Next Market
該当数
2

太陽光でへき地へのエネルギー供給と都市部での代替電源を確保したい

ブルキナファソ

ブルキナファソは西アフリカの内陸、年間の日照時間が世界最高レベルの 3,000 時間を超えるサヘル地域に位置する農業国である。同国は電力の約 4 割を海外からの送電に依存していることに加え、国内での発電の大半も輸入燃料によりまかなわれていることから、電力価格は1kWh あたり 0.35 ドル(日本は 15~20 円程度)と、非常に高額である。また近年の経済成長、人口増加にともない伸び続ける電力需要への対応が課題で、国全体の電気へのアクセスは 16.85%(都市部 56%、村落部 2.34%)にとどまっている。 政府は国際送電網の整備や代替エネルギー開発により対応を進めているものの、送配電網内に居住する人口の割合が 30%に満たない現状においては、オフ・グリッドでの電力開発の必要性が高い。また気温が高い 3 月から 5 月にかけては、都市部でも長時間の停電が頻発し、発電機のための燃料費が経済・社会活動の妨げになっている。このことから、へき地へのエネルギー供給、都市部での代替電源確保の両面において、当該製品の導入による改善が期待できる。 ブルキナファソは西アフリカ地域の中心に位置し、地域の 8 カ国(ギニアビサウ、コートジボワール、セネガル、トーゴ、ニジェール、ブルキナファソ、ベナン、マリ)からなる西アフリカ通貨同盟(UEMOA)の本部が置かれている。UEMOA 地域内では共通通貨・共通関税が導入されていることから、地域進出の拠点としてのポテンシャルを有する。 活用が想定される製品・技術・ノウハウ ・太陽光/ディーゼル発電併用システム、太陽光発電システム、高効率太陽光パネル
関係機関

環境省、エネルギー鉱山省、SONABEL(電力公社)

想定エリア

ブルキナファソ全土

元メーカー兼商社(海外事業部勤務)、現在日系コンサル会社勤務
フリーランス(語学講師)
英語 翻訳・通訳
マーケティング
広告代理店
越境ECコンサルタント
起業家
経営者

太陽光発電システムを導入して電化率 50%を目指す

ナミビア共和国

ナミビアの電化率は全国で約 4 割に留まっており、地方部、特に、貧困層の多くが住居する北部地域において電化率は著しく低い水準にある。地方部の電化が進まない要因としては、国土が広く、人口が少ない(都市間の距離が長い)ため、送電が大きな課題として挙げられている。なお、ナミビア政府は、2017 年に発表された第 5 次国家開発計画(5th NDP)において、2021/22 までに電化率 50%を目指すとしている。 ■活用が想定される製品・技術・ノウハウ ・太陽光発電システム(風力/太陽光ハイブリッド、ディーゼル併用含)
関係機関

NamPower、Ministry of Mines and Energy

想定エリア

Kunene、Omusati、Ohangwena、Oshikoto、Oshana、Kavango、Caprivi、Omaheke

経営者
マーケティング
広告代理店
越境ECコンサルタント
英語 翻訳・通訳
元メーカー兼商社(海外事業部勤務)、現在日系コンサル会社勤務
コンサルタント