Next Market
該当数
6

園芸作物に対する昆虫被害防止のための防虫ネット

インド

アザミウマ目などの昆虫の被害は 45℃を超えるデカン高原では比較的少ないが、マハラシュトラ州南部から南の気候の穏やかな 地域では大きな問題となっている。この地帯は近郊園芸作物の栽培も多 く、減農薬で良質な野菜生産のために有効な手段と思われる。 ■活用が想定されるプロダクト ・防虫ネット  マハラシュトラ州南部から以南
想定される技術・製品
関係機関

農政局、園芸局

想定エリア

マハラシュトラ州南部以南

外資系金融機関
メガバンク系シンクタンク
元メーカー兼商社(海外事業部勤務)、現在日系コンサル会社勤務
広告代理店
メディア制作
マーケティング
英語 翻訳・通訳
経営者
越境ECコンサルタント

機械を活用した農法へ転換して生産性を向上したい

インド

一定規模以上の農場では収穫作業を季節労働者による手刈りで対応して きたものの、近年、労働者人件費の高騰により周辺地域からの労働者の 確保が困難になってきており、インド全土における安定的な生産量の維持・拡大、生産性向上の制約になっている。労働集約的な慣行農法から 機械を活用した農法への転換が迫られつつある。これら農業機械は大農家以外においてはコントラクターと呼ばれる機械保有者が収穫作業を請け負い、使用時間に従って使用農家が費用を支払うという利用形態が一 般的。 ■活用が想定されるプロダクト ・豆収穫・脱穀機、玉ねぎ収穫・選別機、スイートコーン収穫・選別機 (アッサム州、トリプラ州、シッキム州、ウェスト・ベンガル州、ヒマーチャル・プラデシュ州、ウッタラカンド州、タミルナド州、ケララ州などの高原地帯)
関係機関

農政局、園芸局

想定エリア

アッサム州、トリプラ州、シッキム州、ウェスト・ベンガル州、ヒマーチャル・プラデシュ州、ウッタラカンド州、タミルナド州、ケララ州、高原地帯

越境ECコンサルタント
英語 翻訳・通訳
経営者
メディア制作
外資系金融機関
広告代理店
マーケティング
元メーカー兼商社(海外事業部勤務)、現在日系コンサル会社勤務
メガバンク系シンクタンク

手押し除草機の導入による株間除草

インド

全面的な除草にはヤギや羊などの動物を使った除草が行われ ているが、株間除草が可能な手押し除草機などは有効と思われる。 ■活用が想定されるプロダクト ・除草機(インド全土)
想定される技術・製品
関係機関

農政局、園芸局

想定エリア

インド全土

外資系金融機関
元メーカー兼商社(海外事業部勤務)、現在日系コンサル会社勤務
経営者
英語 翻訳・通訳
越境ECコンサルタント
広告代理店
マーケティング
メガバンク系シンクタンク
メディア制作

育苗用被覆資材を導入して野菜などの育苗技術を発達させたい

インド

インドでは野菜などの育苗技術が未発達。特に都市(デ リー、ムンバイなど)近郊の園芸作物農家への需要が見込める。 ■活用が想定される製品・技術・ノウハウ ・育苗用被覆資材  デリー、ムンバイ等の都市近郊、デカン高原(マハラシュトラ州、カルナタカ州、アンドラ・プラデシュ州、テランガナ州)
想定される技術・製品
関係機関

農政局、園芸局

想定エリア

デリー、ムンバイ、都市近郊、デカン高原、マハラシュトラ州、カルナタカ州、アンドラ・プラデシュ州、テランガナ州

外資系金融機関
メガバンク系シンクタンク
メディア制作
英語 翻訳・通訳
越境ECコンサルタント
マーケティング
元メーカー兼商社(海外事業部勤務)、現在日系コンサル会社勤務
経営者
広告代理店

茶生産地帯での機械収穫の導入

インド

一定規模以上の農場では収穫作業を季節労働者による手刈りで対応して きたものの、近年、労働者人件費の高騰により周辺地域からの労働者の 確保が困難になってきており、インド全土における安定的な生産量の維 持・拡大、生産性向上の制約になっている。労働集約的な慣行農法から 機械を活用した農法への転換が迫られつつある。これら農業機械は大農 家以外においてはコントラクターと呼ばれる機械保有者が収穫作業を請 け負い、使用時間に従って使用農家が費用を支払うという利用形態が一 般的。人件費高騰等による労働者不足は一部茶生産地帯でも見受けられ、機械収穫の需要が確認されている。 ■活用が想定されるプロダクト ・茶収穫機、茶木剪枝機、茶木両裾刈り機、モノレール
関係機関

農政局、園芸局

想定エリア

アッサム州、トリプラ州、シッキム州、ウェスト・ベンガル州、ウッタラカンド州、タミルナド州、ケララ州、高原地帯、ヒマーチャル・プラ

元メーカー兼商社(海外事業部勤務)、現在日系コンサル会社勤務
メガバンク系シンクタンク
越境ECコンサルタント
メディア制作
外資系金融機関
英語 翻訳・通訳
経営者
広告代理店
マーケティング

生分解性資材の被覆資材や波長選択性フィルム導入

インド

都市近郊の野菜地帯やデカン高原において施設園芸・マルチ栽培が盛んにおこなわれているが、被覆資材への知見は少ない。また資材の処理は焼却が大半で大気汚染など付随する問題が大きいため、特に生分解性資材は大きなインパクトを持つ。 マルチ・被覆資材、波長選択性フィルム デリー、ムンバイ等の都市近郊、デカン高原(マハラシュトラ州、カルナタカ州、アンドラ・プラデシュ州、テランガナ州)
関係機関

農政局、園芸局

想定エリア

デリー、ムンバイ、都市近郊、デカン高原、マハラシュトラ州、カルナタカ州、アンドラ・プラデシュ州、テランガナ州

経営者
越境ECコンサルタント
マーケティング
外資系金融機関
メガバンク系シンクタンク
元メーカー兼商社(海外事業部勤務)、現在日系コンサル会社勤務
メディア制作
広告代理店
英語 翻訳・通訳