Next Market
該当数
1

都市部の道路交通をコントロールして朝夕の交通混雑を解消したい

コスタリカ共和国

コスタリカでは、サンホセ首都圏に全人口の約55%が集中しており(全人口約 500 万人中約 270 万人)、これらの主な移動がサンホセ中心部への通勤・通学となっている。しかしながら、一部路面電車のような鉄道はあるものの、大部分が近距離 バス、自家用車及びタクシーという道路交通であり、かつサンホセ中心部の道路網が旧態依然としたものであることから、朝・夕の交通混雑のピー ク時の平均時速は 14.2km/h と低い状況である。この状況を受けて、交通・公共事業省は外延部のバイパス(環状道路)の整備、 結束点となるロータリーの立体交差化を進めているが、中心部の混雑緩和については具体的な方策が見いだせていない。この状況を改善するために、日本の各都府県の警察が管理している信号現示を含む交通管制技術が有効であると考えられる。 ■活用が想定される製品・技術・ノウハウ ・交通管制システムに係る機材整備(操作技術の移転を含む) ・信号現示
関係機関

交通・公共事業省、交通警察

想定エリア

サンホセ首都圏、サンホセ市内中心部

経営者
越境ECコンサルタント
元メーカー兼商社(海外事業部勤務)、現在日系コンサル会社勤務
広告代理店
英語 翻訳・通訳
マーケティング