Next Market
該当数
2

農産物の多様化や農業生産者を対象とした金融サービスを導入して気候変動に対応したい

スリランカ民主社会主義共和国

スリランカは 2009 年の内戦終結以降比較的堅調な経済成長を遂げているが、 依然として総人口の 4.1%が貧困ライン以下の生活を送っており、 そのうちの 92.0%にあたる約 77 万人が農村開発部またはエステ ート(大規模農園)に居住している。スリランカの農業セクター の GDP に占める割合は 7.6%となっており、この割合は年々減少 傾向にあるが、全就労人口の 26%は農業に従事しており、その農地は国土面積の 65.1%を占めていることから、農業・農村開発は 同国の均衡のとれた社会経済発展及び貧困削減に不可欠である。 特に北部・東部地域を中心とした乾燥地域における農業生産性・ 収益性の向上により都市部を中心とした消費地への食糧供給の安定化・食糧輸入の削減が期待される。また、スリランカ政府は国 際市場の中で競争性のある農産物の輸出を促進していることから、将来的に農業の多角化、商業化に向けた開発ニーズが増大していくことが見込まれる。 こうした状況を踏まえ、気候変動対策は、今後のスリランカ農業の取り組みを考える上で重要な観点である。これまでスリランカでは突発的な気象現象による渇水や農業生産への被害が報告されており、気候変動に適応した農業生産や生計維持手段の必要性が高まっている。このような状況の中、スリ ランカ政府は ADB からの資金協力を得てマハヴェリ川流域の灌漑開発を進めている。灌漑開発や節水技術(渇水対策)による水資源の効率的利用推進以外の気候変動対応策として、地域の気 候・土壌条件に合った適正品種の選択・農産物多様化や、気候変動に脆弱な農業生産者を対象とした金融サービス(融資・保険制度)等の可能性が考えられる。 ■活用が想定される製品・技術・ノウハウ ・節水農業技術を含む渇水対策に関するノウハウ ・地域の気候・土壌条件に合った適正品種の選択・農産物多様化推進に関するノウハウ ・気候変動に脆弱な農業生産者を対象とした金融サービス(融資・保険制度)
関係機関

プランテーション産業省、マハヴェリ川開発・環境省、Ministry、Ministry、投資促進庁、Board、BoI

想定エリア

スリランカ全土

広告代理店
越境ECコンサルタント
マーケティング
英語 翻訳・通訳
元メーカー兼商社(海外事業部勤務)、現在日系コンサル会社勤務
経営者

モ バイルファイナンス技術等を活用した金融サービスの提供

バングラデシュ人民共和国

バングラデシュでは、2006 年にマイクロファイナンスの先駆けである グラミン銀行の創始者であるムハマド・ユヌス氏がノーベル平和賞を受 賞したことで、マイクロファイナンス市場は急速に拡大した。 1,000 以上に及ぶ MFI(マイクロファイナンス機関)が約 3, 200 万人 (世帯)に対してサービスを提供しているとされており(2016 年時点)、 マイクロファイナンスの実施は地方の小さな村落の隅々にまである程度 普及している。しかし、MFI は高い返済率を要求するため、土地無し農 家等の最貧困層への貸出は慎重であり、未だ農村部でマイクロファイナ ンスにアクセスできていない層があると言われている。 一方、マイクロファイナンス市場の競争激化、人件費の増加に伴い、 従来のスタッフによるマニュアルオペレーション手法から、MFI の情報通信技術の導入による効率的なオペレーション等、顧客の利便性向上が求められている。 また、MFI が提供できる金融サービスは融資や預金などの一定範囲に限られている。より幅広い金融サービスが提供できる各商業銀行が、モ バイルファイナンス技術等を活用し、各遠隔地にある MFI などをフランチャイズ店舗化して末端の人々に金融サービスを提供するという、Agent Banking System が徐々に増えている。 ■活用が想定される製品・技術・ノウハウ ・ICT、モバイルファイナンスを活用した金融オペレーションの仕組み ・保険、サプライチェーンファイナンスなども含めた幅広い金融サービス、ファイナンシャルリテラシー教育などの非金融サービス ※上述に限らず、関連するその他製品・技術についても幅広く検討可。
関係機関

マイクロファイナンス監督庁、Microcredit、PKSF、ポリ・コールモー・ショハヨーコ基金、IDRA、保険監督庁

想定エリア

バングラデシュ全土

広告代理店
英語 翻訳・通訳
元メーカー兼商社(海外事業部勤務)、現在日系コンサル会社勤務
マーケティング
越境ECコンサルタント
経営者