Next Market
該当数
2

廃棄物の最終処分場の処理能力を

コスタリカ共和国

コスタリカでは、廃棄物処理について地方自治体(市役所)が各家庭により分別され た廃棄物を集荷し、リサイクル、リユース、リデュースの 3R の考えを導入して廃棄物処理を実施しようとしているが、最終処分場で処理される廃棄物の量が過大であり、現在の方法では処理しきれなくなっている。 JICAボランティア(環境教育)の活動としては、市役所での高倉式コンポストの運営及び住民への啓発活動が主であるが、最終処分場での処理量を勘案すると中規模な自治体(住民数が 10 万人前後の自治体)では近年中に対応が困難になることが想定される。 ■活用が想定される製品・技術・ノウハウ 1.有毒ガスが発生しない有機廃棄物に絞ったクリーンな焼却システム、あるいは福岡方式での処分施設整備 2.プラスチック、ガラスあるいは金属の廃品を国外に輸出できる質のものに加工するリサイクル技術、あるいは機材の整備
関係機関

環境省、保健省、各地方自治体

想定エリア

サンホセ首都圏、エレディア県、カルタゴ県、アラフェラ県、リモン県、プンタレナス県、グアナカステ県

経営者
広告代理店
マーケティング
英語 翻訳・通訳
元メーカー兼商社(海外事業部勤務)、現在日系コンサル会社勤務
越境ECコンサルタント

自然災害発生時に情報を迅速に伝達する手段を整備したい

コスタリカ共和国

コスタリカにおいては、地震、津波、火山噴火、洪水等の大規模自然災害発生時 に中央省庁から地方に災害情報を迅速に伝達する方法として旧来の無線に よる伝達しか手段がなく、かつ地方自治体から住民への伝達もサイレン等 の機材があるのみである。 コスタリカは日・伯方式の地デジ導入を進めており、これを活用した 緊急警報放送システム(EWBS:Emergency Warning Broadcast System) が考えられるが、アナログからデジタルへの切り替えに時日を要することが考えられる。 ■活用が想定される製 品・技術・ノウハウ ・地デジ放送を利用した EWBS 関連及び中央省庁への危機管理センターへ の機材整備 ・中央省庁から地方部局・自治体間への無線・電話会社の専用機等の機材 整備 ・地方部局・自治体から住民への SNS、ラジオ、広報車等の伝達手段整備
関係機関

国家災害対策緊急委員会、CNE

想定エリア

サンホセ首都圏、エレディア県、カルタゴ県、アラフェラ県、リモン県、プンタレナス県、グアナカステ県

経営者
マーケティング
元メーカー兼商社(海外事業部勤務)、現在日系コンサル会社勤務
英語 翻訳・通訳
越境ECコンサルタント
広告代理店