Next Market
該当数
4

ポータブル超音波機器を村に持参して妊産婦の状況を適切に把握したい

ラオス人民民主共和国

ラオス政府は、2025年までのユニバーサル・ヘルス・カバレッジ(UHC)の達成を目標とし、医療サービスの提供体制の改善に取り組んでいる。しかしながら、特に地方部においては貧困率が高く医療サービスの提供体制が不十分であるため、保健指標が低くなっている。このため、医療サービス質改善と医師・看護師など 医療人材育成が優先課題となっている。 しかし機材の老朽化や不足により、増大する患者のニーズや人材育成のニーズに対しては、十分に応えられていないのが実状である。また、地方部においては、熟練技術者による出産介助は、 都会の 90%に比して50%と低い(*LSISII, 2017)。このような背景により、自宅で出産する妊婦が多く、医療従事者が基本的な医療機器を携行し村の巡回訪問をより頻回に行い、妊産婦の状況把握することが必要とされている。 ■活用が想定される製品・技術・ノウハウ ポータブル超音波機器等
想定される技術・製品
関係機関

保健省、病院、ヘルスセンター、保健局、プライベートクリニッ

想定エリア

ラオス全土

IT企業経営
広告代理店
海外輸出、進出支援エキスパート
多言語PRツール制作
ファンドマネージャー
マーケティング
英語 翻訳・通訳
アセアン自動車コンサルタント
コンサルタント
マーケティング

水質検査機器を導入して 24 時間安全な水を供給したい

ラオス人民民主共和国

ラオス政府は、1999 年に発令された首相令 37 において、2020 年までに都市部に居住する人口の 8 割に対して 24 時間安全な水を供給することを目標に掲げている。また、「第 8 次国家社会経済開発 5 カ年計画(NSEDP)(2016-2020)」に基づく上水道分野の戦略においては、全国水道普及率を 2020 年までに全人口の 9 割とすることを目指している。さらに、持続可能な開発目標 (SDGs)ターゲット 6.1 では、「2030 年までに、安全で入手可 能な価格の飲料水に対する全ての人々の公平なアクセスを達成する」とされているが、ラオスにおいて、2015 年の都市における水道普及率は 64%に留まっている。 ラオスの水道事業は公共事業運輸省(MPWT)水道局(DWS) が上水道事業の運営管理責任を担っているものの、上述の首相令により事業運営が都県に全て移管されたため、全国に18 存在する都県の水道公社にその経営が委ねられている。 しかしながら、整備される水道施設の多くは国際ドナーによるものが多く、導入される技術はドナーの意向や限られた選択肢の中から選ばれ、効率的な浄水技術や無収水管理を含む給配水にかかる各種技術は活用されておらず、経営改善に結び付く技術が求められている。また、水質管理においては保健省による法規制整備がされているものの、検査されないままの水質検査項目も散見される。これらは、 比較的安価で安定した品質の検査機器の未導入、故障時の修理や試薬の継続的な供給にかかる基盤の未整備等に起因する。 ■活用が想定される製品・技術・ノウハウ 水道技術全般、水質検査機器
想定される技術・製品
関係機関

水道公社、Department、公共事業運輸省水道局、公共事業運輸局

想定エリア

ラオス全土

IT企業経営
マーケティング
コンサルタント
コンサルタント
多言語PRツール制作
広告代理店
経営者
アセアン自動車コンサルタント
英語 翻訳・通訳
越境ECコンサルタント

山岳地域の道路網で発生する土砂崩れや落石に対応したい

ラオス人民民主共和国

北部を中心としたラオスの山岳地域を通過する道路網は雨季に土砂崩れや落石などの土砂災害が多発しており、流通の主要な手段 である道路網が寸断され、円滑な交通を妨げることが多数発生している。このため、このような地域で適用可能なのり面対策の技術や土砂災害の前兆を察知するモニタリング技術または事後通知システムの導入が必要である。 ■活用が想定される製品・技術・ノウハウ ・のり面保護の工法・製品、斜面のモニタリング技術等
関係機関

公共事業・運輸省、労働社会福祉省

想定エリア

ラオス全土、山岳部

経営者
広告代理店
英語 翻訳・通訳
アセアン自動車コンサルタント
コンサルタント
マーケティング
コンサルタント
バイヤー
元メーカー兼商社(海外事業部勤務)、現在日系コンサル会社勤務
マーケティング

安全で互換性のあるQRコードシステムを導入したい

ラオス人民民主共和国

ラオスでは、現金決済の代わりとなる、QR コードを介した銀行決済の仕組みが急速に普及している。これは非常に便利である一 方、以下の課題が現れている。 ① QR コードシステムを提供するプロバイダーが複数あり、 それぞれ独自の仕組みや規格で QR コードシステムを銀行や店舗などへ提供、提携している。そのため、規格の異なる QR コードシステムが複数存在し、銀行間の互換性が無い。また、中央銀行による統一管理が難しい。例えば、 A 規格の QR コードを利用している消費者が、B 規格の QR コードを読み取れず、決済できない、など。 ② QR コードは、店舗では紙やハード媒体上で表示されて、 QR コード形状自体は変化しないため、容易に複製でき、 形状の一部を変えても(口座番号を書き換える)、利用者も店舗も気づかないため、意図しない口座へ振り込まれる など、安全性に課題がある。 ■活用が想定される製 品・技術・ノウハウ ・統一した規格の QRコードシステム、また、規格の異なる既存システムを統一することを可能にする互換システム。 ・QR コードの偽装・偽造・改ざんを検知できる QR コード リーダーまたは QR コード形状を紙、ハード媒体から電子的媒体に変更し、QR コード形状自体を不定期かつランダムに生成するアプリ。
関係機関

中央銀行、財務省

想定エリア

ラオス全土

元メーカー兼商社(海外事業部勤務)、現在日系コンサル会社勤務
英語 翻訳・通訳
アセアン自動車コンサルタント
コンサルタント
越境ECコンサルタント
経営者
IT企業経営
海外輸出、進出支援エキスパート
コンサルタント
ファンドマネージャー