Next Market
該当数
10

【地震対策】建物の維持管理診断を目視検査から非破壊検査器へ

メキシコ合衆国

2017 年 9 月19 日に発生したメキシコ中部地震(M7.1)により メキシコ市を中心に 360 名以上の犠牲者を出し(うち 228 名はメ キシコ市内)、鉄筋コンクリート建築の建物が被害を受けた。残った建物の中には、目に見える被災結果はないものの、1985 年に発生したメキシコ大地震(M8.1)及び 2017 年 9 月の地震等を経て、地震のダメージが蓄積されている可能性が高い。また、メキシコ市は湖を埋め立てた場所に位置し、土壌の塩分や湿気が年月を経て建物に伝わり、鉄筋の酸化や劣化が進んでいることも想定 され、早期に適切な点検をすることが望まれる。 メキシコでは、建物の地震被害検査を含め、維持管理目的の検査で非破壊検査器等の機材が使用されることは殆どなく、目視検査が一般的である。想定機材を活用することで、地震後残った建物の診断の質向上が期待される。 また、想定機材は高架道路や橋梁等の維持管理にも活用されることが期待できる。 ■活用が想定される製品・技術・ノウハウ ・非破壊検査器
想定される技術・製品
関係機関

保健省、教育省、メキシコ市政府、国立防災センター

想定エリア

メキシコ市

越境ECコンサルタント
マーケティング
経営者
広告代理店
元メーカー兼商社(海外事業部勤務)、現在日系コンサル会社勤務
英語 翻訳・通訳

障害者・高齢者等の栄養管理に係るノウハウ

マラウイ共和国

栄養不良:サブサハラ・アフリカにおける栄養不良問題は、持 続的開発を図る上で依然大きな課題であり、その取組の更なる 強化は喫緊の課題である。近年、Scaling Up Nutrition、REACH のような栄養に関する国際的プラットフォームが形成され、各 種国連機関、二国間ドナーにより、保健、農業、民間セクター 等の枠を超えた取組みの活性化が図られているが、現場レベル での活動はまだ十分ではないと考えられる。 ■活用が想定される製 品・技術・ノウハウ ・障害者・高齢者等の栄養管理に係るノウハウ
関係機関

農業省(畜産、水産含む)、保健省、教育省、水・衛生関連省庁、その他栄養に関する省庁

想定エリア

マーケティング
英語 翻訳・通訳
越境ECコンサルタント
元メーカー兼商社(海外事業部勤務)、現在日系コンサル会社勤務
広告代理店
経営者
コンサルタント

食育・栄養教育・衛生教育を推進して栄養不良を改善したい

エチオピア連邦民主共和国

栄養不良:サブサハラ・アフリカにおける栄養不良問題は、持続的開発を図る上で依然大きな課題であり、その取組の更なる強化は喫緊の課題である。近年、Scaling Up Nutrition、REACHのような栄養に関する国際的プラットフォームが形成され、各種国連機関、二国間ドナーにより、保健、農業、民間セクター等の枠を超えた取組みの活性化が図られているが、現場レベルでの活動はまだ十分ではないと考えられる。 ■活用が想定される製品・技術・ノウハウ ・食育・栄養教育・衛生教育等を推進する製品・ノウハウ ・学校給食のノウハウ
関係機関

保健省、農業省、水・衛生関連省庁、教育省

想定エリア

エチオピア全土

英語 翻訳・通訳
医療系NGO
越境ECコンサルタント
開発コンサルタント(中小企業診断士)
経営者
元メーカー兼商社(海外事業部勤務)、現在日系コンサル会社勤務
広告代理店
マーケティング
NPO法人 代表

