Next Market
該当数
10

廃棄物処理・管理の設備や技術を導入し、2021年までに一般廃棄物・産業廃棄物ともに100%の処理率を達成したい

ペルー共和国

ペルーにおいては、一般廃棄物は各地方自治体が処理の責任を 負っているものの、衛生埋立処分場で処理されている一般廃棄物 は僅かである。首都圏以外のほとんどの地方では一般廃棄物はダ ンプヤードへの放棄又は野積み方式によって処理されており、ま た各種リサイクルもほとんど行われておらず、適切な有価物の回 収・管理はなされていない。 このような状況を踏まえ、環境省により「国家環境計画 2011-2021」が定められた。同計画では、2021 年までに一般廃棄 物・産業廃棄物ともに 100%の処理率を達成するという目標を掲 げており、各種廃棄物処理・管理に関する設備・技術の導入が求 められている。 なお、農業を主産業とする地域では、野菜くず等の有機廃棄物を堆肥化するニーズがある。また、産業廃棄物は各発生者(企業や病院)が処理の責任を負っている。 ■活用が想定される製品・技術・ノウハウ ・各種廃棄物処理及び回収・管理に関する設備・技術
関係機関

環境省、地方自治体

想定エリア

ペルー全土

マーケティング
元メーカー兼商社(海外事業部勤務)、現在日系コンサル会社勤務
スタートアップコンサルタント
越境ECコンサルタント
マーケター
英語 翻訳・通訳
経営者
営業
広告代理店

自然災害に対応する技術・機材を導入し、迅速な災害復旧につなげたい

フィリピン共和国

フィリピンは、熱帯特有の短時間に大雨が降ることによる大雨被害や台風による被害など、自然災害に見舞われることが多い。そして自然災害によるインフラ等への被害の復旧には相当に長い期間を要し、もって自然災害の被害を受けることが多い地域の経済発展の阻害要因になっている。 一方日本は、先の西日本大雨や、東日本大震災によるインフラ等への被害からの復旧が早く、この様な日本の災害復旧技術に対する関心は高い。 また、マニラは断層の上に広がっている都市で、直下型大地震が 発生した場合大きな被害を受けることが予想される。そのような観点からも日本の災害復旧関連の技術に関心が高い。 ■活用が想定される製品・技術・ノウハウ ・災害復旧関連の建設機械(重機) ・復旧デザイン工学 ・災害救助に係る技術・機器 ・台風・集中豪雨等への対策に資する技術・機材
関係機関

公共事業道路省、DPWH、地方自治体、LGU、首都圏マニラ

想定エリア

マニラ首都圏、主要18河川、ダバオ市、レイテ島、サマール島

元メーカー兼商社(海外事業部勤務)、現在日系コンサル会社勤務
ファンドマネージャー
コンサルタント
経営者
越境ECコンサルタント
広告代理店
コンサルタント
英語 翻訳・通訳
多言語PRツール制作
アセアン自動車コンサルタント

交通違反を検知して事故による死亡者を減らしたい

タイ王国

モータリゼーションが進展するタイでは並行して道路網の整備が 進められているが、自動車による交通渋滞とともに、交通事故が 深刻な社会問題となっている。WHO の統計(2015 年公表)によ れば、交通事故による死亡者数は人口 10 万人あたり 36.2 人と人 口対比では世界で 2 番目に交通事故死亡者数が多い国となってお り、運輸省を中心に交通安全に係る取り組みが進められている。 ■活用が想定される製品・技術・ノウハウ ・交通違反を効率的に検知する技術・製品及びシステム ・交通安全に資する先進的な技術やシステム
関係機関

地方自治体、MOT、Ministry、DRR、Department、DOH、Department、タイ国家警察、Royal、バンコク都

想定エリア

タイ全土

海外輸出、進出支援エキスパート
越境ECコンサルタント
中小企業診断士
医療コンサルタント
ファンドマネージャー
コンサルタント
英語 翻訳・通訳
マーケティング
元メーカー兼商社(海外事業部勤務)、現在日系コンサル会社勤務
コンサルタント

学校教育を補完し、基礎学力を向上させるための教材

フィリピン共和国

2016 年から、初等教育 6 年間、中等教育 4 年間(日本の中学校 3 年+高校 1 年)、中等教育 2 年間(日本の高校教育 2、3 年)、高等教育 4~5 年間(日本の大学)の所謂 K+12 教育制度を導入し、 諸外国に教育制度を合わせ、また不十分ながら予算規模を増やすなど改善に取り組んでいる。 しかしながら、初等教育、中等教育の修了率は低く、また公立学校の教員の質が不十分なレベルであることが指摘されている。これらを補完し、児童・生徒の基礎的読解力、数学的思考力などの基盤的な学力の習得に資する製品や技術が望まれる。 本事業実施後には、ODA に依存することなくビジネスを展開することが望ましい。 ■活用が想定される製 品・技術・ノウハウ ・e-learning など情報通信技術を活用した製品・技術・ノウハウ 等
想定される技術・製品
関係機関

