Next Market
該当数
2

【海岸侵蝕対策】環境に配慮した防災技術の導入普及

マーシャル諸島共和国

平均海抜が 2mの低地環礁国マーシャルでは、以前から King Tide による海水の浸水や干ばつの被害を受けてきた、さらに気候変動による海面上昇や近海で発生するようになった暴風雨による波の被害が顕著となり、その対策が急務となっている。 しかしながら、各環礁全体を囲む防波堤等の設置は資金的にも、 環境への影響を考慮しても現実的ではない、そのため現地でも対応可能であり、環境に大きな影響を与えない防災技術の導入普及が求められている。 ■活用が想定される製品・技術・ノウハウ ・現地で入手可能で、環境に大きな負の影響を及ぼさない材料を使用した土のう等の作成設置技術 マングローブ植林やサンゴの造成等の自然環境の保全、強化による海岸侵蝕の軽減
関係機関

公共事業省、各環礁地方政府、官房長官室

想定エリア

マジュロ環礁、各環礁

経営者
英語 翻訳・通訳
越境ECコンサルタント
広告代理店
元メーカー兼商社(海外事業部勤務)、現在日系コンサル会社勤務
マーケティング

ディーゼル発電所の廃油を適切に処理したい

マーシャル諸島共和国

マーシャルを始めとする大洋州島嶼国での基幹電力源はディーゼ ル発電であり、その燃油はほぼ全量輸入に依存している。気候変動への対応も含め再生可能エネルギーの導入が進みつつあるが、 ディーゼル発電への依存は今後も変化しないものと思われる。一 方でディーゼル発電所を有するマジュロ、イバイ、ジャルートそ してウォチェの各環礁では、その廃油が他の廃油も含め処理できず溜めるだけとなっている。これらの廃油を如何に処理するかが 大きな課題となってる。 ■活用が想定される製品・技術・ノウハウ ・廃油処理装置
想定される技術・製品
関係機関

公共事業省、環境保護局(EPA)、マジュロ廃棄物管理公社、各環礁地方政府

想定エリア

マジュロ環礁、クワジェリン環礁イバイ島、ジャルート環礁

マーケティング
越境ECコンサルタント
元メーカー兼商社(海外事業部勤務)、現在日系コンサル会社勤務
英語 翻訳・通訳
経営者
広告代理店