【地震対策】20万戸の崩壊・4 万人の犠牲を食い止める耐震・免震技術

ペルー共和国

ペルーは、環太平洋火山帯に位置する地震多発国である。近年 では 2001 年に南部アレキパ大地震(M8.2)、2007 年には中部 イカ州大地震(M7.9)が発生し、多くの死傷者及び甚大な物的被 害が発生した。ペルーの地震研究所(日本ペルー地震防災センタ ー)と実施した科学技術プロジェクト(SATREPS)の調査結果 では、 ①今後 100 年以内にペルーでマグニチュード 8 クラスの地 震が起こる可能性は約 40%、 ②首都リマの住宅の約 70%はペル ー建築基準法に則らずに建設され、リマでマグニチュード 8 クラ スの地震が発生すれば 20 万戸の崩壊および 4 万人の犠牲が発生する、と予測されている。 かかる状況下、住宅建設衛生省は随時建築基準法の改訂を行っ ており、2018 年 10 月の改訂では、新規の病院は免震構造で設計 される必要があるとの規定が追加された。また、保健省、教育省 及び運輸通信省は、既存の建築物(病院、学校、橋梁)の補強・ 耐震強化を進めている。そのため、ペルーでは既存の建築物の補 強・耐震強化、及び耐震・免震技術を用いた地震に強い新規構造 物の建築が求められている。 ■活用が想定される製品・技術・ノウハウ ・耐震・免震に係る製品・技術
想定される技術・製品
関係機関

住宅建設衛生省、保健省、教育省、運輸通信省、国立工科大学日本ペルー地震防災センター、CISMID-UNI、国家防災庁、INDECI、国家災害リスク予防研究センター、CENEPRED

想定エリア

山岳地域、沿岸地域

越境ECコンサルタント
営業
マーケター
英語 翻訳・通訳
元メーカー兼商社(海外事業部勤務)、現在日系コンサル会社勤務
経営者
広告代理店
スタートアップコンサルタント
マーケティング

障害者・高齢者等向けの栄養管理に関するノウハウ

マダガスカル共和国

栄養不良:サブサハラ・アフリカにおける栄養不良問題は、持 続的開発を図る上で依然大きな課題であり、その取組の更なる 強化は喫緊の課題である。近年、Scaling Up Nutrition、REACH のような栄養に関する国際的プラットフォームが形成され、各 種国連機関、二国間ドナーにより、保健、農業、民間セクター 等の枠を超えた取組みの活性化が図られているが、現場レベル での活動はまだ十分ではないと考えられる。 ■活用が想定される製 品・技術・ノウハウ ・障害者・高齢者等の栄養管理に係るノウハウ
関係機関

農業省(畜産、水産含む)、保健省、教育省、水・衛生関連省庁、その他栄養に関する省庁

想定エリア

元メーカー兼商社(海外事業部勤務)、現在日系コンサル会社勤務
コンサルタント
英語 翻訳・通訳
マーケティング
経営者
広告代理店
越境ECコンサルタント

栄養強化食品を取り入れて栄養不良を改善したい

ケニア共和国

栄養不良:サブサハラ・アフリカにおける栄養不良問題は、持 続的開発を図る上で依然大きな課題であり、その取組の更なる 強化は喫緊の課題である。近年、Scaling Up Nutrition、REACH のような栄養に関する国際的プラットフォームが形成され、各 種国連機関、二国間ドナーにより、保健、農業、民間セクター 等の枠を超えた取組みの活性化が図られているが、現場レベル での活動はまだ十分ではないと考えられる。 ■活用が想定される製品・技術・ノウハウ ・First 1000 days1を意識した栄養教育・栄養摂取を推進する製品・ ノウハウ ・完全母乳育児・適切な母乳補完食を推進する製品・ 技術 ・貧血の改善に貢献する技術・製品 ・栄養強化食品及びその製造技術
関係機関

保健省、水・衛生関連省庁、その他栄養に関する省庁、農業省(畜産、水産含む)、教育省

想定エリア

ケニア全土

開発コンサルタント(中小企業診断士)
広告代理店
英語 翻訳・通訳
医療系NGO
経営者
越境ECコンサルタント
マーケティング
NPO法人 代表
元メーカー兼商社(海外事業部勤務)、現在日系コンサル会社勤務

胎児ドップラを導入して妊産婦の定期健診を促進したい

ホンジュラス共和国

妊産婦死亡率の高い特に地方部において、ホンジュラス保健省が推進する保健医療サービスのアウトリーチを通じた妊産婦の定期健診を促進するための有効なツールとなりうる。 ■活用が想定される製品・技術・ノウハウ活用が想定される製品・技術・ノウハウ ・胎児ドップラ
想定される技術・製品
関係機関

