、アスファルト道路の 接着剤として使用されているが、廃棄されるプラスチック全体量 からみると、微々たるものというのが現状である。 ■活用が想定される製品・技術・ノウハウ 1)廃プラスチック資源化技術(廃プラスチックのペレット化、及び再製品化技術) 2)廃プラスチック再生加工杭、廃プラスチック再生製植木鉢 留意点 ・ プラスチック再生製品に関するマーケットサーベイを行い、需要のある再生プラスチック製品の特定、流通経路の確認が必要である。 ・ 持続的な製品供給を行うために、原料となる廃プラスチックの全体量の把握が必要である。 ・ 廃プラスチック資源化への技術移転を考慮する必要がある。 ・ 規模人口(70 万人)からすれば、スケールメリットが働きにくくいため、廃プラスチックをブータンで粉砕して、隣国で買い取ってもらう方法等もあわせて検討する必要がある。
関係機関

ティンプー市役所、プンツォリン市役所、国民総幸福量委員会

想定エリア

ティンプー市、プンツォリン市

越境ECコンサルタント
広告代理店
英語 翻訳・通訳
経営者
元メーカー兼商社(海外事業部勤務)、現在日系コンサル会社勤務
マーケティング