教育省、地方自治体、LGU、DepED、高等教育委員会、CHED、職業訓練庁、TESDA

想定エリア

フィリピン全土

コンサルタント
海外輸出、進出支援エキスパート
越境ECコンサルタント
コンサルタント
マーケティング
多言語PRツール制作
コンサルタント
英語 翻訳・通訳
マーケティング
IT企業経営

大気汚染や水質汚染を改善したい

フィリピン共和国

都市部における大気汚染や水質汚染など、環境汚染問題は経済発展とともに大きくなっているが、経済発展を優先する中で立ち遅れている部分である。よって、環境負担の小さな乗り物、環境負担の小さい資材を用いた建築物等、環境負荷が小さな製品や技術 に対する需要は大きい。 また、電力事情が悪い地域では、環境負荷が小さく維持管理が技術的予算的に持続可能な地産地方型の再生可能エネルギーに対する需要が大きい。 ■活用が想定される製品・技術・ノウハウ ・電気自動車 ・低公害建築資材 ・再生可能エネルギー
関係機関

公共事業道路省、DPWH、環境省、DENR、地方自治体、LGU

想定エリア

マニラ、セブ、都市部、地方都市、離島地域

多言語PRツール制作
広告代理店
コンサルタント
コンサルタント
コンサルタント
IT企業経営
アセアン自動車コンサルタント
海外輸出、進出支援エキスパート
バイヤー
英語 翻訳・通訳

農産物の加工、保存、輸送技術を向上させ、小規模農家の農業生産と収入を向上させたい

コソボ共和国

コソボは,旧ユーゴで最も開発が遅れた地域であり,旧ユーゴ 及びセルビアからの援助に依存していたため,自立的な経済構造を有していない。主要産業の農業は、小規模な家族経営が大半となっている。 ⚪︎農産物の加工、保存、輸送技術 栽培技術や加工技術の未成熟・ローテク、商品化・ブランド化 戦略の欠如(ナレッジ・機材不足)、ポスト・ハーベスト・センターの未発達等、食品生産・加工・流通までのフードバリューチェーンが整備されていない。 ⚪︎小規模農家の農業生産と収入の向上 生産者である農家は小規模で、金融サービス(天候インデックス保険、マイクロクレジット等)とマーケット情報へのアクセスが限定的となっている。結果として、生産規模の拡大、生産効率の向上が未発達となっている。 ■活用が想定される製品・技術・ノウハウ 簡易な流通ノウハウ・地方部でも導入可能な保存・保管や梱包に係る製品・技術(維持管理の容易な冷蔵庫・冷凍車)、品質管理及び供給・販売体制(グループ経営)にかかるノウハウ
関係機関

地方自治体、農業農村開発省

想定エリア

コソボ全土

元メーカー兼商社(海外事業部勤務)、現在日系コンサル会社勤務
経営者
マーケティング
越境ECコンサルタント
マーケティング
英語 翻訳・通訳
広告代理店

生産性の低さと流通シス テムの脆弱さを改善したい

フィリピン共和国

全人口の約 3 割が従事している農業分野の生産性は依然として低 く、都市と農村の格差も激しい。農業従事者は年々減り続け、高 齢化の課題も顕著になりつつある。農業生産性の低さと流通シス テムの脆弱さが、安い輸入農産物の流入を招き、ますます国内の 生産者の立場を弱くしている。都市部では、中流階級の人口が増 えつつあり、安全かつ栄養価の高い、付加価値の高い食料に対す るニーズも高まりつつあるが、これらの消費者を満足させられる 生産物に乏しい。こうしたギャップを改善し、生産者と消費者を 共に満足させるイノベーションが求められている。 フィリピンの流通市場に占める近代的市場の割合は 23%(2010 年)から 32%(2020 年)に拡大傾向。 (国土交通省資料より) ■活用が想定される製 品・技術・ノウハウ 高付加価値農業、アグリテック(Agri x Tech)、生産管理、流通 管理、効率的なコールドチェーンをはじめとする流通システム、 機能的倉庫、マーケットプレイス(IoT)、加工、包装等
関係機関

