Next Market
該当数
1

キャッサバ収穫を機械化したい

ナイジェリア連邦共和国

ナイジェリアは生産面積で世界全体の2割弱 を占めるキャッサバ生産大国である(FAOSTAT)。ナ国政府もキ ャッサバを重点作物の一つに挙げ、生産振興に取り組んでいる。 しかしながら、作業の機械化が遅れており、収穫は手作業で行な われているため、生産性が低い。 一方、近年、ナイジェリアでは幾つかの州の農業事務所や民間の業者が主 に中型のトラクターを利用して有料で農家の畑を耕作するサービ ス(賃耕サービス)を始めており、今後多くの業者がこのサービ スに参入するものと予測されている。 このため、賃耕業者のトラクターに装着したキャッサバハーベ スターを利用した機械収穫の促進が望まれている。 活用が想定される製品・技術・ノウハウ ・キャッサバ収穫の機械化促進に資する製品及びノウハウ(日本の農業機械業者が開発したトラクター、トラクターへのアタッチメント等の技術が応用可能)
関係機関

農業農村開発省(FMARD)、国立農業機械化センター(NCAM)、国際熱帯農業研究所(IITA)

想定エリア

ナイジェリア全土

元メーカー兼商社(海外事業部勤務)、現在日系コンサル会社勤務
マーケティング
フリーランス(語学講師)
起業家
英語 翻訳・通訳
広告代理店
経営者
越境ECコンサルタント