Next Market
該当数
1

環境に配慮した産業排水の処理技術

ベトナム社会主義共和国

ベトナムにおいては 1986 年ドイモイ以降外資誘致を主軸とし経済成長が達成されてきたが、2016 年ベトナム中部で魚の大量死が発生したことを契機に、経済成長の負の影響に伴う環境配慮の重要性が再認識された。 2011 年日越共同声明にてバリア・ブンタウ省は、工業団地を中核とした産業発展のモデル地域とされ、地域的特性を生かして重化学工業を中心とした産業発展を成し、物流ハブとなる産業政策を立案中であるが、環境配慮の重要性再認識も踏まえ、産業発展との同時推進を可能とする環境対策を行うべく、川崎市や北九州市といった日本自治体の事例を模範にし、産業政策の立案、実現に取組んでいる。 JICA も環境配慮型産業集積及び物流ハブ構想実現支援のため基礎調査による支援実施中である。 ■活用が想定される製品・技術・ノウハウ ・臭気抑制・拡散防止対策 ・排水・排ガスモニタリング ・排水処理(工業団地集中、小規模工場単独) ・排ガス処理(基準に見合う濃度まで) ・廃棄物処理(電炉ダスト、スラッジ処理、セメント原燃料化など)
関係機関

天然環境資源局、商工業局、工業団地管理局、交通運輸局、ジャパンデスク、バリア・ブンタウ省人民委員会

想定エリア

バリア=ブンタウ省

経営者
コンサルタント
越境ECコンサルタント
元メーカー兼商社(海外事業部勤務)、現在日系コンサル会社勤務
IT企業経営
経営者
アセアン自動車コンサルタント
IT経営者
元商社
海外輸出、進出支援エキスパート