農業省、地方自治体、LGU、Department、DA、貿易産業省、Department、DTI

想定エリア

フィリピン全土

マーケティング
コンサルタント
バイヤー
アセアン自動車コンサルタント
コンサルタント
越境ECコンサルタント
コンサルタント
海外輸出、進出支援エキスパート
英語 翻訳・通訳
広告代理店

省エネ・再エネを導入して、拡大する電力需要に対応したい

トルコ共和国

トルコは、高い経済成長と人口増加により、電力需要が大きく拡大している。現在、電力構成の多くを占める火力発電は、石炭や天然ガス等 を外国からの輸入に大きく頼っており、経常収支の慢性的な赤字をもたらしている。トルコ政府は、再生可能エネルギーをはじめとした国内資源の活用による発電設備容量の拡大や省エネ・電力効率化の推進を電力セクター開発に係る基本方針に掲げている。 ■活用が想定される製品・技術・ノウハウ ・新規の電源・エネルギー源(再生可能エネルギーなど) ・省エネ技術全般 ・再生可能エネルギー導入に伴う、系統の安定化に資する技術等
関係機関

地方自治体、エネルギー天然資源省、発電公社、EUAS、送電公社、TEIAS、エネルギー市場規制庁、EMRA

想定エリア

トルコ全土

広告代理店
越境ECコンサルタント
元メーカー兼商社(海外事業部勤務)、現在日系コンサル会社勤務
駐在員の妻
経営者
マーケティング
英語 翻訳・通訳

観光地のトイレを近代化したい

ウズベキスタン共和国

ウズベキスタン政府は観光振興を国の戦略上、重要な取組と定め ており、ここ数年の間に、査証制度の緩和などを含む、具体的な 改革を矢継ぎ早に実行してきた。 この大規模な改革により、観光客数は急増している。一方、短期間に観光客が急増したものの、ハード・ソフトの観光インフラは 整備が十分に追いついておらず、課題がある。 観光地におけるトイレ・下水処理の問題も大きく、今後の観光客数の増加や観光地の多様化に際して、整備・改善のニーズは増大 することが予想される。 ■参考 人口約 3300 万人(中央アジア 5 か国計約 7300 万人、2018年) - ウズベキスタンにおける外国人訪問者数:2017 年 269 万人、2018 年 1 月~9 月 390 万人 ■活用が想定される製品・技術・ノウハウ 主に観光地におけるバイオトイレ、節水トイレ、浄化槽などの技術を想定。以下のとおり都市型・遺跡型観光地と郊外の観光地があり、ウズベキスタンにおいては、どちらの観光地においても、 トイレの近代化が課題となっている。 - サマルカンド、ブハラ、ヒバなどの観光都市や都市内遺跡・ 観光地におけるトイレ近代化 - 地方部に点在するカラ(古城)や山、湖なのどの、郊外観光地における自然環境に配慮したトイレ近代化
想定される技術・製品
関係機関

地方自治体、文化省、Ministry、国家観光発展委員会、State

想定エリア

ウズベキスタン全土

広告代理店
経営者
英語 翻訳・通訳
越境ECコンサルタント
経営者
マーケティング
元メーカー兼商社(海外事業部勤務)、現在日系コンサル会社勤務

再生可能エネルギーの比率を30%へ高めたい

タイ王国

タイ王国は、過度に天然ガス・石油に依存したエネルギー供給構造から脱却し、エネルギー源の多様化・エネルギーセキュリティー確保を目指している。2015 年に発表した「Alternative Energy Development Plan(2015-2036)」(以下、AEDP2015)においては、再生可能エネルギーの比率を 30%にまで高める計画であり、特に農業と地域振興にも資する廃棄物、バイオマス、バイオガスのエネルギー利用の促進に力点を置いており、バイオマス燃料の安価で安定的な調達・製造が課題となっている。また、太陽光、風力については、その増加に伴い、実質電力需要と供給量が時間帯によって乖離する状況が顕在化しつつあり、その変動・不安定さを補うための技術が求められている。 ■活用が想定される製品・技術・ノウハウ ・バイオマス、バイオガスエネルギーのコスト低減、安定調達に資する技術 ・太陽光、風力発電の変動を抑制し、不安定さを補うための技術
関係機関

エネルギー省(MOE)、エネルギー政策計画局(EPPO)、代替 エネルギー開発・効率化局(DEDE)、タイ発電公社(EGAT)、首都圏配電公社(MEA)、地方配電公 社(PEA)、バンコク都(BMA)、地方自治体

想定エリア

多言語PRツール制作
コンサルタント
医療コンサルタント
IT企業経営
ファンドマネージャー
バイヤー
中小企業診断士
広告代理店
経営者
マーケティング