Next Market
該当数
1

農産加工品を開発して農家の所得向上を図りたい

東ティモール民主共和国

東ティモールでは農村住民が全人口の 70%を占め、国民の大多数が農村に住んで何らかの形で農業に従事しているが、商業型農業を行っている世帯は全世帯の 3%以下に留まっており、基本的にこの国の農業は自給自足型農業である。自給自足型農家を商業農家に転換させ、農家の所得向上を図るには、産地と消費者・エンドユーザーを結ぶ中間流通をスムーズに機能させることの他に、農産加工品の開発により農作物の付加価値を高めることも必要であるが、農産加工品の国内市場は輸入品に席巻されており、輸入品と競合しない又は輸入品にはない商品の開発が必要である。しかし、東ティモールでは製造業がほとんど育っていないため、地元産の農作物を使い、農民グループでもできる簡単な技術で一定の売れ数が期待できる農産加工品の開発が求められている。 現状、JICA 専門家は日本の一村一品運動や 6 次産業化を念頭に農産加工品の開発を模索している。 ■活用が想定される製品・技術・ノウハウ ・日本の農家グループが使用している農産加工機械(計量機、撹拌・混合・粉砕・溶解等ができるミキサー、打栓・キャッピング機等)
関係機関

農業漁業省(MAF)、商工省(MoCI)

想定エリア

東ティモール全土

元メーカー兼商社(海外事業部勤務)、現在日系コンサル会社勤務
マーケティング
多言語PRツール制作
経営者
コンサルタント
英語 翻訳・通訳
ファンドマネージャー
マーケティング
コンサルタント
バイヤー