Next Market
該当数
2

ペットボトル・プラスチックのリサイクル技術

バヌアツ共和国

ボートビラでは、急速な都市化に伴い、都市部における廃棄物量の増加とその適切な処理が課題となっている。 現在、JICAでは「大洋州地域廃 棄物管理改善支援プロジェクト(J-PRISM)フェーズ 2」を展開中で あり、管理体制の改善や 3R の推進に向けた取り組みが行われている。一方で、バヌアツ国内にはリサイクル処理施設がないため、 発生した廃棄物は収集後、最終処分場へ運搬処理されている状況である。 現状、処分場に余裕はあるものの、将来の処理能力を見据えた廃棄物の発生量削減や、リサイクルによる活用は重要な課題である。特に近年ではペットボトルをはじめとしたプラスチック容器の増加が目立っており、嵩張ること、分解しないことから 埋め立てに不向きであり、処分スペースを圧迫する原因となって いる。 同様の課題は、同国内の第 2 の都市のルーガンビルやその他の地方都市でも発生しており、対策が必要とされている。更に大洋州島嶼国においては「海洋プラスチックごみ」も大きな課題となっており、抜本的な対処方針を講じ、改善に向けた取組みを打ち出す必要がある。こうした状況から、ペットボトル、プラスチック等の資源化を通じて発生量を縮減していくことが重要な課題となっている。 ■参考 ・ポートビラ市人口:35,000 人 ・ルーガンビル市人口:10,000 人 ■活用が想定される製品・技術・ノウハウ ・ペットボトル・プラスチックの原料化、再生品化技術 ・ペットボトル・ブラスチックの油化・燃料化技術
関係機関

ポートビラ市役所、PVMC、Port、ルーガンビル市役所、LMC、Luganbille、環境保全保護局、Department

想定エリア

ポートビラ市、ルーガンビル市

マーケティング
越境ECコンサルタント
経営者
英語 翻訳・通訳
広告代理店

商業施設や家庭からの排水を適切に処理してポートビラ湾の水質汚染を改善したい

バヌアツ共和国

近年の急速な経済成長と人口の集中による都市化に伴い、首都ポ ートビラでは商業施設を始め開発が進み、商業施設や家庭からの 排水量が増大しており、環境への影響が大きくなっている。伝統 的土地取得などの文化による土地収用の困難性や土地価格の高騰 による用地買収の遅延により、必要な下水処理施設の整備が進ま ず、慢性的な汚染の原因となっている。 現在、ボートビラ湾の水 質汚染は深刻な状況であり、2018 年 6 月には人体に影響のある汚染基準が確認され、遊泳禁止となるなど、都市部においては特に深刻な環境問題を引き起こしている。このように、ポートビラで は商業施設排水(ホテル排水、レストラン排水、マーケット排水)や家庭排水の適切な処理が求められており、伝統的土地取得や土 地買収に影響が極めて小さい面積かつコンパクトな下水処理施設の整備、排水路の整備等が喫緊の課題となっている。 ■市場規模 ・ポートビラ市人口:35,000 人 ・ルーガンビル市人口:10,000 人 ■活用が想定される製品・技術・ノウハウ ・浄化槽施設 ・排水処理技術 ・計測・監視・制御技術 ・工期短縮可能な工法 他
関係機関

ポートビラ市役所、PVMC、ルーガンビル市役所、LMC、環境保全保護局、Port、Luganbille、Department

想定エリア

地方都市、観光地、ポートビラ、ルーガンビル、レナケル

経営者
マーケティング
越境ECコンサルタント
広告代理店
英語 翻訳・通訳