Next Market
該当数
2

海洋ゴミの監視、予測、回収技術を導入したい

タイ王国

社会問題となっている海洋ゴミ(廃プラ スチック、マイクロプラスティック等)の監視、予測、回収して、海洋環境汚染を減少させたい。 海洋に排出されるプラスチックを削減するため、陸上で使用されるプラスチックの内、正しく廃棄されないプラスチックの量を削減する必要がある。 ■活用が想定される製品・技術・ノウハウ ・タイ湾の海洋漂流ゴミの挙動の把握に寄与する技術の開発。 ・予測結果より、船舶等による効率的に対象物を探索する技術の開発、よび回収技術の開発。 ・海洋に排出されるプラスチックの起源を把握することに役立つ技術や、産業廃棄物として排出される廃プラスチックが正しく廃棄されることを促進する技術 ・リユース・リサイクルなどによって結果的にプラスチックの不法投棄や海洋に排出されるプラスチックの削減につながる技術
関係機関

想定エリア

海洋、タイ湾

広告代理店
医療コンサルタント
中小企業診断士
アセアン自動車コンサルタント
IT企業経営
経営者
マーケティング
越境ECコンサルタント
コンサルタント
コンサルタント

廃電気・電子機器廃棄物や廃プラ類のリサイクル技術を向上させたい

マレーシア

廃電気・電子機器廃棄物(E-waste) は鉛やカドミウム、亜鉛、 水銀等の有害物質を含有しており、これら E-waste の不適切な処理は土壌汚染や水質汚染等の環境問題の原因の一つである。一方、 E-waste に含まれる有価物・希少金属は持続的資源の利用・物質 循環の観点から重要であり、近年 E-waste のリサイクルは環境配慮及び持続的資源の利用から重要性が高まっている。経済成長に伴いマレーシアでも、E-waste の問題は顕在化しているが、E-waste の回収・リサイクルシステムは整備されていない状況にある。 「第 11 次マレーシア計画」(11MP、対象期間 2016−2020 年) では、2020 年の先進国入り目標に向け、持続性・回復力のあるグリーン技術の成長を目指している。グリーン技術として、E-waste (廃電気・電子機器廃棄物)に含まれる非鉄・希少金属の回収品質の向上、また、処理工程で発生する廃プラ類のリサイクルの利 用が進まない等の課題がある。 これらの課題の解決には、日本で培ってきた技術が利用可能であり日本企業がアドバンテージを発揮できる分野が多いと思われ る。 我が国の対マレーシア援助重点分野においても、「先進国入り に向けた均衡のとれた発展の支援」が重要課題の一つとなってお り、環境分野においても協力が求められている。 ■活用が想定される技術 ・E-waste リサイクル技術 ・廃プラリリサイクル技術
想定される技術・製品
関係機関

エネルギー・技術・科学・気候変動・環境省、Ministry、住宅・地方政府省、Ministry

想定エリア

マレーシア全土

コンサルタント
ファンドマネージャー
マーケティング
越境ECコンサルタント
広告代理店
マーケティング
多言語PRツール制作
経営者
海外輸出、進出支援エキスパート
アセアン自動車コンサルタント