Next Market
該当数
3

【海岸侵蝕対策】環境に配慮した防災技術の導入普及

マーシャル諸島共和国

平均海抜が 2mの低地環礁国マーシャルでは、以前から King Tide による海水の浸水や干ばつの被害を受けてきた、さらに気候変動による海面上昇や近海で発生するようになった暴風雨による波の被害が顕著となり、その対策が急務となっている。 しかしながら、各環礁全体を囲む防波堤等の設置は資金的にも、 環境への影響を考慮しても現実的ではない、そのため現地でも対応可能であり、環境に大きな影響を与えない防災技術の導入普及が求められている。 ■活用が想定される製品・技術・ノウハウ ・現地で入手可能で、環境に大きな負の影響を及ぼさない材料を使用した土のう等の作成設置技術 マングローブ植林やサンゴの造成等の自然環境の保全、強化による海岸侵蝕の軽減
関係機関

公共事業省、各環礁地方政府、官房長官室

想定エリア

マジュロ環礁、各環礁

元メーカー兼商社(海外事業部勤務)、現在日系コンサル会社勤務
経営者
越境ECコンサルタント
マーケティング
英語 翻訳・通訳
広告代理店

教育の質的向上を支援するようなシステムやアプローチ

マーシャル諸島共和国

狭小性、遠隔性、隔絶性といった小島嶼国特有の問題に加え、水産業、コプラ以外の天然資源に乏しいマーシャル諸島にとって、自律性のある将来を担う人材の育成が重要な課題となっている。 しかし、人材育成の基礎となる算数教育のレベルが低く、JICA では長年にわたり理数科教師や小学校教師(算数教育)等のボランティアを派遣し教育の質の改善に努めている。具体的には、指導能力が低い教員や内容が理解できない児童のために教育の質的向上を支援するようなシステムやアプローチが必要である。 ■活用が想定される製品・技術・ノウハウ ・教材、教具、教育システム、教員指導育成システム
関係機関

教育省、各小学校

想定エリア

マジュロ環礁、各環礁

英語 翻訳・通訳
元メーカー兼商社(海外事業部勤務)、現在日系コンサル会社勤務
経営者
越境ECコンサルタント
広告代理店
マーケティング

糖尿病を測定するための機器を導入したい

マーシャル諸島共和国

マーシャルでは、首都マジュロにある国立病院の外科患者の 8 割 が糖尿病由来のものであり、生活習慣病に関係する疾患での死亡率が世界でも非常に高い水準になっている。その状況を改善する ために、様々な手段がとられているが、その効果を高めるために患者やその家族の意識改革が必須となっている。彼らの意識を高めるためにも、血糖値を図りその変化を考慮した生活を送ること が求められている。 ■活用が想定される製品・技術・ノウハウ ・糖尿病手帳、血糖検査の HBA1C 測定器 ・糖尿病予防と対応のための啓蒙活動
関係機関

保健省、マジュロ病院、イバイ病院、ヘルスセンター

想定エリア

各環礁

元メーカー兼商社(海外事業部勤務)、現在日系コンサル会社勤務
経営者
マーケティング
越境ECコンサルタント
英語 翻訳・通訳
広告代理店