Next Market
該当数
1

埋設型の灌漑設備を導入して安定的な生産を目指したい

エチオピア連邦民主共和国

エチオピアの農業はまだ天水に頼っている部分が多く、埋設型地中灌漑設備導入による気候変動対応性の強化と作物収量増加が求められている。 ■活用が想定される製品・技術・ノウハウ ・NARO 農村工学研究所開発のFOEAS(Farm Oriented EnhancedAquatic System)と地下灌漑設備施工技術(ベストドレーン工法) ・多孔質ソフトゴム(リーキーパイプ)利用の地下設置灌水設備
関係機関

Ministry of Agriculture and Natural Resources

想定エリア

エチオピア全土、雨季に排水不良の地域

医療系NGO
元メーカー兼商社(海外事業部勤務)、現在日系コンサル会社勤務
経営者
NPO法人 代表
広告代理店
開発コンサルタント(中小企業診断士)
マーケティング
越境ECコンサルタント
英語 翻訳・通訳