Next Market
該当数
3

廃棄物の最終処分場の処理能力を

コスタリカ共和国

コスタリカでは、廃棄物処理について地方自治体(市役所)が各家庭により分別され た廃棄物を集荷し、リサイクル、リユース、リデュースの 3R の考えを導入して廃棄物処理を実施しようとしているが、最終処分場で処理される廃棄物の量が過大であり、現在の方法では処理しきれなくなっている。 JICAボランティア(環境教育)の活動としては、市役所での高倉式コンポストの運営及び住民への啓発活動が主であるが、最終処分場での処理量を勘案すると中規模な自治体(住民数が 10 万人前後の自治体)では近年中に対応が困難になることが想定される。 ■活用が想定される製品・技術・ノウハウ 1.有毒ガスが発生しない有機廃棄物に絞ったクリーンな焼却システム、あるいは福岡方式での処分施設整備 2.プラスチック、ガラスあるいは金属の廃品を国外に輸出できる質のものに加工するリサイクル技術、あるいは機材の整備
関係機関

環境省、保健省、各地方自治体

想定エリア

サンホセ首都圏、エレディア県、カルタゴ県、アラフェラ県、リモン県、プンタレナス県、グアナカステ県

越境ECコンサルタント
マーケティング
経営者
英語 翻訳・通訳
広告代理店
元メーカー兼商社(海外事業部勤務)、現在日系コンサル会社勤務

【洪水対策】小型土のうの備蓄・提供による災害時の対応能力強化

ホンジュラス共和国

雨期の河川氾濫に脆弱な居住地域に対し、国家常設災害対策委員会(COPECO)や地方自治体を通じた当該土のうの備蓄・提供による災害時の対応能力強化が期待される。 ■活用が想定される製品・技術・ノウハウ ・小型土のう(生分解性繊維)
想定される技術・製品
関係機関

国家常設災害対策委員会(COPECO)、各地方自治体

想定エリア

ホンジュラス全土、南部、北部河川氾濫地域

経営者
マーケティング
元メーカー兼商社(海外事業部勤務)、現在日系コンサル会社勤務
越境ECコンサルタント
広告代理店
英語 翻訳・通訳

【洪水対策】小型土のうの備蓄・提供による災害時の対応能力強化

マラウイ共和国

マラウイでは 2015 年 1 月に、南部シレ川流域を中心に大規模な 洪水が発生し、多くの人命のみならず、農地、家屋等に甚大な被害をもたらした。被災地域はシレ川の氾濫に脆弱な地域であり、 マラウイ政府の災害対応窓口である大統領府災害危機管理局 (DoDMA)や地方自治体、及び緊急援助実施主体(ドナー、NGO 等)を通じた当該土のうの備蓄・提供による災害時の対応能力強化が期待される。 また、土のうを用いた農村インフラ整備(道路補修等)への活用に対しても期待がもたれる。 ■活用が想定される製 品・技術・ノウハウ ・小型土のう(生分解性繊維)
想定される技術・製品
関係機関

各地方自治体、災害危機管理局(DoDMA)

想定エリア

南部、シレ川河畔域

元メーカー兼商社(海外事業部勤務)、現在日系コンサル会社勤務
英語 翻訳・通訳
経営者
コンサルタント
広告代理店
マーケティング
越境ECコンサルタント