Next Market
該当数
2

プロパンガスの製造、運搬、活用における省エネ技術・製品の導入

ベトナム社会主義共和国

日本政府は、ベトナムにおけるエネルギー安定供給・省エネ推進に向け今後公的セクター向けに LNG 利用によるガス火力発電等を支援することを打ち出している。他方、経済発展が目覚ましいベトナムにおいて、GHG 削減余地の大きい民生部門について、JICA は中小企業海外展開支援事業等でエスコ事業、グリーン成長技術の導入等を後押し、実際に技術協力でのこれら技術活用、本邦民間企業の進出等を実現している。 現在、更なる民生部門の省エネルギー技術の導入について、未だ手付かずとなっている分野としてガス利用の効率化が上げられる。電力供給が相対的に十分な都市部ですら、事業活動や生活一般におけるエネルギー利用については、プロパンガス利用が不可欠であるだけでなく、地方、離島、山間部に至っては今だ全面的にプロパンガス利用により生活を維持している状態である。 これらガス利用において、製品の製造、運搬、活用について、省エネ技術・製品の導入が課題となっている。 ■活用が想定される製品・技術・ノウハウ  事業所・集合住宅・家庭向け効率的ガス利用技術・製品  ①プロパンガス鉄製容器を代替しうる軽量素材容器  ②省エネ燃焼装置  ③その他効率的ガス利用・製品等
関係機関

MOIT(ベトナム商工省)

想定エリア

ベトナム全国(主要都市の方が需要は高い)

多言語PRツール制作
経営者
マーケティング
経営者
アセアン自動車コンサルタント
IT企業経営
マーケティング
家具・インテリア製品販売
経営者
IT経営者

家庭や学校等に設置された貯水タンクを適切に維持管理して水質を改善したい

マーシャル諸島共和国

低地環礁国であるマーシャルでは、淡水は貴重な資源であり、そのほとんどを天水に依存している。首都マジュロでは、空港滑走路に降る天水を水源とした水道システムを有するものの、給水時間は週 2 日、計 8 時間と極めて限定的であり、各家庭、学校等では直径約 3m、高さ約 2m の貯水タンクに屋根からの天水を貯めて、飲料も含め日常的に使用している。これらの水質が問題となることがあり、タンク内の水質悪化防止、使用時の浄化、さらにタンクの洗浄等適切な維持管理を徹底することが課題である。 ■活用が想定される製品・技術・ノウハウ 家庭や学校等に設置された貯水タンク内の水質保持、使用する際の浄化システム、タンクの洗浄等のメンテナンス法
関係機関

環境保護局、教育省、環礁地方政府

想定エリア

マジュロ、環礁

マーケティング
広告代理店
英語 翻訳・通訳
経営者
元メーカー兼商社(海外事業部勤務)、現在日系コンサル会社勤務
越境ECコンサルタント