保健省

想定エリア

ホンジュラス全土、特に地方

元メーカー兼商社(海外事業部勤務)、現在日系コンサル会社勤務
英語 翻訳・通訳
越境ECコンサルタント
広告代理店
マーケティング
経営者

病院内の電子情報を整備して効率的な病院運営・透明性を確保したい

キルギス共和国

キルギスは人口 6 百万人を擁する一人当たりの GNI1,100 米ドル の低所得国である。旧ソ連時代には、社会主義の下で一定水準の 保健サービスを提供していたが、独立に伴い保健分野に係る予算 が不足し、質・量ともにサービスの低下を招いた。さらに、医療 人材や病床数等は、旧ソ連時代と比較しても半数以下であり、状 況の改善が必要とされる。 保健システムに関しては、外来病院と入院病院の完全分離体制が 旧ソ連時代から継続しており、複雑なリファラルシステムとなっ ている。例えば、総合病院の専門医と外来施設の一般医との連携 が不十分であるなど、効率的な継続ケアの提供が行われていると は言い難い。さらに、病院内においても、部門間の横の繋がりが 弱く診療効率が悪いという課題があるところ、効率的な病院運営 が課題とされる。 かかる状況下、キルギス政府は「2018-2023 中期開発戦略」を策 定し、TAZA KOOM と呼ばれる電子政府構想を積極的に推進して いる。特に、効率的な病院運営や透明性の確保のために e-medicine プロジェクト(カルテの電子化、病院予約の電子化、処方箋の電 子化等)の実施を目指していることから、病院内の電子化に寄与 する技術が求められている。 ■活用が想定される製品・技術・ノウハウ 病院内の電子情報の整備 ・診療報酬管理 ・病院統計(人事、会計、入院/外来数、上位/下位病院への搬送数) ・疾患情報(服薬情報、既往症歴) ・電子カルテ ・物品管理システム ・診療予約システム
関係機関

保健省

想定エリア

キルギス全土

元メーカー兼商社(海外事業部勤務)、現在日系コンサル会社勤務
マーケティング
経営者
英語 翻訳・通訳
越境ECコンサルタント
広告代理店
経営者

障害者・高齢者向けの栄養管理に関するノウハウ

エチオピア連邦民主共和国

栄養不良:サブサハラ・アフリカにおける栄養不良問題は、持 続的開発を図る上で依然大きな課題であり、その取組の更なる 強化は喫緊の課題である。近年、Scaling Up Nutrition、REACH のような栄養に関する国際的プラットフォームが形成され、各 種国連機関、二国間ドナーにより、保健、農業、民間セクター 等の枠を超えた取組みの活性化が図られているが、現場レベル での活動はまだ十分ではないと考えられる。 ■活用が想定される製 品・技術・ノウハウ ・障害者・高齢者等の栄養管理に係るノウハウ
関係機関

農業省(畜産、水産含む)、保健省、教育省、水・衛生関連省庁、その他栄養に関する省庁

想定エリア

医療系NGO
経営者
元メーカー兼商社(海外事業部勤務)、現在日系コンサル会社勤務
英語 翻訳・通訳
越境ECコンサルタント
NPO法人 代表
開発コンサルタント(中小企業診断士)
マーケティング
広告代理店

栄養強化食品を取り入れて栄養不良を改善したい

スーダン共和国

栄養不良:サブサハラ・アフリカにおける栄養不良問題は、持続的開発を図る上で依然大きな課題であり、その取組の更なる 強化は喫緊の課題である。近年、Scaling Up Nutrition、REACH のような栄養に関する国際的プラットフォームが形成され、各種国連機関、二国間ドナーにより、保健、農業、民間セクター 等の枠を超えた取組みの活性化が図られているが、現場レベル での活動はまだ十分ではないと考えられる。 ■活用が想定される製品・技術・ノウハウ ・First 1000 days1を意識した栄養教育・栄養摂取を推進する製品・ ノウハウ ・完全母乳育児・適切な母乳補完食を推進する製品・ 技術 ・貧血の改善に貢献する技術・製品 ・栄養強化食品及びその製造技術
関係機関

保健省、水・衛生関連省庁、その他栄養に関する省庁、農業省(畜産、水産含む)、教育省

想定エリア

スーダン全土

マーケティング
経営者
開発コンサルタント(中小企業診断士)
医療系NGO
NPO法人 代表
越境ECコンサルタント
英語 翻訳・通訳
元メーカー兼商社(海外事業部勤務)、現在日系コンサル会社勤務
広告代理店